Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
MB2-702

Microsoft Dynamics CRM

  • 配信開始:
    2014 年 1 月 29 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Dynamics CRM 2013
  • 対応資格:
    MCP、Microsoft スペシャリスト

Microsoft Dynamics CRM 2013 の展開

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

Microsoft Dynamics CRM のインストールの計画 (15 ~ 20%)
  • Microsoft Dynamics CRM の内容とサポート コンポーネントの識別
    • Microsoft Dynamics CRM の内容およびエディションの説明、Microsoft Dynamics CRM Server のロールの識別、Active Directory、Active Directory Federation Services (ADFS)、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、Microsoft SQL Server、SQL Server Reporting Services、Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、Secure Token Service などのサポート テクノロジのロールの説明、Microsoft Dynamics CRM のインストールに必要な権限の説明
  • インフラストラクチャ要件、ハードウェア要件、およびソフトウェア要件の識別
    • Microsoft Dynamics CRM のハードウェア要件とソフトウェア要件の説明、サポート テクノロジの要件の識別、サーバー ロールおよびグループの数と場所の計画、Microsoft Dynamics CRM Web サイト要件の識別
  • 実装の計画
    • 単一サーバー展開および複数サーバー展開の計画、Microsoft Dynamics CRM のライセンス モデルとライセンスの種類の識別、製品キーの種類とアクセス モードの種類の説明、複数の組織の計画、Microsoft Dynamics CRM へのアクセス方法の計画
Microsoft Dynamics CRM Server のインストールと展開 (15 ~ 20%)
  • Microsoft Dynamics CRM Server のインストール
    • 不足している必須コンポーネントのインストール、サンプル データの追加と削除、Microsoft Dynamics CRM サービスに固有のアカウントの識別、システム チェックの実行、コマンド ラインを使用したインストールの実行、正常なインストールを妨げている問題のトラブルシューティング、インストールの登録、Windows Update への登録、設定中にインストールされるコンポーネントの検証
  • Microsoft Dynamics CRM Online の展開
    • Microsoft Dynamics CRM Online サービスの説明、必須タスク (内部設置型インストールには不要) の識別、管理者ロールとセキュリティ ロールの区別、ユーザーのプロビジョニング、記憶域の管理、単一サーバーと複数サーバーの展開
  • Microsoft Dynamics CRM Web サイトの展開
    • ホスト ヘッダーの使用、Hypertext Transfer Protocol Secure (HTTPS) バインディングの使用、Internet Explorer セキュリティ ゾーンの説明
Microsoft Dynamics CRM の構成 (10 ~ 15%)
  • Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能のインストール
    • レポート拡張機能が必要になる状況の識別、レポート拡張機能のインストール要件の説明、SQL ベースのレポートと Fetch ベースのレポートの区別、Microsoft Dynamics CRM Report Authoring 拡張の説明、言語パックをインストールする状況の説明
  • インターネットに接続する展開 (IFD) の構成
    • IFD および Web サイト要件の識別、必要な証明書の識別、ADFS のインストールと Secure Token Service としての構成、クレームベース認証の構成
  • 高可用性オプションの計画と構成
    • 高可用性実現のためのハードウェア要件の検証、複数のコンピューターへの Microsoft Dynamics CRM Server のインストール、ネットワーク負荷分散 (NLB) クラスターへの Microsoft Dynamics CRM のインストール方法の説明、SQL Server のクラスタリングの説明、高可用性ソリューションの説明、SQL Server、Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーター、Active Directory、Microsoft Exchange Server などのサポート コンポーネントの高可用性オプションの説明
電子メールの構成および管理 (10 ~ 15%)
  • 電子メールとメッセージ処理の構成
    • 電子メール処理オプションの利点と欠点の説明、電子メール処理の構成、電子メールの追跡、相関の構成、適切なメッセージング オプションを使用したユーザーの構成、電子メール アドレス承認の構成、電子メール構成のテストとトラブルシューティング
  • Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターのインストールおよび構成
    • サポートされている電子メール システムと Windows オペレーティング システムの識別、複数のコンピューターへの電子メール ルーターのインストール、電子メールの送受信プロファイルの作成、受信トレイ ルールと転送ルールの展開、トークンとスマート マッチング オプションの追跡、個々のメールボックスと転送用メールボックスの設定と監視、同期方法の設定、Email Integration Service ロールのインストール、電子メール ルーター設定の移行
  • サーバー側同期の構成
    • サポートされている構成の識別とその機能の説明、サーバー側同期の有効化、電子メール サーバー プロファイルの作成、Exchange および POP3-SMTP プロファイルの実装、電子メール サーバー プロファイルの認証の構成、電子メール サーバー プロファイルへのメールボックスの追加
Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM Client のインストールおよび展開 (10 ~ 15%)
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM Client のソフトウェア要件とハードウェア要件の識別
    • サポートされているオペレーティング システム (32 ビット、64 ビット、Outlook バージョン) の識別、サポートされているインターネット ブラウザー バージョンの識別
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM Client のインストール
    • 展開方法の識別、コマンド ラインからのインストール、Microsoft Dynamics CRM Web アプリケーションからのインストール、アップグレード オプションの識別
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM Client の構成
    • 構成ウィザードを使用した内部設置型組織またはホスト型組織の構成、オンライン作業とオフライン作業、複数の組織の構成、ユーザーの電子メール設定の構成、オフライン作業、データ フィルターの使用と変更
Microsoft Dynamics CRM エディションのアップグレードおよび Microsoft Dynamics CRM の再展開 (10 ~ 15%)
  • Microsoft Dynamics CRM 2013 へのアップグレード
    • アップグレードの種類とアップグレード パス、プロセス、およびサポートされているアップグレード エディションの説明、基本結合とテーブル結合の説明 (テーブル結合の保留、テーブル結合の実行、結合対象外エンティティの決定など)、エラー、バックアップ、および回復の計画、テスト環境と運用環境の確立と検証、Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターのアップグレード、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM のアップグレード
  • 展開マネージャーを使用した Microsoft Dynamics CRM の再展開
    • 再展開プロセスの説明、Active Directory に関する考慮事項の説明、管理者の追加と削除、既存の組織の管理 (組織の変更、無効化、インポート、更新など)、組織の作成と削除、組織の詳細の変更、サーバーの管理、Web アドレスの更新
  • Microsoft Dynamics CRM の更新
    • 更新プログラムのロールアップ パッケージの定義、更新プログラムのロールアップ パッケージのコンポーネント別リリースについての説明、Microsoft Update の構成、更新プログラムのロールアップのインストールの検証
Microsoft Dynamics CRM 展開の管理およびトラブルシューティング (10 ~ 15%)
  • サービス アカウントとシステム ジョブの管理
    • サービス アカウントと種類の説明、インストールされたサービスの検証、各サービスに使用するアカウントの種類の説明、サービス アカウントの監視と変更、システム ジョブの確認と削除、システム ジョブの種類の説明、非同期ジョブの数の制限、レコードの削除
  • 障害復旧の計画
    • 障害復旧計画の作成、推奨コンポーネントのバックアップ、Microsoft Dynamics CRM Server、Microsoft SQL Server、Microsoft Exchange Server の復旧、Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターと障害が発生したドメイン コントローラーの復旧
  • Microsoft Dynamics CRM の監視およびトラブルシューティング
    • Microsoft SQL Server データベース ファイルの場所の検証、データベース サイズ、行、およびページ圧縮の監視、Windows イベント ログの使用、イベント ビューアーでのカスタム ビューの作成、パフォーマンス カウンターの使用、診断の実行、トレースの構成、ベスト プラクティス アナライザー (BPA) のインストールとスキャンの実行、Microsoft Dynamics CRM 用の VSS ライター サービスの実装、Microsoft Dynamics マーケットプレースの説明
  • データ暗号化の管理
    • データ暗号化のアクティブ化の状態の説明、データ暗号化キーの変更、暗号化されたフィールドを含むデータベースのインポート、データ暗号化特権の管理

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索

受験対象者

この試験は、組織での Microsoft Dynamics CRM 2013 のインストールおよび展開を計画している個人を対象としています。一般に、Microsoft Dynamics CRM 2013 のインストールおよび展開方法に関する基礎知識の証明が必要なシステム管理者 (経験を問わず)、実装コンサルタント、システム インテグレーター、技術スタッフ、サポート担当者が対象となります。

受験者は、Microsoft Dynamics 2013 CRM のアプリケーション、特長、および機能に関する基本的な知識が必要です。また、受験者は、Windows Server 2012 R2、Active Directory、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Server データベース管理、および Outlook に関する一般的な実務知識も有している必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。