で試験日に自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
MB2-706

Microsoft Dynamics CRM

  • 配信開始:
    2015 年 1 月 22 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、日本語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Dynamics CRM
  • 対応資格:
    MCP

Microsoft Dynamics CRM Online Deployment

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、 exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は Regional Service Center

Microsoft Dynamics CRM の管理 (20 ~ 25%)
  • 展開に関する考慮事項の識別
    • Microsoft Dynamics CRM のハードウェア要件とソフトウェア要件の説明、Active Directory、Active Directory Federation Services (ADFS)、Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、Secure Token Service などのサポート テクノロジのロールの説明、サポートされるブラウザーの識別
  • 実装の計画
    • 必要な Active Directory グループの識別、Microsoft Dynamics CRM のライセンス モデルとライセンスの種類の識別、製品キーの種類とアクセス モードの種類の説明、複数の組織の計画、Microsoft Dynamics CRM へのアクセス方法の計画
  • Microsoft Dynamics CRM Online の構成
    • サンプル データのインストール、言語パックのインストールと構成、電子メール ルーターのインストール、サーバー同期の構成、SharePoint 統合の構成
Microsoft Dynamics CRM Online の管理 (15 ~ 20%)
  • 展開の計画
    • CRM データにアクセスするためのオプションの識別、ライセンス計画の説明、要件の特定、Microsoft Dynamics CRM Online のカスタマイズ、ユーザー アカウントの作成、サブスクリプション、ライセンス、ユーザー アカウントの管理、セキュリティ ロールへのユーザーの割り当て
  • Microsoft Dynamics CRM Online の展開
    • 展開計画の作成、カスタマイズ可能なオブジェクトの特定、カスタマイズの導入、Microsoft Dynamics CRM Online へのユーザー アクセスの付与、Microsoft Online Services の管理者ロールと Microsoft Dynamics CRM Online のセキュリティ ロールの比較、ユーザーのプロビジョニングとライセンスの割り当て
  • Microsoft Dynamics CRM Online インスタンスの管理
    • 複数のインスタンスと複数のテナントの比較、複数のインスタンスを実装する理由の説明、サブスクリプションへのインスタンスの追加、インスタンスの構成、インスタンスのコピー、マルチテナント展開の機能と制約の特定、サンドボックス組織の作成、組織のコピー
  • Microsoft Dynamics CRM Online の管理
    • 更新の準備、ソリューションのインポート、電子メール通知の管理、Exchange Online/Lync/SharePoint Online/Yammer を使用するための Microsoft Dynamics CRM の構成、記憶域の追加、記憶域スペースの解放
Microsoft Dynamics CRM エディションのアップグレードおよび Microsoft Dynamics CRM の再展開 (15 ~ 20%)
  • アップグレード戦略の選択
    • アップグレード パス/プロセス/サポートされているアップグレード エディションの説明、アップグレードの考慮事項の特定
  • Microsoft Dynamics CRM および他のコンポーネントのアップグレード
    • Email Router のアップグレード、Microsoft Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM のアップグレード、組織のインポートと更新
電子メールの構成および管理 (10 ~ 15%)
  • 電子メールとメッセージ処理の構成
    • 電子メール処理オプションの識別、電子メール処理オプションの利点と欠点の説明、電子メール/予定/タスク/連絡先の追跡、自動電子メール追跡の構成、関連付けの構成、個別メールボックスの監視、利用可能な同期メソッドの識別、同期フィルターの管理
  • Microsoft Dynamics CRM Email Router のインストールおよび構成
    • サポートされている電子メール システムと Windows オペレーティング システムの識別、電子メール ルーターのインストール、ルール展開ウィザードのインストール、電子メールの送受信プロファイルの作成、受信トレイ ルールと転送ルールの展開、転送用メールボックスの作成と監視、電子メール ルーター設定の移行
  • サーバー側同期の構成
    • サポートされている構成の識別とその機能の説明、サーバー側同期の有効化と構成、Exchange Online の構成、予定/連絡先/タスクの同期化
Microsoft Dynamics CRM 用の他のクライアント ツールのインストールと展開 (15–20%)
  • Microsoft Outlook クライアント用のハードウェア要件とソフトウェア要件の識別
    • 最小ハードウェア要件/サポートされるオペレーティング システム/サポートされる Outlook バージョン/サポートされるインターネット ブラウザーの識別
  • Microsoft Outlook クライアントのインストールとアップグレード
    • 展開メソッドの識別、クライアントのインストール、コマンド プロンプトを使った構成ファイルの準備とクライアントのインストール
  • Microsoft Outlook クライアントの構成
    • 構成ウィザードを使用した内部設置型組織またはホスト型組織の構成、オンライン作業とオフライン作業、複数の組織の構成、ユーザーの電子メール設定の構成、データ同期フィルターの作成と変更
  • タブレットと電話用のクライアントのインストールと構成
    • サポートされるモバイル プラットフォームの識別、アプリのインストール、アプリを使用するために必要なセキュリティのアクセス許可の構成、アプリのトラブルシューティング、トレース ログのキャプチャ
Microsoft Dynamics CRM 展開の管理およびトラブルシューティング (15 ~ 20%)
  • システム ジョブの管理
    • システム ジョブ タイプの説明、システム ジョブの表示と削除、非同期ジョブ数の制限、レコードの削除、一括削除ウィザードの使用
  • Microsoft Dynamics CRM の監視およびトラブルシューティング
    • Microsoft Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM のトレースの構成、Microsoft Dynamics マーケットプレースの説明
  • データ暗号化の管理
    • データ暗号化の説明、暗号化をサポートする属性の識別、暗号化を管理するために必要な特権の識別

試験対策

自習形式のトレーニング

トレーニング パックを購入された Microsoft Dynamics パートナー様は、Microsoft Dynamics Learning Portal (DLP) を通じたオンライン ラーニングをご利用いただけます。トレーニングパックを購入していない場合は、 PartnerSource にサインインしてトレーニングパックの詳細ページをご覧下さい。の方法を確認します gain access to the DLP site

これらの DLP コースは、Exam MB2-706 の内容に対応します。

80713: Deployment in Microsoft Dynamics CRM Online 2015 Update 1

80664: Deployment in Microsoft Dynamics CRM Online

これらのコースでは、Microsoft Dynamics CRM Online を展開して管理するために必要な手法について説明します。

サービスプランのカスタマーは、ここからオンライン学習にアクセスできます CustomerSource。ご質問がある場合は、mlxsupp@microsoft.com までお問い合わせください。

コミュニティから

Microsoft Dynamics CRM Team Blog

フォロー @MSLearning

受験対象者

この試験は、Microsoft Dynamics CRM Online Deployment に関する資格の取得を希望する個人を対象としています。一般に、顧客のビジネス ニーズを評価し、アプリケーションのインストール、構成、展開、およびカスタマイズを行うシステム管理者、実装コンサルタント、システム インテグレーター、技術スタッフ、およびサポート担当者が対象となります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。