Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
MB2-707

Microsoft Dynamics CRM

  • 配信開始:
    2015 年 1 月 22 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、日本語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Dynamics CRM
  • 対応資格:
    スペシャリスト

Microsoft Dynamics CRM Customization and Configuration

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

video

Introduction to Microsoft Dynamics CRM 2013

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

ソリューションの管理 (10-15%)
  • カスタマイズの計画
    • xRM の定義、構成、カスタマイズ、拡張、および開発の区別、適切なカスタマイズの設計、Microsoft Dynamics CRM 実装ガイド内のドキュメントの識別
  • ソリューションの管理
    • ビジネス要件の理解、ソリューションのメリットの理解、ソリューションの作成、マネージド ソリューションとアンマネージド ソリューションのエクスポート、ソリューションのインポート、既定のソリューションの説明、発行者の指定、複数のソリューションの使用、ソリューション コンポーネントの説明
  • カスタマイズの管理
    • コンポーネントの依存関係の説明、エンティティ、フィールド、フォーム、ビュー、およびグラフのカスタマイズの概念の説明、カスタマイズの公開
セキュリティの管理 (10-15%)
  • セキュリティの概念について
    • 部署の説明、Microsoft Dynamics CRM セキュリティ機能の説明、セキュリティ ロールの特権とアクセス レベルの識別、部署と連携するセキュリティ ロールの説明
  • アクセスの管理
    • ユーザーの作成と保守、所有者チームの作成、所有者チームと共有の説明、ユーザーおよびチームのセキュリティ ロールの管理、所有者チームとアクセス チームの区別、アクセス チーム テンプレートの作成、フォームへのアクセス チーム サブグリッドの追加
  • フィールドレベル セキュリティの使用
    • フィールドレベル セキュリティを使用できるエンティティの識別、フィールド セキュリティ プロファイルの作成、フィールドのアクセス許可の定義、フィールドのアクセス許可の追加、ユーザーおよびチームへのフィールド セキュリティ プロファイルの割り当て
  • 監査の管理
    • エンティティ レベルの監査の有効化、フィールド レベルの監査の有効化
エンティティのカスタマイズ (10-15%)
  • カスタム エンティティの作成
    • エンティティのカスタマイズの概念の説明、カスタム エンティティの作成、表示名、複数名、およびスキーマ名の構成、エンティティの所有権の構成、カスタム アクティビティ エンティティの作成、プライマリ フィールドの設定
  • カスタム エンティティの管理
    • エンティティのプロパティ (表示領域、通信および共同作業オプション、固定プロパティ、データ サービス オプション、Microsoft Outlook オプション、モバイル オプション) の構成、カスタム エンティティの変更、カスタム エンティティの削除、依存関係の特定
フィールドのカスタマイズ (10-15%)
  • フィールドの作成と保守
    • フィールドのカスタマイズの概念の説明、フィールドの作成、新しいフィールドを作成できる方法の説明、カスタム フィールドの削除
  • フィールドのプロパティの構成
    • フィールドのデータ型の特定、フィールドの表示形式の特定、要件レベルのフィールド プロパティの構成、検索可能、監査、およびフィールド セキュリティの各フィールド プロパティの構成、既存のフィールド用に変更できるプロパティの特定
  • 特別なフィールドの管理
    • ローカルおよびグローバル オプション セットの構成、状態フィールドおよび状態の理由フィールドの構成、依存関係の説明、集計フィールドの作成、ロールアップ フィールドの目的の説明、ロールアップ フィールドの作成
関連付けの管理 (10-15%)
  • エンティティ関係の説明
    • さまざまな関連付けの種類の識別、一対多の関連付け、多対多の関連付け、手動での多対多の関連付けの説明、特別な多対多の関連付け (マーケティング リスト メンバー、キュー アイテム、フォローなど) の説明、サポート対象の関係とサポート対象外の関係の識別、伝播動作 (割り当て、共有、共有の解除、リペアレント、削除) の識別
  • エンティティ関係の管理
    • エンティティ関係の作成、フィールドのマップ、つながりとつながりロールの管理、関係階層の仮想化の使用
フォームのカスタマイズ (10-15%)
  • フォームのカスタマイズについて
    • タブおよびセクション構造の説明、フォーム フィールドの追加、サブグリッドの追加、ソーシャル、アクティビティ、およびメモ コントロールの追加、その他のコンポーネントおよびコントロールの追加、フォームのカスタマイズのプレビュー
  • フォームの作成および編集
    • 既存のフォームのコピーまたは新しいフォームの作成、簡易作成フォームの構成、入れ子になった簡易作成フォームの作成、簡易表示フォームの作成
  • 複数のフォームの管理
    • 複数のフォームが役立つシナリオの特定、フォームの順序の指定、フォームへのロールの割り当て
  • モバイル フォームの管理
    • タブレット用 Microsoft Dynamics CRM のモバイル フォームの説明、タブレット用 Microsoft Dynamics CRM アプリのユーザーに対してフォームがどのように表示されるかの説明、モバイル フォームを設計するときの考慮事項の説明
ビューのカスタマイズ (10-15%)
  • システム ビューの使用
    • システム ビュー、共有ビュー、および個人ビューの区別、ビューの列およびビューのフィルタリングの説明、マルチエンティティ検索の構成、マルチエンティティ検索、高度な検索、および簡易検索の区別、関連ビューの識別、検索ダイアログ ビューの構成、簡易検索ビューの構成
  • カスタム ビューの作成および構成
    • 既存のビューのコピー、カスタム ビューの作成、クエリの構築、ビューへのフィールドの追加、フィールドの配置、フィールドのプロパティの構成、フィールドの並べ替え、既定の公開ビューの設定、ビューの共有、ビューの無効化、ビューの削除
  • カスタム ビューの管理
    • 既定の公開ビューの設定、ビューの共有、階層ビューを使用できるエンティティの識別、階層ビューの作成
グラフおよびダッシュボードのカスタマイズ (5-10%)
  • グラフの概念について
    • グラフの設計に関する考慮事項の特定、個人用グラフとシステム グラフの区別、ユーザー インターフェイスのグラフ設計ツールの制限の特定
  • グラフの作成および管理
    • システム グラフおよび個人用グラフの作成、グラフの種類とオプションの説明、系列とカテゴリの追加、グラフのプレビュー用のグラフ ビューの選択、ユーザーがグラフで使用できるフィールドの特定 (グラフの親エンティティからのフィールドを含む)
  • グラフの再利用
    • グラフのエクスポートとインポート、グラフ XML の更新手順の特定、個人用グラフからシステム グラフへの変換、システム グラフから個人用グラフへの変換
  • ダッシュボードの作成、構成、および管理
    • 個人用ダッシュボードとシステム ダッシュボードの区別、ダッシュボードのコンポーネントの構成、リスト (ビュー) の作成、ダッシュボードへのグラフの表示、ダッシュボードのセキュリティ ロールの管理
ビジネス プロセス フローおよびビジネス ルールの構成 (10-15%)
  • ビジネス プロセス フローの概念について
    • ビジネス プロセス フローの目的の説明、さまざまな種類のプロセスの区別、ビジネス プロセス フローのコンポーネント (ステップとステージ、組み込みビジネス プロセス、カスタム ビジネス プロセス、ビジネス プロセスに参加するエンティティ、スパニング エンティティなど) の識別
  • ビジネス プロセス フローの作成および管理
    • ビジネス プロセス フローの作成、ステージとステップの定義、ロールベースのビジネス プロセスの説明、ガイド付きプロセスのロジックの分岐の説明、ビジネス プロセス フローのクライアント API に関する使用例の説明
  • ビジネス ルールの作成および管理
    • ビジネス ルールの使用例の特定、クライアント側のロジックとサーバー側のロジックの区別、ビジネス ルールの作成、ビジネス ルールの条件の構成、AND/OR、IF…ELSE、IF….THEN ロジックのビジネス ルールへの適用、ビジネス ルールのアクションの特定、フォームに対するビジネス ルールの有効化

試験対策

自習形式のトレーニング

トレーニング パックを購入された Microsoft Dynamics パートナー様は、Microsoft Dynamics Learning Portal (DLP) を通じたオンライン ラーニングをご利用いただけます。トレーニング パックを購入されていない場合は、PartnerSource にサインインして、トレーニング パックの詳細ページを参照してください。DLP サイトにアクセスする方法を確認します。

この DLP コースは、Exam MB2-707 の内容に対応します。

80665: Customization and Configuration in Microsoft Dynamics CRM Online and On Premise

このコースでは、Microsoft Dynamics CRM をカスタマイズして特殊なビジネス ニーズを満たすために必要な手法について説明します。セキュリティ、エンティティの作成と構成、フォームのビューとグラフの設計、監査、およびソリューションについて取り上げます。コースでは、十分に構成された効果的なソリューションを生み出すために、それぞれのトピックが互いにどのように関連しているかについて説明します。

サービス プランのお客様は、CustomerSource からオンライン ラーニングにアクセスできます。ご質問がある場合は、mlxsupp@microsoft.com までお問い合わせください。

コミュニティから

Microsoft Dynamics CRM Team Blog (Microsoft Dynamics CRM Team ブログ)

@MSLearning をフォロー

受験対象者

この試験は、Microsoft Dynamics CRM 2015 のカスタマイズおよび構成を計画している個人を対象としています。一般に、実装コンサルタント、テクニカル サポート、およびシステム管理者が対象となります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。