試験
MB2-704

Microsoft Dynamics CRM

  • 配信開始:
    2014 年 12 月 26 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、日本語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Dynamics CRM
  • 対応資格:
    MCP

Microsoft Dynamics CRM Application

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Introduction to Microsoft Dynamics CRM 2013

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

販売管理の概念の適用 (10-15%)
  • 顧客の処理
    • 販売管理によりメリットが得られる顧客の特定、コア レコードの種類の特定、販売管理でコア レコードの種類を使用する方法の説明、顧客レコードの作成および保守
  • 販売活動の管理
    • 営業資料の作成/管理/使用、競合企業情報の作成および管理、営業担当地域の作成および管理、複数通貨の構成
  • ソーシャル リスニングについて
    • ソーシャル メディア チャネルの特定、キーワードを調べるための検索の作成および実行、アラートの作成、社会的洞察を追加できる場所の決定
潜在顧客および営業案件の管理 (10-15%)
  • 潜在顧客の処理
    • 潜在顧客および営業案件を使用する状況の決定、潜在顧客の作成および管理、潜在顧客の見込み評価、電子メール メッセージから潜在顧客への変換、潜在顧客プロセス リボンでのステージとステップの説明、潜在顧客変換プロセスの説明
  • 営業案件の作成
    • 営業案件の作成および管理、営業案件への活動および潜在顧客の変換、売上フィールドにシステム計算値またはユーザー入力値を使用する状況の評価、営業案件プロセス リボンでのステージおよびステップの説明
  • 営業案件の管理
    • 営業案件のクローズ、解決活動の表示、営業案件ビューの使用、営業案件接続の作成および管理、コラボレーション ペインでの投稿/活動/メモの追加、ユーザーまたはチームへの営業案件レコードの所有権の割り当て、営業案件レコードへの営業チームの追加
販売の処理 (10-15%)
  • 製品カタログの管理
    • 出荷単位一覧の作成、製品の作成と製品カタログへの追加、価格表の作成、調整された価格表の作成、製品キットおよび製品バンドルの作成、製品ファミリを使用した製品のグループ化、階層のビジュアル化を使用した製品関係の表示、複数通貨の管理
  • 営業案件と見積もりの使用
    • 提案製品の追加、製品プロパティの取得、クロスセル製品およびアップセル製品の提案、新しい見積もりの作成、営業案件からの見積もりの作成、見積もりのアクティブ化と変更、価格計算および価格表での異なる通貨の影響の判断
  • 発注書および請求書の使用
    • 新しい発注書の作成、新しい請求書の作成、見積もりから発注書への変換と発注書から請求書への変換、見積もりステータス変更の特定、営業案件/見積もり/発注書/請求書レコードを伴う代替価格表の選択
レポートおよび販売の分析 (10-15%)
  • 営業指標と営業目標の管理
    • 目標指標レコードの定義、会計期間の構成、目標レコードの定義、目標レコードの対象値/実績値/進行中の値の説明、目標の再計算方法の説明、ロールアップ クエリの説明
  • レポートおよびビューの使用
    • レポート ウィザードを使用したレポートの作成、レポート出力の特定、Microsoft Excel への情報のエクスポート、Excel への静的および動的ビュー エクスポートの機能の区別、高度な検索の使用、ダッシュボード/グラフ/高度な検索クエリの共有
  • グラフとダッシュボードの使用
    • 個人用グラフの作成/構成/共有、システム グラフの作成/構成/公開、新しいシステム ダッシュボードの作成、Web リソースおよび IFrame の使用の説明、個人用とシステムのダッシュボード/グラフ/ビューの区別
サービス管理の適用 (10-15%)
  • サービス管理の使用
    • サービス管理によりメリットが得られる顧客の特定、コア レコードの種類の特定、コア レコードの種類をサービス管理で使用する方法の説明
  • ビジネス プロセス フローの使用
    • サービス管理でのビジネス プロセス フローの目的の説明、ビジネス プロセス フローにおいてプログラムで行える作業の特定、ビジネス プロセス フローのルール ベースの分岐機能の説明
  • サービス管理の構成
    • サポート案件ルーティング ルールの作成、自動サポート案件作成ルールの作成、情報カテゴリ ツリーの作成と管理、親子サポート案件設定の構成
サービス サポート案件の管理 (10-15%)
  • サポート案件の使用
    • サポート案件のリストとビューの特定、自動サポート案件作成におけるステップの説明、サポート案件階層のメリットの特定、サポート案件の検索
  • サポート案件の作成
    • 新しいサポート案件を作成する方法の特定、新しいサポート案件レコードの作成、サポート案件への活動レコードの変換、親子サポート案件の作成、サポート案件の関係の特定、コラボレーション ペインでの投稿/活動/メモの追加
  • サポート案件の保守
    • サポート案件プロセス リボンにおけるステージとステップの説明、サポート案件に対して行えるアクションの特定、サポート案件の結合、サポート案件の取り消し/削除/解決/再アクティブ化、サポート案件へのルーティング ルールの適用
  • サポート技術情報の使用
    • サポート技術情報の記事の検索、記事のテンプレートの作成と保守、記事の作成/承認/公開、サポート案件レコードからの記事の検索、サポート案件への記事の関連付け、サポート技術情報の記事の送信
  • キューの使用
    • システム キューと個人用キューの区別、キューの作成と保守、キューへのサポート案件と活動の割り当て、キュー アイテムの操作、キューの操作プロセスの説明、キューへのサポート案件ルーティング ルールの適用方法の説明
契約と資格の管理 (10-15%)
  • 資格の使用
    • 資格テンプレートの作成、顧客の資格の作成、資格行の追加と製品との関連付け、資格でサポートされているチャネルの特定、サポート案件の資格が増減する状況の特定、資格のライフ サイクルの説明
  • サービス レベル契約 (SLA) の使用
    • SLA 追跡 KPI および指標の特定、サービス レベル契約の作成、SLA 項目の作成、サービス レベル契約の資格との関連付け、サポート案件フォームでのタイマー コントロールの目的の説明、SLA 用のサービス システム設定の構成
サービスのスケジュール設定の操作 (10-15%)
  • サービスのスケジュール設定の概念
    • サービスのスケジュール設定機能からメリットが得られる顧客の特定、サービスのスケジュール設定に関する用語の定義、サービスのスケジュール設定のプロセス フローの特定
  • サービスのスケジュール設定の操作の管理
    • ユーザーと設備/備品の作業時間の構成、リソースの可用性の制限、リソース グループの制限、サイトの作成とそのサイトへのリソースの関連付け、顧客サービス スケジュールの作成、休日スケジュールの作成
  • サービスと容量計画の保守
    • 容量計画の定義、新しいサービス レコードの作成、必要なユーザーとリソースに対する選択ルールの追加、取引先企業および取引先担当者のサービス基本設定の構成、同一サービス拠点の選択ルールを使用したサービスの作成
  • サービス活動のスケジュール設定
    • サービス カレンダーでのサービス活動のスケジュール設定、スケジュール エンジンを使用した特定のリソースのスケジュール設定、同一サービス拠点のルールを使用したサービス活動のスケジュール設定、サービス活動のスケジュール変更、サービス活動の状態の変更、スケジュールの競合の表示と解決
サービス管理の分析および報告 (5-10%)
  • サービスの指標と目標の管理
    • 一般的なサービスの目標と指標の特定、サポート案件レコードに関する月単位の指標と目標の作成、目標 - 進行中 - 実績のグラフをサービス ダッシュボードに追加するステップの説明
  • サービス管理レポートの使用
    • サービス活動の規模レポートの主要機能と使用の特定、所定の状況で最適に使用されるサービス管理レポートの評価、サポート案件の概要テーブル レポートの主要機能と仕様の特定
  • グラフとダッシュボードの使用
    • サービス管理システム ダッシュボードの特定、個人用サービス ダッシュボードの作成、サービス管理に関するシステム グラフの作成

試験対策

自習形式のトレーニング

トレーニング パックを購入された Microsoft Dynamics パートナー様は、Microsoft Dynamics Learning Portal (DLP) を通じたオンライン ラーニングをご利用いただけます。トレーニングパックを購入していない場合は、 PartnerSource にサインインしてトレーニングパックの詳細ページをご覧下さい。の方法を確認します gain access to the DLP site

これらの DLP コースは、Exam MB2-704 の内容に対応します。

80668: Customer Service in Microsoft Dynamics CRM Online

このコースでは、顧客からの苦情やサービスの問題に対応するコスト効率の良い解決法を含めた、Microsoft Dynamics CRM で顧客に対応するプロセスについて説明します。また、関連するすべてのやり取り、ドキュメント、連絡先、および会話の管理を知る手がかりにもなります。このコースでは、一元管理されたナレッジ ベースでのナレッジ マネジメントの使用方法などの実用的な情報をチームに提供する、顧客に関連した豊富なビューについて説明します。

80669: Sales and Marketing in Microsoft Dynamics CRM Online

このコースでは、Microsoft Dynamics CRM Sales Management で使用されるコンポーネントと、そのコンポーネントをさまざまなビジネス シナリオに適用する方法について説明します。また、Microsoft Dynamics CRM で潜在顧客の開拓から商談の成立までの営業活動を管理するために使用する、エンティティやレコード タイプの詳細についても説明します。組織は、この情報を利用して、組織にふさわしい販売モジュール フレームワークの側面を特定できます。

サービスプランのカスタマーは、ここからオンライン学習にアクセスできます CustomerSource。ご質問がある場合は、mlxsupp@microsoft.com までお問い合わせください。

コミュニティから

Microsoft Dynamics CRM Team Blog

フォロー @MSLearning

受験対象者

この試験は、組織での Microsoft Dynamics CRM 2015 Sales and Customer Service アプリケーションの実装、使用、管理、またはサポートを計画している個人を対象としています。一般に、アプリケーション機能に関する基礎知識を証明しようとしている販売活動マネージャー、顧客サービス マネージャー、フィールド サービス担当者、管理者、オフィス マネージャー、役員、コンサルタントが対象となります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。