マイクロソフト認定トレーナーになる

マイクロソフト認定トレーナー (MCT) は Microsoft テクノロジの技術および指導における最上級のエキスパートです。マイクロソフトのテクニカル トレーニング プロフェッショナル限定のグループに参加し、MCT トレーニング認定とメンバーシップのメリットを活用しましょう。メリットには、公式のマイクロソフトのトレーニングと認定の製品のライブラリ全体へのアクセス、試験、書籍、およびマイクロソフト製品の大幅な割引、準備のためのリソース、メンバー専用のオンライン コミュニティへのアクセス、限定イベントやプログラムへの招待が含まれます。

マイクロソフト認定トレーナーになることが望ましい理由

米国企業の 93% が、 IT スキルに関して「希望のレベルに到達していない」と考えています。(CompTIA、 『State of the IT Skills Gap』、2012 年 2 月)

採用担当マネージャーの 86% が、 採用の決定を行うときに認定資格を判断材料にしています。(CompTIA、 『Employer Perceptions of IT Training and Certification』、2011 年 1 月)

IT マネージャーの 80%が、効果的なトレーニングは プロジェクトの成功のために重要であると考えています。(IDC、 MarketScape、『Worldwide IT Education and Training Vendor Analysis』、2012 年 2 月)

マイクロソフト認定トレーナーは、マイクロソフト製品の使用および担当するそれぞれのコースのソリューションに 関する経験と知識があることを証明するマイクロソフト認定資格を取得する必要があります。

MCT 認定資格プログラムおよび要件

マイクロソフト認定トレーナー プログラムは 1 年間のメンバーシップ プログラムです。翌年のトレーニング認定を更新するためには、 オンライン申請を行い、年会費を支払い、プログラムの要件を満たす必要があります。

プロセスとプログラムの要件について質問がある場合は、MCT サポート チーム にお問い合わせください。

MCT のメリット

マイクロソフト認定トレーナーは個人用の特典と試験ダッシュボードにアクセスできます。このダッシュボードでは、数多くの有用なリソースの検索、MCT 認定や MCT プログラムのロゴのダウンロード、MCT コミュニティへの参加を行うことができます。

利用可能なメリットおよびサポート

特典と試験ダッシュボードでは、トレーナーの準備のためのリソース、試験に関するお知らせ、マイクロソフトのトレーニングと認定製品など、最新のニュースやリソースが提供されます。次をはじめとする MCT のメリットを見る:

  • MCT Central。 MCT 専用の MCT Central では、技術準備とソフト スキルのトレーニング資料が提供されており、MCT がマイクロソフト コースのトレーニングを準備するときに役立ちます。また、MCT Central から製品やプログラムのリソースに簡単にアクセスすることもできます。また、MCT Central を使用することにより、MCT は最新ニュースを入手したり、仕事を探したり、世界中の MCT とつながったりすることができます。
  • MCT 準備キット。ビデオ、スライド セット、コースウェア コンテンツなど、コースウェアのトレーニング用にダウンロード可能な役立つコンテンツが含まれているオンラインのトレーナー準備パックに、有用な OneNote 形式でアクセスできます。
  • Microsoft ダウンロード センター。トレーニングや認定資料のマイクロソフト ライブラリ全体にアクセスできます。
  • コースウェア マーケットプレース。デジタル版のマイクロソフト コースや受講者ガイドにアクセスできます。
  • MCT コミュニティ。相互支援とネットワーキングのための専用のプライベート コミュニティに参加し、マイクロソフトのトレーニングと認定チームとやり取りできます。
  • コースウェア サポート。公式のマイクロソフトのトレーニングと認定の製品に関する質問について、マイクロソフトから直接サポートを受けることができます。

スペシャル オファー

マイクロソフトや他のパートナーにより、MCT 専用の製品、サービス、およびイベントが提供されます。特典の中には一部の国や地域では利用できないものがあり、すべての特典は変更される可能性があることに注意してください。最新の一覧は、特典と試験ダッシュボードを参照してください。

  • マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) 割引MCT は MCP 試験が 50% 割引になります。50% 割引のバウチャーを取得するには、試験一覧から受ける試験を選び、[ピアソン VUE でスケジュールを設定する] を選択します。割引が自動で適用されます。
  • 無料のマイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) 認定を繰り返し取得する12 か月ごとに、MCT は、MOS 2007、2010、または 2013 認定を最新の状態に維持できるよう、無料の MOS 試験バウチャーを 1 つリクエストできます。バウチャーを受けるには、メールに氏名、マイクロソフト認定 ID (MCID)、居住地 (都道府県と国/地域) を記入し、MCTMOS@Microsoft.com 宛にお送りください。バウチャーは Certiport から直接受け取り、ローカルの試験センターを探すためのサポートも Certiport が行います(Certiport ユーザーになるには登録が必要です)。
  • Microsoft Labs Online (MLO)。 MCT は、トレーナーの準備のために Microsoft Labs Online に無料でアクセスできます。
  • マイクロソフト認定トレーナー試験の割引。マイクロソフトは MCT を重視しており、MCT が持つ認定が最新のものになるようサポートしています。Microsoft アカウントの資格情報を使ってピアソン VUE で試験のスケジュール設定を行うと、割引が自動的に適用されます。

    ピアソン VUE で試験の検索とスケジュール設定を行う

    注意 MCT 割引は、マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) 試験やマイクロソフト テクノロジ アソシエイト (MTA) 試験には適用されません。

  • マイクロソフト認定資格ベータ試験への早期招待。認定試験が一般に公開される前に試験を受けることにより、新しい認定を早い段階で取得できます。ベータ試験バウチャーの数は限られており、その割り当ては先着順になることをご了承ください。
  • マイクロソフト e ラーニングへの無料アクセスマイクロソフト e ラーニングで新しいテクノロジを学習し、さまざまな提供方法を経験してください。
  • Microsoft Press Store の書籍での大幅割引。Microsoft Press Store カタログにあるすべての書籍が 40% 割引、すべての電子書籍が 50% 割引になります。
  • 業界イベントへの特別ご招待。世界中のマイクロソフトのイベントや他の業界イベントに、MCT Ambassador として参加できます。これらのイベントで、試験準備セッションを提供したり、オンサイトでマイクロソフトのトレーニングと認定ブースや認定エリアに人員を配置することにより、出席者が認定を取得できるようサポートできます。
  • マイクロソフト ソフトウェアのベータ プログラムへの参加招待。ベータ バージョンで実地経験を得ることにより、新しいマイクロソフト製品について学習できます。
MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプション

MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションは、MCT の専門知識およびトレーニング スキルの開発に役立つリソースに独占的にアクセスできるように、独自に調整されています。このサブスクリプションにより、MCT は Microsoft テクノロジに独占的にアクセスできます。

特定のトレーニング対象に合わせて 2 つのサブスクリプションが用意されています。これらのサブスクリプションにより、ソフトウェアのダウンロードや Microsoft Azure の月単位クレジットなどの広範なリソースを利用できます。

  • MCT ソフトウェアおよびサービスは、IT Pro および Office のトレーニングを提供する MCT を対象としています。このサブスクリプションでは、Azure や Office 365 の 1 年間の試用版サブスクリプションを含む最新のマイクロソフト サービスへのアクセスが可能で、トレーニングの準備に必要となる数千ものソフトウェア タイトルをダウンロードできます。マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー (MCSD) 認定またはマイクロソフト認定プロフェッショナル デベロッパー (MCPD) 認定を保有していない場合は、MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションの対象となります。
  • MCT デベロッパー ソフトウェアおよびサービスは、デベロッパー トレーニングを提供する MCT を対象としています。このサブスクリプションでは、マイクロソフト プラットフォームでデベロッパーをトレーニングするために最新のツールやサービスにアクセスできます。MCT デベロッパー ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションの対象となるには、次の認定のいずれかを保有している必要があります。

MCT ソフトウェアおよびサービスの詳細については特典と試験ダッシュボードでご確認ください。いずれかのサブスクリプションにより、トレーニングで使用するために主要なマイクロソフト製品にアクセスできるようになります。Office、Windows、SharePoint、SQL Server、および 15,000 ドルまでのその他のリソースにアクセス可能です。

MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションは、有効期限が過ぎるか、または現在の MCT プログラム契約が終了すると、自動的に終了します。これらのサブスクリプションにはトレーニングでの使用権のみが含まれており、MCT はトレーニングを準備するために使用できます。MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションでは、提供されるソフトウェアまたはサービスを、生産環境 (商用使用やクラスルームでの使用も含む) で使用することはできません。MCT プログラムの認定や資格、および関連する MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションは、MCT プログラムによる決定に従って変更されることがあります。

要件

MCT プログラムは、Microsoft テクノロジのトレーニングを提供する世界中のエデュケーターを対象としています。適格な認定または資格を保有しており、Microsoft テクノロジのトレーニングの提供に積極的に取り組むことを希望している場合は、申し込みを検討することをお勧めします。

MCT プログラムの要件の詳細については、このページの「申請プロセス」セクションにある MCT プログラム ガイドおよび MCT プログラム契約を確認してください。

MCT プログラムへの登録の要件

  • 現在のマイクロソフト認定資格または MCT プログラムに適格な資格を有していること。
  • 次のいずれかにより検証された指導スキルの実証。
    • 指導スキルの認定:
      • CompTIA CTT+
      • IAMCT Approved Technical Trainer (IAMCT ATT)
      • Microsoft Certified Trainer Instructional Skills Certification (MCT-ISC)
      • IPM (Institut für Personalberatung und Managemententwicklung)
      • New Horizons 社の指導スキル認定
      • Netcom Learning 社の指導スキル認定
      • Global Knowledge 社の指導スキル認定
      • Learning and Performance Institute 社のTrainer Performance Monitoring and Assessment (TPMA)
      • CEGOS グループ
      • PrepMasters USA
      • Marcom Deli
      • Gopas
      • Sinerji Egitim
  • 1 年以上の指導経験があることの証明

注意 MCT として更新するには、契約応当日までに MCT プログラムの更新要件を満たす必要があります。

MCT プログラムの更新要件

  • 現在のマイクロソフト認定資格または MCT プログラムに適格な資格を有していること。
  • Metrics that Matter (MTM) による検証で、1 クラス以上でのトレーニングという最低限の指導要件を満たしていること。
  • MTM による検証で、平均品質スコアが 7 以上という指導品質要件を満たしていること。

注意 指導の回数や品質などの更新要件は変更される場合があります。

現在のマイクロソフト認定資格および MCT プログラムに適格な資格

マイクロソフト認定資格

Microsoft Dynamics の資格

  • AX Dynamics Applications
  • AX Dynamics Developer
  • AX Dynamics Installation and Configuration
  • CRM Dynamics Applications
  • CRM Dynamics Technical
  • GP Dynamics
  • NAV Dynamics Applications
  • NAV Dynamics Technical
  • SL Dynamics

Microsoft Dynamics の各資格に関連する要件について

Microsoft Office 認定

注意 マイクロソフト認定資格および MCT プログラムに適格な資格は変更されることがあります。

申請プロセス

MCT に関心がある場合は、メンバーシップの条件について理解するために MCT プログラム ガイドおよび MCT プログラム契約を確認してください。その後、MCT 登録ツールを使用してプログラムに申し込みます。

登録と更新ガイド

プログラム ガイド

プログラム契約

注意 すべてのコンテンツは、特に注記がない限り英語で記述されています。

オンライン申請

MCT オンライン申請は、MCT 登録ツールから行うことができます。

マイクロソフト オフィス スペシャリストであるがマイクロソフト認定資格 ID (MC ID) を保有していない場合は、customerservices@certiport.com に連絡して ID を取得してください。その上で、MCT 登録ツールに進んでください。オンライン申請を完了する前に、次のセクションで MCT 登録の詳細を確認してください。

MCT 登録ツールを使用して次のことを行います。

  • MCT プログラムの要件を確認し、MCT プログラム ガイドおよび契約に署名します。電子署名により、MCT 契約の条件の承諾が認証されます。
  • プロファイル情報を更新します。ここで指定する連絡先情報は MCT のコミュニケーションに使用されます。
  • 雇用状況を指定します。ラーニング パートナーまたは Microsoft Imagine Academy に雇用されている場合は、雇用主であるラーニング パートナーまたは Microsoft Imagine Academ の ID 番号が必要です。
  • 支払い方法を選択します。プログラム料金は、国/地域と雇用状況により異なります。お住まいの国/地域の MCT および MCT Alumni メンバーシップ料金は、ページ最後の参照ツールでご確認ください。

注意 ラーニング パートナーの従業員であり、MCT プログラム料金を雇用主が支払う場合は、次の手順に従ってください。

  1. コースウェア マーケットプレース から MCT バウチャーを購入します。
  2. MCT 登録ツール で申請を完了します。
  3. プログラム料金の支払いを求められたら、MCT バウチャー コードを入力します。

申請と支払いを完了したら、MCT ウェルカム電子メールが届くのを待ちます。その後、特典と試験ダッシュボードで MCT コンテンツにアクセスできるようになります。

MCT Alumni プログラム

20 年以上にわたり、MCT は Microsoft テクノロジのトレーニングや導入の最前線に立ってきました。その非常に大きな貢献をたたえて MCT Alumni プログラムを用意しました。このプログラムは、マイクロソフトとの関係が良好なすべての MCT のうち、MCT プログラムの一環として教えなくなった人、および MCT コミュニティとの関係を維持したい人を対象としています。

MCT Alumni プログラムの要件は次のとおりです。

  • MCT プログラムに現在参加している、または以前参加していた
  • マイクロソフトとの関係が良好である

プログラム料金は、国/地域と雇用状況により異なります。お住まいの国/地域の MCT および MCT Alumni メンバーシップ料金は、ページ最後の参照ツールでご確認ください。

MCT Alumni のメリット

MCT Alumni メンバーになると、特典と試験ダッシュボードで MCT Alumni コンテンツへの限定アクセスが可能になります。また、MCT Central にアクセスして、ニュースやイベント、MCT Alumni 向けのさまざまなリソースや、MCT コミュニティ全体と関わり合う機会が得られます。

MCT Alumni には、次のようなメリットがあります。

  • e ラーニング割引。最新の製品とテクノロジの流れを維持するため、最新の認定試験の準備をすることに役立ちます。
  • 試験割引バウチャー。最新の MCP 認定資格を保持し、MCT プログラムへの再加入を容易にすることができます。
  • 電子書籍や書籍の割引。試験準備と専門能力開発のための参考資料を提供します。

MCT Alumni 申請プロセス

MCT Alumni のメンバーになることに関心がある場合は、メンバーシップの条件について理解するために MCT Alumni プログラム契約を確認してください。

注意 すべてのコンテンツは、特に注記がない限り英語で記述されています。

オンライン申請

MCT 登録ツールを使用して、MCT Alumni メンバーシップに申し込みます。

MCT 登録ツールを使用して次のことを行います。

  • MCT Alumni プログラム契約に署名します。電子署名により、MCT Alumni プログラム契約の条件の承諾が認証されます。
  • プロファイル情報を更新します。ここで指定する連絡先情報は MCT Alumni のコミュニケーションおよび郵送に使用されます。
  • 支払い方法を選択します。プログラム料金は、国/地域と雇用状況により異なります。お住まいの国/地域の MCT および MCT Alumni メンバーシップ料金は、ページ最後の参照ツールでご確認ください。

申請を提出すると、受領を確認するメールが送信されます。その後、特典と試験ダッシュボードで MCT Alumni コンテンツにアクセスできるようになります。

MCT Alumni から MCT への移行

トレーニング活動に戻る MCT Alumni は、MCT プログラムに自由に再参加できます。

MCT に戻るには

  • MCT プログラムの要件を満たしていることを確認します。 現在のマイクロソフト認定資格に対するトランスクリプトと、MCT プログラムに適格な資格を有していることを確認します。
  • MCT プログラムへの参加を申し込みます。MCT Alumni は、以前に MCT プログラムに申請したときに取得した指導スキルの認定の証明を提出するか、少なくとも 1 年の指導経験があることを実証する照会状を提出できます。この照会状は、以前の顧客、マネージャー、同僚のいずれかからのものにできます。
MCT および MCT Alumni プログラムの料金

お住まいの国/地域の MCT プログラムの年間料金と MCT Alumni のお試し料金をご確認ください。マイクロソフト認定ラーニング ソリューション パートナーの従業員は、25% の料金割引が受けられます。Microsoft Imagine Academy の従業員は、50% の料金割引が受けられます。

注意 プログラム料金のほかに、お住まいの国/地域で適用される税金がかかります。

更新: 2016 年 10 月 3 日

メンバーシップ タイプ

MCT サポート

MCT の申請、支払い、またはメリットに関するサポートが必要な場合、または MCT プログラムに関する一般的な質問がある場合は、よく寄せられる質問 (FAQ) をご覧になるか、MCT サポート フォーラムを通じてサポート チームにお問い合わせください。

よく寄せられる質問 (FAQ)

更新と登録

更新の要件を教えてください。
更新の資格を得るには、MCT が前年に少なくとも 1 クラスを受講し、Metrics That Matter (MTM) によって確認された平均 7 以上の MTM スコアを取得しており、さらに適格な認定資格を保持する必要があります。
更新の期限はどこで確認できますか。
MCT および MCT Alumni の更新期限 (契約応答日) は、MCT 登録ツールのプロファイル ページ (最初のページ) で確認できます。また MCT は、トランスクリプトの、マイクロソフト認定トレーナーの認定履歴に関するセクションで契約応答日を確認できます。
MCT メンバーシップを更新できる時期を教えてください。
更新期限 (契約応答日) の 90 日前から MCT メンバーシップを更新できます。
更新期限が過ぎてしまいました。これを修正するにはどうすればよいですか。
更新期限が過ぎた場合は、MCT 登録ツールを通じて回復された MCT として申請を行うことができます。再申請を行うには、現在適格な認定資格を保持する必要があります。
MCT プログラムに再参加する方法を教えてください。
MCT プログラムに再参加したい場合は、以前の MCT がMCT 登録ツールを通じて "回復された MCT" として再申請できます。回復された MCT として申請を行うには、適格な認定資格を保持する必要があります。
MCT の更新または回復の申請は、いつ承認されますか。
MCT の更新および回復の申請は、支払い処理が正常に行われた後、24-48 時間で承認されます。
初めて MCT に出願する場合、どのような要件がありますか。
初めて MCT に出願する場合は、現在マイクロソフト認定資格を有していること、および指導スキルを証明する文書を提示することが必要です。詳細については、このページの「要件」セクションを参照してください。
初めて MCT プログラムに申請します。申請はいつ承認されますか。
指導スキル文書が確認および承認され、お支払いが処理された後、申請が承認されます。
適格な認定資格とは何ですか。
適格な認定資格とは、現在利用可能なマイクロソフト認定資格の 1 つです。MCT プログラムへの申請の適用または更新を希望するすべての MCT 受験者が適格な認定資格を有する必要があります。
適格な認定資格の一覧はどこで確認できますか。
適格な認定資格の一覧は、このページの「要件」セクションで参照できます。
承認された指導スキル認定プロバイダーの一覧はどこで確認できますか。
承認された指導スキル認定プロバイダーの一覧は、このページの「要件」セクションで確認できます。
職務上の照会先としてどのような人が適格ですか。
許容される職務上の照会先としては、マネージャー、雇用主、学生、同僚などが含まれます。
指導スキル文書の承認にはどの程度の時間がかかりますか。
通常、選択するオプションに応じて、指導スキル文書の承認には 3-10 営業日が必要です。
「システムを利用できません」というエラー メッセージが表示され、MCT の申請を完了できません。どうすればいいですか。
MCT の申請の完了時に「システムを利用できません」というエラー メッセージが表示される場合は、数分待ってからブラウザーを更新してください。このメッセージの表示が解消されない場合は、MCT サポート チームにお問い合わせください。
MCT または MCT Alumni の申請をキャンセルするにはどうすればよいですか。
MCT または MCT Alumni の申請をキャンセルするには、MCT サポート チームにお問い合わせください。
MCT の申請に関連する国または住所を変更するにはどうすればよいですか。
MCT の申請に関連する国または住所を変更することを希望する場合は、MCT サポート チームにお問い合わせください。
MCT の申請で誤った雇用主の種類を選択してしまいました。変更方法を教えてください。
MCT の申請で誤った雇用主の種類を選択してしまった場合、お支払いがまだ完了していなければ、MCT 登録ツール で雇用主の種類を更新できます。
MCT 登録ツールおよび認定マーケットプレースと互換性があるのはどのブラウザーですか。
MCT 登録ツールおよび認定マーケットプレースは、Internet Explorer、Edge、Chrome、および Firefox のすべての最近のバージョンに対して互換性があります。
MCT プログラム ガイドおよび MCT プログラムの契約はどこで確認できますか。
MCT プログラムガイドおよび MCT プログラム契約は、このページの「申請プロセス」セクションで確認できます。

支払い

支払いを完了するにはどうすればよいですか。
お支払いは、認定マーケットプレースで完了できます。お支払いの前に、MCT 登録ツールで申請を完了する必要があります。
支払いが処理されたかどうかを確認する方法を教えてください。
お支払いが処理されたかどうかを確認するには、MCT 登録ツールでお支払のステータスを確認します。
地域の通貨でプログラムの料金の支払いを行うことはできますか。
認定マーケットプレースでは、豪ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、および米ドルでお支払いいただけます。別の通貨を使用したお支払いをご希望の場合は、コースウェア マーケットプレースで MCT バウチャーをご購入いただけます。
どの支払い方法を利用できますか。
認定マーケットプレースで利用可能なお支払い方法は、クレジット カードと PayPal です。コースウェア マーケットプレースでは、クレジット カード、電信送金、銀行振込、または小切手によりお支払いいただけます。
どのクレジット カードを使用できますか。
Visa、American Express、Discover、および MasterCard を使用できます。
Paypal アカウントを設定する方法を教えてください。
アカウントの設定の手順については、PayPal サイトを参照してください。
電信送金を使用してプログラムの料金を支払うことはできますか。
はい。コースウェア マーケットプレースで電信送金によるお支払いにより MCT バウチャーをご購入いただけます。
企業ではどのようにして MCT プログラムの料金を支払いますか。
企業は、MCT プログラムの料金のお支払いのためにコースウェア マーケットプレースで MCT バウチャーをご購入いただけます。
ラーニング パートナーは、全社員のための一括支払いをどのようにして行いますか。
ラーニング パートナーは、全社員の一括支払いのために、コースウェア マーケットプレース で複数の MCT バウチャーを同時にご購入いただけます。
MCT プログラムへの参加にはどれくらいの費用がかかりますか。
MCT プログラムへの参加費用については、このページの「MCT および MCT Alumni プログラムの料金」セクションを参照してください。
MCT Alumni プログラムへの参加にはどれくらいの費用がかかりますか。
MCT Alumni プログラムへの参加費用については、このページの「MCT および MCT Alumni プログラムの料金」セクションを参照してください。

Learning ダウンロード センター

Learning ダウンロード センターはどこから利用できますか。
Learning ダウンロード センターサイトをご覧ください。
Learning ダウンロード センターにはどのようにしてアクセスしますか。
すべてのアクティブな MCT が Learning ダウンロード センターにアクセスします。サインインでは、MCT サインイン資格情報を使用します (MCT ダッシュボードおよび MCT 登録ツールへのサインインと同じ資格情報を使用します)。
Learning ダウンロード センターへのサインインにはどの資格情報を使用しますか。
MCT サインイン資格情報を使用して Learningダウンロード センターにサインインします (MCT ダッシュボードおよび MCT 登録ツールへのサインインと同じ資格情報を使用します)。
MCT準備キットはどこでダウンロードできますか。
MCT 準備キットは、Learning ダウンロード センターからダウンロードできます。
Learning ダウンロード センターでコミュニティ コースウェア ファイルが利用できないのはなぜですか。
Learning ダウンロード センターは主に、マイクロソフト オフィシャル コースウェア (MOC) ファイルで使用されます。

Metrics That Matter (MTM)

Metrics That Matter アカウントを作成するにはどうすればよいですか。
Metrics That Matterサイトでアカウントを作成します。
MCT 登録ツールに MTM データが表示されません。これを修正するにはどうすればよいですか。
MTM データが MCT 登録ツールに表示されない場合は、MTM スコア レポートをツールにアップロードします。
複数の MTM アカウントを変更または結合するにはどうすればよいですか。
複数の MTM アカウントを変更または結合する場合は、MTMsolutions@executiveboard.com にお問い合わせください。
MTM アンケートではどの言語を利用できますか。
MTM アンケートは、アラビア語、ポルトガル語 (ブラジル)、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スロバキア語、スペイン語、トルコ語で利用できます。

MCT ソフトウェアおよびサービス

Office 365 サブスクリプションが利用できなくなったのはなぜですか。
MCT ソフトウェアおよびサービスのサブスクリプションによって提供される IT プロフェッショナルおよびインフォメーション ワーカー MCT 向け Office 365 サブスクリプションは、1 年間の評価版でしかありません。1 年間の経過後は、MCT はサブスクリプションを延長できますが、毎月の料金のお支払いが必要になります。
MCT ソフトウェアおよびサービスのソフトウェアを個人用に使用できますか
いいえ。MCT ソフトウェアおよびサービスのソフトウェアは個人用には使用できません。MCT ソフトウェアおよびサービスは、1 ライセンスに 1 ユーザーのサブスクリプションで、試験および開発の目的でのみ使用できます。

MCT Alumni プログラム

MCT Alumni プログラムから MCT プログラムに切り替えるにはどうすればよいですか。
アクティブな MCT Alumni は、プログラムの要件を満たす場合にMCT 登録ツールで MCT プログラムにアップグレードできます。
MCT プログラムに切り替えた場合、MCT Alumni の費用の払い戻しを受けることはできますか。
MCT Alumni の申請が 90 日以内に行われている場合、該当するお支払いが MCT メンバーシップに適用されます。
誤って MCT の申請ではなく MCT Alumni の申請を開始してしまいました。これを修正するにはどうすればよいですか。
申請をキャンセルするには、MCT サポート チームにお問い合わせください。

メリット

MCT メンバーシップではどのようなメリットがありますか。
MCT メンバーシップに関連するメリットの全一覧については、このページの「MCT メリット」セクションを参照してください。
Alumni MCT メンバーシップではどのようなメリットがありますか。
MCT Alumni メンバーシップに関連するメリットの全一覧については、このページの「MCT Alumni プログラム」セクションを参照してください。
マイクロソフト プレスの割引はどのようにして適用できますか。
マイクロソフト プレスの書籍を購入した場合、チェックアウト時にマイクロソフト プレスの割引が適用されます。
MCT は、マイクロソフト プレス ストアの書籍について割引を受けることができますか。
はい。MCT の場合、Microsoft Press Store カタログにあるすべての書籍が 40% 割引、すべての電子書籍が 50% 割引になります。
Azure パスはどのようにして取得できますか。
Azure パスは、Azure パス ポータル を通じて取得できます。
国/地域の MCT イベントの一覧はどこで確認できますか。
MCT Central または外部のソーシャル メディアで地域の MCT イベントを確認できます。また、それぞれの地域の責任者にお問い合わせください

MCT Central

MCT Central にはどのようにしてアクセスできますか。
MCT Central にアクセスするには、Born To Learn アカウントを作成します。マイクロソフト認定資格 ID (MC ID) に関連付けられた同じ電子メールを使用してください。Born To Learn アカウントを作成した後、自動的に MCT Central にアクセスできます。
MCT Central のサインイン資格情報を使用できません。これを修正するにはどうすればよいですか。
MCT Central のサインイン資格情報を使用できない場合は、MCT サポート チームにお問い合わせください。

コースウェア マーケットプレース

コースウェア マーケットプレースにアクセスするにはどうすればよいですか。
コースウェア マーケットプレースにアクセスするには、MCT アカウントを設定する必要があります。このためには、コースウェア マーケットプレース サポート チームにお問い合わせください。
MCT がコースウェア マーケットプレースからアクセス/ダウンロードできるのは何ですか。
MCT は、コースウェア マーケットプレースから利用可能なマイクロソフト コースおよび受講者ガイドのデジタル版にアクセスできます。

試験のディスカウント

無料のマイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) バウチャーを入手する方法を教えてください。
12 か月ごとに、MCT は、MOS 2007、2010、または 2013 認定を最新の状態に維持できるよう、無料の MOS 試験バウチャーを 1 つリクエストできます。バウチャーを受けるには、メールに氏名、MC ID、居住地 (都道府県と国/地域) を記入し、MCTMOS@Microsoft.com 宛にお送りください。
Certiport で 50% の試験割引を使用できますか。
いいえ。50% の試験割引は Pearson VUE を通じた MCP 試験でのみ使用できます。
Microsoft Office 試験で 50% の試験割引を使用できますか。
いいえ。Microsoft Office 試験は、Certiport 試験センターで実施されます。50% の試験割引は Pearson VUE 試験センターの MCP 試験でのみ使用できます。

Microsoft Labs Online

Microsoft Labs Online はどこから利用できますか。
Microsoft Labs Onlineサイトをご覧ください。
実習の一覧はどこで確認できますか。
Microsoft Labs Online 実習一覧を参照してください。
Microsoft Labs Online にアクセスするためにどのサインイン資格情報を使用できますか。
Microsoft Labs Onlineサイトにサインインするには、MCT 資格情報を使用します。

MCT コンピテンシー

教育資格が得られるクラスはどのようにして確認できますか。
MCT コンピテンシーの一覧では、特定のコースの指導に必要なコンピテンシーが示されます。
MCT コンピテンシーの一覧はどこで確認できますか。
MCT コンピテンシーの一覧は、MCT ダッシュボードの「リソース」セクションでご確認いただけます。
MCT コンピテンシーの一覧にコミュニティ コースウェアおよび Office コースが含まれないのはなぜですか。
コミュニティ コースウェアおよび Office コースを提供するための認定資格は、MCT またはラーニング パートナーの裁量によって定められます。ただし、コース内容の技術分野に関連する認定資格および専門知識の保持を前提とすることを強くお勧めします。

電子メールによる通知

MCT アカウントに関連する電子メール アドレスを変更するにはどうすればよいですか。
MCT アカウントに関連する電子メール アドレスを変更するには、プロファイル設定で MCT ダッシュボードの通信設定を更新します。
MCT 電子メールの受信を解除する方法を教えてください。
MCT 電子メールの受信を解除する場合は、プロファイル設定で、MCT ダッシュボードの通信設定を更新します。

地域責任者プログラム

MCT 地域責任者になるための申請を行うにはどうすればよいですか。
MCT 地域責任者になるための申請を行う場合は、MCT Central に関する申請手順を確認してください。
国または地域の MCT 地域責任者はどこで確認できますか。
国または地域の地域責任者は、MCT Central の地域責任者の全一覧で確認できます。

トランスクリプト

トランスクリプトはどこでダウンロードできますか。
トランスクリプトは MCT ダッシュボードでダウンロードできます。
指導資格があるコースがトランスクリプトに表示されないのはなぜですか。
トランスクリプトの内容を簡素化し、コンピテンシー データの正確性を維持するために、MCT トランスクリプトの指導認定マイクロソフト コースについて記載されたセクションから、MCT プログラムが削除されました。ただし、MCT トランスクリプトには依然として、「アクティブなマイクロソフト認定資格」セクションおよび「完了した試験」セクションが含まれます。特定のコースの指導に必要な認定資格または試験を確認するには、MCT ダッシュボードで MCT コンピテンシーの一覧を参照してください。

バウチャー

他の種類の割引 (ラーニング パートナー割引など) を含むバウチャー コードを使用できますか。
はい。バウチャー割引コードは、受験者の適用対象となる他の種類の割引と共に使用できます。
MCT バウチャーはどこで購入できますか。
MCT バウチャーはコースウェア マーケットプレースで購入できます。
コースウェア マーケットプレース アカウントを設定する方法を教えてください。
コースウェア マーケットプレース アカウントの設定については、アクティブなラーニング パートナーおよび MCT がコースウェア マーケットプレース サポート チームにお問い合わせいただけます。
MCT バウチャーには、すべての該当するクラウド インセンティブ割引が含まれますか。
はい。利用可能な MCT バウチャーには、10%、20%、および 30% の試験割引が含まれます。
MCT バウチャーは、認定マーケットプレースのどこに入力すればよいですか。
認定マーケットプレースのカート ページで、バウチャー コードを入力し、[適用] をクリックします。

Welcome Kit

MCT Welcome Kit はどこで注文できますか。
MCT Welcome Kit は認定マーケットプレースで注文します。
MCT Welcome Kit の内容を教えてください。
MCT Welcome Kit により、MCT は証明書、ウォレット カード、2 枚の MCT ステッカー、および DVD を注文できます。
MCT Alumni Welcome Kit の内容を教えてください。
MCT Alumni Welcome Kit により、MCT Alumni は証明書および 2 枚の MCT Alumni ステッカーを注文できます。

資格取得のメリット

「自分の知識を他の人に知ってもらう最適な方法として、マイクロソフト認定資格を強くお勧めします。」

Erdal Ozkaya | マイクロソフト認定トレーナー | Australia

事例を読む

資格取得のメリット

Exam Replay

試験日に自信が持てるようにしてください。