試験
MB6-885

Windows

  • 配信開始:
    2012 年 3 月 10 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Dynamics AX 2012
  • 対応資格:
    MCP、Microsoft Dynamics 認定テクノロジー スペシャリスト

Microsoft Dynamics AX 2012 Public Sector

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

Microsoft Dynamics AX 2012 Public Sector の基本タスクの実行 (15%)
  • Microsoft Dynamics AX 2012 Public Sector の概念の説明
    • 分析コード、予算作成、債務、調達などを含む公的機関業界に関する要件の説明、Microsoft Dynamics AX 2012 Public Sector モジュールの機能説明、Microsoft Dynamics AX 2012 Public Sector ライセンスの確認
  • 勘定の設定
    • 総勘定元帳設定の概念の説明、会計カレンダーおよび会計年度の設定、転記の定義の設定、勘定の構造の構成
  • 財務分析コードの作成
    • 財務分析コードの説明、財務分析コードおよび財源エンティティの作成
  • 勘定科目表の設定
    • 勘定科目表の計画、勘定科目表の勘定の設定、銀行口座の作成、勘定への財源エンティティの割り当て
予算作成タスクの実行 (14%)
  • 予算管理の説明および構成
    • 予算管理の説明/有効化/実行、予算管理パラメーターの設定および構成、予算超過に関する許可の設定、利用可能な予算財源の計算の定義、予算管理の元伝票/仕訳帳/主勘定の選択、予算モデルの割り当て、予算管理ルールの定義、予算グループおよびメッセージ レベルの定義、予算利益処分の有効化、予算引当の実行の説明
  • 当初予算の作成
    • 予算登録エントリの作成、分析コードおよび期間にまたがる予算額の配賦
  • 予算の管理
    • 予算作成の条件と基礎事項の説明、予算の修正、予算の転送、予算登録エントリのステータスと履歴の表示
  • 予算の処理
    • 暫定予算に関する予算管理の転記/リバース/実行、配賦予算コードの定義、配賦予算に関する予算管理の作成と実行
  • 予算レポートの作成
    • 実績対予算のレポートの説明、利用可能な予算財源レポート、予算詳細レポート、予算管理勘定詳細履歴レポート、プロジェクト レポートごとの予算管理活動
総勘定元帳の使用 (16%)
  • 高度な元帳エントリの作成
    • 複数勘定科目への明細金額の分散、高度な元帳エントリのセットアップの説明、高度な元帳エントリの作成/プレビュー/転記
  • 約定会計の実行
    • 約定会計の説明、購買要求のための事前予算引当勘定の記録、発注書のための債務仕訳勘定の記録
  • 年度末債務仕訳処理の実行
    • 債務仕訳の年度末処理オプションの設定、債務仕訳の年度末処理に関する決算済みおよび未処理トランザクションの転記の定義、特定財源に対する債務仕訳の年度末既定処理の定義
  • 年度末総勘定元帳処理の実行
    • 年度末総勘定元帳処理の説明、勘定への決算タイプの設定、年度末総勘定元帳処理に関する決算済みおよび未処理トランザクションの転記の定義、名目勘定の処理と実在勘定の終了残高の処理
調達および買掛金勘定の管理 (14%)
  • 購買契約書の管理
    • 分類による購買契約書に関する新しい情報の有効化、リリース注文のない購買契約書への請求
  • 計画外購入の管理
    • 確認中の発注書コードおよびメッセージ テキストの設定、発注書への確認中のフラグ付け、特別なメッセージを含む発注書の印刷
  • 年度末発注書処理の実行
    • 年度末発注書処理の実行
  • 仕入先情報の管理
    • 仕入先の 1099 情報の設定、1099 情報を含む請求書の支払い、1099 納税証明書の処理、新規 DUNS+4 番号の割り当て、複数の仕入先銀行口座への請求書の支払い
売掛金勘定の管理 (15%)
  • 請求コードおよび分類の設定
    • 請求コードの機能の説明、請求コードの作成、請求コードを使用した自由書式請求書の作成、請求分類の作成、請求分類への請求コードの関連付け、分類確定順序の設定
  • 請求分類による請求書、支払い、および督促状の処理
    • 請求分類による自由書式または定期請求書の転記と印刷、請求分類の選択による顧客支払いの入力、請求分類の選択に基づく支払い提案の作成、請求分類による払い戻しトランザクション/利子計算書/督促状の生成、請求分類への督促状ポリシーの割り当て
  • プール済み現金設定における決済の処理
    • 請求書決済の転記定義の設定、支払いに対する自由書式請求書の決済、顧客に対するトランザクション損金処理の決済
  • 顧客属性の追加
    • 取引先コードの割り当て、Agency Location Code (ALC) の割り当て、1099-C インジケーターの割り当て、Government Identification Number (GIN) を使用した顧客の重複防止
プロジェクト会計タスクの実行 (14%)
  • プロジェクト予算管理の実行
    • プロジェクト予算の作成、期間をまたがるプロジェクト予算の配賦、プロジェクト予算修正の作成
  • 補助金の管理
    • 補助金の作成、補助金のステータスの追跡
  • 複数の資金調達元の管理
    • プロジェクトへの複数の資金調達元の追加、資金調達元への補助金の割り当て、資金調達元への経費の配賦、資金調達元の割合と優先度の設定、資金調達元に対するコストの請求
ロール センターおよびレポートの使用 (12%)
  • ロール センターの説明
    • 経理担当、会計マネージャー、コントローラー ロール、売掛金勘定管理者、および財務部長の各ロール センターの説明
  • レポートを生成する
    • 売掛金勘定レポートの生成、顧客レポートの生成、支払い承認レポートの表紙の生成および設定、予算管理レポートの生成
  • 派生財務階層を使用した財務分析の実行
    • カテゴリ階層の作成、派生財務階層の関連付け、派生財務階層分析コードによるスライス

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
コミュニティから

@MSLearning をフォロー

Microsoft Dynamics Community ブログの投稿をもっと見る

受験対象者

この試験は、Microsoft Dynamics AX 2012 にある公的機関の財務機能を利用する予定のある個人を対象にしています。一般に、部門コンサルタント、システム開発者、および実装コンサルタントが対象となります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。