マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション向けボリューム ライセンス

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションは、企業および認可されている教育機関でマイクロソフトのテクノロジの導入と利用を促進するのに役立ちます。従業員は、エンタープライズで使用可能な、提供元から直接得られるトレーニングと認定資格のためのリソースを利用して、業務の効率と生産性を高めるのに必要なスキルを身に付けることができます。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションは、次のマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムを通してご利用いただけます。

  • マイクロソフト ボリューム ライセンス。カスタマイズ可能な、マイクロソフト ソフトウェア購入プログラムです。マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションを割引価格でご利用いただけます。
  • マイクロソフト ボリューム ライセンス - ソフトウェア アシュアランス。 既にご契約のソフトウェア アシュアランスを通して、ソフトウェア アシュアランス対象の特定の e ラーニングおよび講師によるトレーニングをご利用いただける、コスト効果の高いプログラムです。

このページで説明しているマイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション製品の購入、予算策定、トラッキングを、ボリューム ライセンスを通して他の Microsoft テクノロジ関連の購入と一本化することによって、コストを平均 20 - 80% 削減できます (製品とボリューム ライセンス契約レベルによって異なります)。

Microsoft E-Reference Library

Microsoft E-Reference Library は、マイクロソフト製品および関連テクノロジに関する幅広いコンテンツを集めたライブラリです。オンラインでホスティングされているこのライブラリでは、インターネットに接続していれば手軽にマイクロソフト プレス発行の電子書籍にアクセスでき、効率とコスト効果の点で印刷書籍を上回り、クラスルーム トレーニングや e ラーニング コースでの学習内容を補完するものとしても最適です。

マイクロソフト認定資格試験バウチャー

認定プロフェッショナル (MCP) の認定資格は、組織の競争優位性を高め、顧客満足向上とネットワーク ダウンタイム短縮に役立ちます。

Microsoft Imagine Academy (資格のある組織用)

Microsoft Imagine Academy は、最新の Microsoft テクノロジを維持していくための、21 世紀のテクノロジ カリキュラムでの教育を世界共通で提供しています。エデュケーターは、年齢や経験レベルを問わずすべての学生用の新規あるいは既存のカリキュラムに、テクノロジのレッスン計画、e ラーニング、受講者プロジェクト、および成績評価を簡単に統合できます。さらに、Imagine Academy プログラムにより、エデュケーターとスタッフが専門能力開発の機会を得ることができます。

Imagine Academy では次の内容が提供されます。

  • Microsoft オンライン ラーニング コースの利用
  • 学生の進行状況の追跡と監視に役立つ講師学習管理システム (LMS)
  • オフィシャル コースウェアの割引 (教育機関のみ)
  • Microsoft ブランドおよび公式の認定資格との関連性を促進するマーケティング リソース

大学進学およびキャリアの準備に役立つこの教育プログラムは、認可されているすべての教育機関でサブスクリプション方式によりご利用いただけます。Microsoft Imagine Academy プログラム に参加するには、所定の 基準および要件 を保持している必要があります。

教育機関向けのマイクロソフト認定資格試験パッケージ

マイクロソフト認定資格により、学生のテクノロジ スキルを証明し、他の学生と差別化して教育およびキャリアに対する見通しを高める手助けができます。さらに、マイクロソフト認定資格を使用して、教職員とスタッフの専門能力開発目標をサポートできます。Microsoft Academic Volume Licensing 契約に Microsoft Imagine Academy サブスクリプションを追加すると、完全なテクノロジ教育ソリューションを取得できます。

試験クラス パックおよびサイト パックは、学生の教育カリキュラムの一部としてマイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS)、マイクロソフト テクノロジー アソシエイト (MTA)、およびマイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) などのマイクロソフト認定資格取得を目指している場合にご利用いただけます。認定資格試験クラス パックおよびサイト パックには、所定の数の試験バウチャーが含まれており、1 年間の有効期間内であればいつでも使用できます。高校、短期大学、4 年制大学のいずれであるかにかかわらず、認定を組み合わせて固有のニーズを満たすことができます。

認定製品説明No.試験バウチャー数

マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) サイト パック

MOS 試験は、ビジネスに必要な Office 機能の全体的な理解と高度な使用スキルを実証するものであり、他の学生との差別化を図る場合や上級課程への進学や就職に有利です。

500

マイクロソフト テクノロジー アソシエイト (MTA) サイト パック

MTA 試験は、インフラストラクチャ、データベース、および開発のコアとなるテクノロジ概念を理解していることを実証するものであり、技術系の上級課程進学や上級認定資格取得の準備に役立ちます。MTA 認定資格は 1 学期の間で取得することも可能であり、エントリ レベルの IT 系職種求人に対して必要な能力と意欲を示すのに利用できます。

250

マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) クラス パック

MCP 試験バウチャーは、マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト (MCSA)、マイクロソフト認定ソリューション エキスパート (MCSE)、マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー (MCSD) の各認定を取得するために使用できます。これらの認定資格は、今日の IT 業界におけるキャリアに不可欠なスキルを身に付けていることを実証するものです。MCSA 認定資格はプラットフォームのコア スキルを実証するものであり、MCSD と MCSE はソリューションの設計、構築、実装に必要となる高度な専門知識の実証するものです。

30

1 年間有効の Microsoft Imagine Academy メンバーシップおよびマイクロソフト認定資格試験パックは、次の Microsoft Academic Volume Licensing プログラムを通してご購入いただけます。

  • Enrollment for Education Solutions (EES)
  • School Enrollment (Campus and School Agreement を契約した場合)
  • Select Plus for Academic

詳細については、アカデミック ライセンス再販業者にお問い合わせいただくか、各業種向けマイクロソフト ライセンス プログラム ページにアクセスしてください。

教育機関向けボリューム ライセンスと認定に関するその他のリソース

教育機関向けボリューム ライセンスと e ラーニングに関するその他のリソース

マイクロソフト認定資格により、学生のテクノロジ スキルを証明し、他の学生と差別化して教育およびキャリアに対する見通しを高める手助けができます。さらに、マイクロソフト認定資格を使用して、教職員とスタッフの専門能力開発目標をサポートできます。Microsoft Academic Volume Licensing 契約に Microsoft Imagine Academy サブスクリプションを追加すると、完全なテクノロジ教育ソリューションを取得できます。

試験クラス パックおよびサイト パックは、学生の教育カリキュラムの一部としてマイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS)、マイクロソフト テクノロジー アソシエイト (MTA)、およびマイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) などのマイクロソフト認定資格取得を目指している場合にご利用いただけます。認定資格試験クラス パックおよびサイト パックには、所定の数の試験バウチャーが含まれており、1 年間の有効期間内であればいつでも使用できます。高校、短期大学、4 年制大学のいずれであるかにかかわらず、認定を組み合わせて固有のニーズを満たすことができます。

ボリューム ライセンスでの e ラーニング販売は終了しました。下記のリソースは、既存の契約の下でマイクロソフトの e ラーニング コンテンツをご利用中のお客様向けです。ボリューム ライセンスをご契約のお客様がこれから e ラーニングを導入、構成、管理するための資料ではありません。

お問い合わせ先

マイクロソフトのトレーニングと認定関連製品のご利用をご希望の場合は、担当のボリューム ライセンス アカウント マネージャーにお問い合わせください。価格設定、ライセンス付与、および割引についてのご質問は、MSLVLPurchase@microsoft.com にメールでお問い合わせください。

よく寄せられる質問

次の質問は、マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション向けのボリューム ライセンスに関するものです。マイクロソフト認定資格または試験に関する一般的な質問への回答については、認定の概要または試験のポリシーと FAQ のページを参照してください。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションでサポートされているのはどの製品ですか。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションでは、次のテクノロジを含め、多数の Microsoft テクノロジがサポートされています。

  • Office
  • Windows
  • Exchange
  • System Center
  • Visual Studio
  • Windows Server
  • Windows Phone
ボリューム ライセンス契約を通してトレーニングと認定ソリューションを購入できるのは、どの地域ですか。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションをボリューム ライセンスを通してご購入いただくときに、地域の制限はありません。価格設定、ライセンス付与、および割引についてのご質問は、担当のボリューム ライセンス アカウント マネージャーにお問い合わせください。

製品へのアクセスと使用方法

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションのライセンスを取得した場合、どのようにコンテンツにアクセスすればよいですか。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション (Microsoft E-Reference Library およびマイクロソフト認定資格プログラム (MCP) 試験バウチャー) のコンテンツにアクセスするには、アクセス コードを使用します。このアクセス コードの場合、学習に関する選択は従業員が行うことになります。ボリューム ライセンス契約期間の開始時に、管理者宛てに、アクセス コードが電子的に送信されます。契約期間中はいつでも、コードをアクティブ化できます。

注意 既存の契約期間の途中でアクセス コードを受け取った場合は、契約の残り期間に基づいて支払い額と利用内容が按分されます。

  • Microsoft E-Reference Library コード。ライブラリにアクセスするには、ライセンスが必要です。ライブラリのロックが解除された後は、ボリューム ライセンス契約期間終了までアクセスできます。
  • マイクロソフト認定資格プログラムの試験バウチャー コード。MCP 試験バウチャー コード 1 つにつき 1 回の試験に登録することができます。試験バウチャー コードは 1 回だけ使用できます。
契約期間中に受け取ったコードを使い切らなかった場合や従業員が退職した場合に、そのコードを別の従業員に割り当てたり、未使用のコードの払い戻しを受けたりできますか。

いいえ。ボリューム ライセンスの Online Services (これにはマイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションも含まれます) は個人に割り当てられるものであり、譲渡は不可能です。払い戻しを受けることはできません。未使用のコードはすべて、契約期間終了時に失効します。

注文してから受験バウチャー コードを受け取るまでの日数はどれくらいですか。

注文は 48 時間以内にマイクロソフト側で処理されます。アクセス コードは、ラージ アカウント リセラー注文に対するマイクロソフトでの請求処理から 5 - 10 営業日以内に届きます。

Microsoft E-Reference Library の書籍を印刷またはコピーしたり、他の人と共有したりすることができますか。

いいえ。Microsoft E-Reference Library の書籍の印刷、コピー、および他者との共有は禁止されています。

ボリューム ライセンス

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション パッケージはどのようにして入手できますか。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションは、エンタープライズ顧客と選択された顧客が、マイクロソフト ボリューム ライセンス Online Services を通して入手できます。パッケージはそれぞれサービス サブスクリプション ライセンス (SSL) として提供されており、ユーザー サブスクリプション ライセンス (USL) やアドオン サブスクリプション ライセンス (ASL) は必要ありません。価格情報については、マイクロソフトのセールス スペシャリストにお問い合わせください

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションの価格設定とサブスクリプション モデルは、他のボリューム ライセンス Online Services とどのように異なりますか。

マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションは、一段階単一パッケージ価格設定となっています。マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューション パッケージは、12 か月間のサブスクリプションとしてご注文いただくことも、マスター契約の残り期間に応じて按分することもできます。ボリューム ライセンス Online Services を締結した場合の他のプログラムとは異なり、別途ユーザー サブスクリプション ライセンス (USL) やアドオン サブスクリプション ライセンス (ASL) が必要になることはありません。

注意 マイクロソフトのトレーニングと認定ソリューションを 12 か月間のサブスクリプションとして注文した場合、それ以降のご注文についても、有効期限は最初の 12 か月間サブスクリプションと同じになります。 Online Services ガイドを参照してください。

コードはいくつ購入すればよいですか。

購入するコード数が多いほど、ボリューム割引の額も大きくなります。組織のトレーニングのニーズを確認し、企業のビジネス目標に合わせた学習計画を立てるために、次のリソースのいずれかをご利用いただくことをお勧めします。

試験バウチャーはいくつ注文すればよいですか。

必要なバウチャー数を特定するには、最初に次の情報を確認します。

  • 組織内で認定資格の取得を必要としている個人の数。
  • 各個人がどの認定資格を必要としているか。
  • 各認定資格に必要な試験の数。
  • 各個人が認定資格の取得までに要する時間。
  • ライセンス契約の残り月数。

受験する個人がマイクロソフト製品に関する実地経験を持っていることが重要となります。基礎的な認定資格については準備期間を 6 か月以上、上級の認定資格については 1 年とすることをお勧めします。

教育機関向けのマイクロソフト認定資格試験パッケージ

マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) クラス パック、マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) サイト パック、およびマイクロソフト テクノロジ アソシエイト (MTA) サイト パックに含まれる、試験準備に利用できるカリキュラム オプションには、どのようなものがありますか。

各試験の準備に役立つ資料が用意されています。新しい試験の一覧で試験を選択すると、その試験に対応する試験対策が表示されます。

Microsoft Imagine Academy に参加している教育機関でなければ、ボリューム ライセンスを通してマイクロソフト認定資格試験クラス パックやサイト パックを購入できないのですか。

いいえ。クラス パックやサイト パックに含まれるマイクロソフト認定資格試験は、認可されている教育機関であればボリューム ライセンスを通してご購入いただけます。

教育機関が MCP 試験センターとなるにはどうすればよいですか。

マイクロソフト IT 認定資格および MCP サイト パックの試験を配信することをご検討中の場合は、ピアソン VUE 社の Web サイトで、ピアソン VUE 社試験センターとしての承認を受ける方法の説明を参照してください。MOS および MTA の認定試験は Certiport から配信されます。

MCP クラス パックはどのようにして実施しますか。

チャネル パートナー経由での注文がマイクロソフトで処理されると、ボリューム ライセンスの契約と登録の際に指定し、ご注文時に参照した通知/オンライン連絡先に、試験バウチャーの一覧が電子メールで送信されます。

MOS または MTA のサイト ライセンスを展開するためにはどのような要件がありますか。

教育機関が MOS または MTA サイト パックを利用して MOS または MTA の試験を配信するには、Certiport 社の承認された試験センターとして登録済みであることと、Certiport 社の Web サイトに掲載されている技術要件を満たしていることが必要です。教育機関が Certiport 社の承認された試験センターではない場合は、Certiport 社試験センターとなるための手続きを行う必要があります。

ボリューム ライセンスを通して MOS または MTA サイト パックを注文した場合、試験バウチャーのアクセス方法はどのように通知されますか。

24 時間以内に送信される自動化メールに、マイクロソフト認定資格サイト パック管理サイトへのアクセス方法が記載されており、併せて Certiport 社カスタマー サービス部門への問い合わせに関する情報も記載されています。