MCSD: SharePoint Applications

MCSD: SharePoint Applications

ソリューション開発者

優れた開発者向けの世界的に認められた資格

Microsoft SharePoint を使用したコラボレーション アプリケーションの設計および開発に関する専門知識を実証します。マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー (MCSD): SharePoint Applications 資格を取得するためには、JavaScript および ASP.NET MVC と共に HTML5 を使用して Web をプログラムできる基本的なスキルを保有している必要があります(アプリケーション開発関連の経験が浅い方は、入門者レベルの MTA 認定資格の取得を目指しましょう)。

MCSD: SharePoint Applications 認定資格を取得すると、ソフトウェア開発者や Web 開発者などに適格であることが示されます。

ステップタイトルオプションのトレーニング必須試験取得される認定
1Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3コース 480 の受講試験 480 の受験MCSA: Sharepoint Apps
2Developing ASP.NET MVC Web Applicationsコース 486 の受講試験 486 の受験
3Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Core Solutionsコース 488 の受講試験 488 の受験
4Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Advanced Solutionsコース 489 の受講試験 489 の受験

この MCSD 認定では、再認定試験を 2 年ごとに完了することで、選択したソリューション分野の遂行能力を継続的に示す必要があります。

追加のオプション

Exam 483: Programming in C# で Exam 480 を代替できます。

Exam 492: Upgrade your MCPD: Web Developer 4 to MCSD: Web Applications で Exam 486 を代替できます。

MCSD: SharePoint Applications 資格の再認定方法

現在 MCSD: SharePoint Applications 資格を保有していて、2 年の再認定期日が近い場合は、この試験を受けることで再認定を受けることができます。

ステップタイトルオプションのトレーニング必須試験取得される認定
1MCSD: SharePoint Applications の再認定 利用不可 試験 517 の受験MCSA: Sharepoint Apps

リソース

Exam Replay

試験日に自信が持てるようにしてください。