マイクロソフト認定 IT プロフェッショナル (MCITP)

マイクロソフト認定 IT プロフェッショナル (MCITP) の認定資格は、データベース管理者やエンタープライズ メッセージング管理者など、特定の IT 業務を遂行するための包括的なスキルを身に付けていることを証明します。MCITP 認定資格は Microsoft テクノロジの以前のバージョンに基づいているため、企業がより新しいバージョンの製品に移行するのに伴い、認定資格の価値は低下します。特別なアップグレードを利用してマイクロソフト認定ソリューション エキスパート (MCSE) 資格を取得すると、資格への投資が無駄になりません。

MCITP 認定の多くは、2014 年 1 月 31 日に終了しています。具体的な終了日については、「終了した認定資格」および「終了した試験」のページを確認してください。終了した認定は、引き続きトランスクリプトに表示されます。

次の表は、取得可能な MCITP 認定をテクノロジごとに示しています。1 つの認定に複数の試験が必要な場合、それらは任意の順序で受験できます。

Windows クライアント

Windows 7 に関する MCITP 認定

認定資格のタイトル必須試験
MCITP: Enterprise Desktop Support Technician on Windows 7

680

685

MCITP: Enterprise Desktop Administrator on Windows 7

680

686

Microsoft Exchange Server
認定資格のタイトル必須試験
MCITP: Enterprise Messaging Administrator on Exchange 2010

662

663

Microsoft SharePoint
認定資格のタイトル必須試験
MCITP: SharePoint Administrator 2010

667

668

よく寄せられる質問

MCITP 認定の再認定ポリシーはありますか。

MCITP 認定に再認定は必要ありません。現在のテクノロジまたはソリューションに関連しないとみなされた認定については、トランスクリプトに "レガシ" として表示されます。

認定の有効期間はどれぐらいですか。

既存の MCITP 認定は、現在の市場で価値があり、その認定の対象になっているテクノロジが企業で使用されている限り、今後も有効です。新しくリリースされるテクノロジは、新しいソリューション構造に合わせて調整されます。時間の経過に伴い、MCITP 認定は終了し、レガシ ステータスに移行します。レガシのマイクロソフト認定資格は、引き続きトランスクリプトに表示されます。

現在の MCITP 認定からのアップグレード パスはありますか。

新しいエキスパート レベルの認定に対応した MCITP 認定を取得している場合、期間限定で、より短いアップグレード パスを利用できます。

資格取得のメリット

「マイクロソフト認定資格を自信を持ってお勧めします。この認定のおかげで、今まで想像もしていなかったチャンスが巡ってきました。」

Curt McNamee | Active Directory エンジニア、Washington

Exam Replay

試験日に自信が持てるようにしてください。