MCSE: Communication

MCSE: コミュニケーション

ソリューション専門家

IT プロフェッショナル向けの世界的に認められた資格

注意: この認定資格は 2017 年 3 月 31 日に廃止されました。代替認定資格は下記を参照してください。 MCSE: 生産性

このページは参照目的でのみ保持されています。ここに掲載されている情報は更新されないため、正確ではない可能性があります。過去にこの認定資格と関連していた試験は、適宜新しい認定資格の一部として含まれています。

企業における通信確保と世界中の従業員とのコミュニケーションにおける専門知識を証明しましょう。

MCSE:を取得しましょう: コミュニケーション認定資格は、ネットワークおよびコンピュータシステム管理における専門知識を証明します。

Skype for Business を含めた新しい試験は、MCSE に組み込まれています。Communication 認定.Skype for Business 試験の公開後、Lync Exam 336 と Exam 337 に代わる新しい試験が導入されます。詳細は、よく寄せられる質問または下記のリストをご覧ください retired exams およびretired certifications

ステップタイトルオプションのトレーニング必須試験取得した認定資格
1Managing Office 365 Identities and Requirementsコース 347の受講Exam 346 の受験MCSE: Solutions Expert Communication
2Enabling Office 365 Servicesコース 347の受講Exam 347 の受験

ステップ 1 とステップ 2 の完了後、Microsoft Certified Solutions Associate (MCSA) 認定資格を取得できます。Office 365 認定資証。

3Skype for Business 2015 によるエンタープライズ VoIP の展開コース 409の受講Exam 333 の受験
4Microsoft Skype for Business 2015のコアソリューションコース 334の受講Exam 334 の受験

この MCSE 認定資格では 3 年ごとに再受験することで選択したソリューション領域における能力を保持していることを実証する必要があります。

追加オプション

代用 MCSA: Windows Server 2012 certification MCSA: Office 365 認定資証。

既に MCSA 認定資格を取得している場合、下記の代用試験でも MCSE: Communication 認定を取得できます。

  • Exam 336 に合格している場合Core Solutions of Microsoft Lync Server 2013 (廃止済み) は Exam 334 に代用できます。Core Solutions of Microsoft Skype for Business 2015.
  • Exam 337 に合格している場合Enterprise Voice & Online Services with Microsoft Lync Server 2013 (廃止済み) は Exam 333 に代用できます。Skype for Business 2015 によるエンタープライズ VoIP の展開.
MCSE 更新方法Communication 認定

MCSE: Communication 認定にアップグレードできます。

  • MCSA: Windows Server 2008
  • MCITP: Windows Server 2008 R2の仮想化管理者
  • MCITP: Enterprise Messaging Administrator 2010
  • MCITP: Lync Server Administrator 2010
  • MCITP: SharePoint Administrator 2010
  • MCITP: Enterprise Desktop Administrator on Windows 7
ステップタイトルオプションのトレーニング必須試験取得した認定資格
1スキルを MCSA Windows Server 2012 に更新コース 417の受講Exam 417 の受験MCSE: Solutions Expert Communication
2Skype for Business 2015 によるエンタープライズ VoIP の展開準備中Exam 333 の受験
3Microsoft Skype for Business 2015のコアソリューションコース 334の受講Exam 334 の受験

資格の有効期間は、クラスや技術により異なります。リストを参照retired exams およびretired certifications

MCSE 再受験方法Communication 認定

現在、MCSE: Communication 認定資格を保有していて 3 年間の失効日が近い場合、再認定方法は下記の 2 つのオプションから選択できます。

オプション 1: 受験による再認定

タイトルオプションのトレーニング必須試験取得した認定資格
MCSEの再認証:コミュニケーション

コース 336の受講

コース 337の受講

Exam 384 の受験MCSE: Solutions Expert Communication

オプション 2: Recertify through Microsoft Virtual Academy

よく寄せられる質問

MCSE : コミュニケーション認定資格に特化した質問は次のとおりです。下記のリンクをクリックします。 certification overview または exam policies and FAQ 一般的な質問等はマイクロソフト認定資格及び試験のページを参照してください。

Lync 試験に合格しても、MCSE: Communication 認定資格はまだ価値がありますか。

はい。Skype for Business は Lync の機能上に構築されています。Lync 試験を受けることで、Skype for Business 実装に必要な基礎を習得できます。新機能の確認 Skype for Business

既に両方の Lync 試験に合格している人を対象とした Skype for Business アップグレード試験が用意される予定はありますか。

いいえ。MCSE: コミュニケーション認定資格を取得したら、それを再取得することはできません。しかし、再認定によりスキルを維持することは可能です。スキル習得のためのトレーニング講座を検索してください Skype for Business

再認定プロセスは変更されますか。

いいえ。MCSE: コミュニケーション認定資格の保有者は、引き続き 3 年ごとに再認定が必要です。再認定は、Skype for Business などの最新技術に精通していることを示す確実な手段です。

リソース

Exam Replay

試験日に自信が持てるようにしてください。