役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
MB2-877

Microsoft Dynamics 365

フィールドサービスのためのMicrosoft Dynamics 365

この試験は 2019 年 6 月 30 日に廃止されます。代替試験を受けることができます。詳細については、当社のブログをご覧ください。https://www.microsoft.com/en-us/learning/community.aspx そして試験の廃止に関する投稿を確認ください。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

フィールドサービスの設定と構成(15〜20%)
  • 初期設定手順を実行する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。主要セキュリティロールを特定し、リソーススケジューリングオプションを特定する。 管理設定でカスタマイズできるエンティティを特定し、製品とサービスのカテゴリを特定します。
  • 製品とサービスの価格設定
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。最小料金、最小充電時間、フラット料金オプションなどの製品およびサービス価格設定機能を設定する。 インシデントに製品やサービスを追加する。 製品のデフォルトの定価と作業指示価格のリストがいつ付けられたのかを判断する。 製品とサービスを価格表と関連付ける。 税コードを定義する。
  • 予約可能なリソースを設定する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。予約可能なリソースのフィールドを特定する。 マッピング機能を有効にする。 ジオコーディングされたエンティティを特定する。 リソースの開始位置と終了位置を定義する。 アドレスタイプの違いを特定する。
  • 追加オプションを設定する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。地域や組織単位を設定する。 スキルの種類を特定する。 特性とスキルを設定する。 習熟度モデルを構成する。 リソースの役割とカテゴリを実装する。 組織単位とビジネス単位の違いを説明する。
  • フィールドサービスと他のツールの統合
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。Microsoft Flowを使用してプロセスを自動化する。 Visual Designerを使用してフローを構築する。 Twilioソリューションの用途を特定する。 GlympseとConnected Field Serviceソリューションを統合する機会を特定する。
作業指示を管理する(15〜20%)
  • 作業指示のライフサイクルを記述する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。作業指示欄を説明する。 作業指示ライフサイクルステージを記述する。 作業指示ステージの値に対する予約ステータスおよび作業オーダーステータス値を特定する。 課金アカウント、サービスアカウント、およびサブアカウントの用途と機能について説明します。
  • 作業指示書の作成と管理
    • この目的には、以下が含まれますが、これらに限定されません。 ステータスおよびサブステータス情報を作業指示に追加する。 作業指示書タイプと優先度を設定する。 地域別の作業指示とリソースを整理する。 作業指示を閉じるためのプロセスを記述する。 作業命令を閉じる。
  • インシデントの管理
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。インシデントタイプとインシデントタイプフィールドを説明する。 インシデントタイプの作成と設定。 サービスタスクを追加する。
作業指示のスケジュールと発送(15-20%)
  • スケジュールオプションを管理する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。スケジュールボードとスケジュールアシスタントを含む作業指示をスケジュールするためのオプションを記述する。 各スケジューリングオプションをいつ使用するかを決定する。 スケジューリングプロセスのステージと各ステージで発生するステップについて説明する。
  • スケジュールボードの実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。予約要件ビューの機能と用途を特定する。 統合マップ機能を実装する。 手動で作業指示をスケジュールする。 作業指示書を再割り当てし、再スケジュールする。 不完全な作業指示を移動する。 フィールドエージェントの運転指示を生成する。 追加のスケジュールボードを作成する。 スケジュールボードを構成する。 スケジュールボードをカスタマイズする。 カスタム予約ルールを定義するWebリソースを作成する
  • スケジュールアシスタントを実装する。
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。リソースクエリに制約を適用する。 データをフィルタリングする。 検索半径を指定する。 スケジュールアシスタントのトラブルシューティング
  • リソースのスケジューリングを最適化する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。リソーススケジューリングアドオンのライセンス要件を特定する。 最適化プロファイルを作成する。 目標と制約を定義する。 リソースの最適化を構成する。
  • ユニバーサルスケジューリングの設定する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。ユニバーサルスケジューリングの使用と限界を説明する。 エンティティのスケジューリングを有効にするための前提条件について説明する。 スケジューリングを可能にすることができるエンティティを特定する。 要件レコードにデータを入力するワークフローを作成する。 要件ビューを作成する。 エンティティをスケジュールする。
フィールドサービスのモビリティを管理する(10〜15%)
  • モバイルアプリをインストールして設定する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。サポートされているモビリティオプションを特定する。 固有のモバイルアプリ機能を特定する。 オンラインモードとオフラインモードの違いを説明する。 フィールドエージェントが実行できるタスクを特定する。 モバイルアプリの初期設定ステップを実行する。
  • モバイルアプリをカスタマイズする
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。フィールドサービスプロジェクトをインポートする。 セキュリティロールを割り当てる。 接続されたデバイスを管理する。
  • モバイルプロジェクトを管理する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。変更可能なプロジェクト成果物を特定する。 プロジェクトを編集する。 構成設定を変更する。 モバイルプロジェクトを公開する。
在庫管理と購入(10〜15%)
  • 顧客資産の管理
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。顧客資産の用途を特定する。 顧客資産の作成と登録する。 顧客資産を自動作成するように製品を設定する。 顧客の資産と作業指示を関連付ける。 子資産を作成する。
  • 在庫の管理
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。在庫品と倉庫を設定する。 製品在庫を表示する。 在庫レベルを比較して違いを明らかにし、在庫転送で在庫レベルを調整する。 在庫を移転する。
  • 購入および製品リターンの管理
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。購買発注のプロセスを説明する。 注文書を作成する。 購入注文のための受領可能な製品のリストを表示する。 製品の返品方法を記述する。 返品商品認証を作成する。 返品を完結する。
Connected Field Serviceソリューションを管理する(5〜10%)
  • Connected Field Serviceソリューションを構成する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。接続されたフィールドサービスについて説明する。 Connected Field Serviceの主な利点を特定する。 前提条件コンポーネントをインストールする。 Connected Field Serviceをインストールして構成する。 ソリューションのインストール中に作成されたコンポーネントを特定する。 ソリューションを実装する。
  • デバイスを管理する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。接続を使用して複数のパーツを1つの資産として構成する。 デバイスを分類する。 登録エラーを解決する。 デバイスからのデータを表示する。 リモートからコマンドをデバイスに送信する。 接続されたフィールドサービスソリューションを拡張する。
契約を管理する(10〜15%)
  • 契約書の作成と管理
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。契約を使用または作成するために必要な枠組みを記述する。 合意の主要要素と合意を確立するために必要な情報を特定する。 契約の設定を定義および構成する。 契約の設定を構成する。
  • 予約の定義と作成
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。予約の目的、用途、制限を特定する。 予約の自動生成のオプションを記述する。 契約書の予約を設定する。
  • 請求書の定義と登録
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。契約書の目的と用途を説明する。 請求書を作成するためのオプションを特定する。 請求書を作成する。

試験対策

自己ペースのトレーニング

トレーニング パックを購入された Microsoft Dynamics パートナー様は、Microsoft Dynamics Learning Portal (DLP) を通じたオンライン ラーニングをご利用いただけます。貴方はトレーニングパックをまだ購入していない内に、PartnerSourceまでにサインインして、トレーニングパックの詳細ページを見てください。方法を確認します gain access to the DLP site.

この DLP コースは、Exam MB2-877の内容に対応します。

このデジタルラーニングコースでは、フィールドサービスのためのDynamics 365の設定、構成、使用のためのツールを学生に提供します。それは、提供されたプラットフォームツールを活用して、製品や価格表、地域、リソースなどのサポート項目を作成する方法の使用と理解に焦点が置かれています。また、作業オーダー、スケジューリング、モビリティ、在庫および購買などのトピックも検討されます。

サービスプランにいらっしゃるお客様はCustomerSourceからのオンライン学習をアクセスできます。e ラーニングによるトレーニングのタイルを使用して、コース番号 81197 を検索します。

質問について、mlxsupp@microsoft.comお問い合わせください

コミュニティから

お読みください Microsoft Dynamics CRM Team Blog

受験対象者

この試験の候補者は、フィールドサービス用のMicrosoft Dynamics 365でアプリケーション機能をセットアップして使用し、アプリケーションをサポートするMicrosoft Dynamics 365のパートナーです。

候補者は、通常、フィールドサービス運用の強固な理解とフィールドサービスのためのMicrosoft Dynamics 365の展開、保守、使用の経験を持っています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。