なじみがあり、使いやすい: Windows 10 は、Windows 7 と Windows 8.1 の両方の利点を活かして設計されており、作業方法に合わせて動的に変化する自然なユーザー エクスペリエンスを提供します。タブレット モード* では、タブレット、ノート PC、2 in 1 デバイスのいずれで作業している場合でも、タッチ対応、モバイル、デスクトップの各エクスペリエンスが Windows 10 という 1 つのオペレーティング システムによって提供されます。

アップグレードも安心: アプリとデバイスの強力な互換性により、すべてのアプリ、設定、デバイスを保持したまま、Windows 10 へのインプレース アップグレード** を直接実行できます。新しいデバイスを購入した場合も、イメージを作成、管理することなく、購入直後の状態の新しいデバイスをすばやくセットアップし、企業のアプリ、データ、設定を利用できます。

IT を簡素化してコストを削減: Windows 10 は、Windows システムの最後のメジャー リリースです。Windows as a Service の提供開始に伴い、Windows の配信と管理を簡素化すると同時に、今日最も柔軟な管理と展開オプションの提供を開始しました。また、One Windows という戦略に基づき、アプリ プラットフォーム、セキュリティ モデル、管理アプローチをそれぞれ 1 つに統合し、複雑さの軽減とコストの削減を実現します。

* ハードウェアに依存します。
** ハードウェアおよびソフトウェアの要件が適用されます。使用可能な機能は異なる場合があります。インターネット接続が必要です。互換性やその他の重要なインストール情報については、デバイス製造元の Web サイトと www.windows.com/windows10specs を参照してください。今後の更新時にその他の要件が適用される可能性があります。
独自のソフトウェア アシュアランス特典 購入方法 対象オペレーティング システム

購入方法

Windows 10 Enterprise

 
Windows 10 Enterprise は、Windows 10 Enterprise E3 および Windows 10 Enterprise E5 という 2 つの主要なWindows 10 Enterpriseを提供しています。それぞれデバイス ベースまたはユーザー ベースで購入可能で、ボリューム ライセンスのみを通じて提供されます。
 

Windows 10 Enterprise E3

 
Windows 10 Enterprise E3 では、Windows 10 Enterprise Edition へのアクセスのほか、最新のセキュリティ上の脅威に対する高度な保護、オペレーティング システムの幅広い展開と更新オプション、包括的なデバイスとアプリケーション管理が提供されます。Windows 10 Enterprise E3 は、一部のボリューム ライセンス プログラムを通じて、ソフトウェア アシュアランス付きで提供されます。
 

Windows 10 Enterprise E5

 
Windows 10 Enterprise E5 は、E3 のすべての機能に加えて、Windows Defender Advanced Threat Protection (Windows Defender ATP) を活用したいとお考えのお客様に最適な最新の製品です。Windows Defender ATP は、企業のお客様による自社ネットワーク上の高度な攻撃の検出、調査、対応を支援する新しいサービスです。
 
 
Windows Defender ATP は、Windows 10 で使用されているセキュリティ防御機能をベースに構築され、脅威が Windows 10 のセキュリティ スタックをすり抜けた後の新たな保護層として機能します。Windows 10 に組み込まれているクライアント テクノロジと堅牢なクラウド サービスを組み合わせることで、他の防御機能を通過して侵入した脅威を検知し、エンドポイント全体を調査するための情報や推奨される対処法を企業のお客様に提示します。
 

Windows 用のソフトウェア アシュアランス

 
Windows ソフトウェア アシュアランスは、デバイス ベースまたはユーザー ベースでライセンスの入手が可能です。Windows ソフトウェア アシュアランスの対象資格を満たさないデバイスまたはユーザーについては、Windows VDA のライセンスを入手することにより Windows ソフトウェア アシュアランスの特典を利用できます。Windows ソフトウェア アシュアランスおよび Windows VDA では、Windows Enterprise への柔軟なアクセスに加えて、多くの特典を利用できます。 詳細はソフトウェア アシュアランスにてご確認ください。
 

デバイス ベースでの Windows ソフトウェア アシュアランスのライセンス

 
Windows ソフトウェア アシュアランスは、以下の方法でデバイス ベースでライセンスを入手できます。
 
  • ボリューム ライセンスを通じて Windows 10 Enterprise アップグレード ライセンスを購入する際に、同時にそのライセンスに対してソフトウェア アシュアランスも購入できます。
  • Windows ソフトウェア アシュアランスの対象資格を満たさないデバイス (シン クライアントなど) については、Windows VDA サブスクリプションを購入することによって Windows ソフトウェア アシュアランスの特典を利用できます。

ユーザー ベースでの Windows ソフトウェア アシュアランスのライセンス

 
ユーザー ベースでの Windows Enterprise へのアクセスは、Windows 10 Enterprise E3, Windows 10 Enterprise E5 および Windows VDA per User のライセンス オプションを通じてライセンスを入手できます。これらのオプションは、ユーザーを Windows のライセンス ソリューションに置き、デバイスにわたる Windows へのアクセスや、展開方法のための柔軟なオプションを与え、Windows のライセンスおよび管理を簡略化することができます。ユーザーベースのライセンスでは、以下のことが可能です。
 
  • ユーザーが自分のすべてのデバイスで Windows Enterprise にアクセスが可能。
  • Windows Enterprise を複数のデバイスにわたり、ローカル インストール、Virtual Desktop Infrastructure (VDI) または、Windows To Go を通じて配布する。
  • ユーザーの複数のデバイスをカウントする代わりに、ユーザーをカウントすることによってライセンスを簡略化する。個々のデバイスおよびライセンスを追跡する必要なく BYOD (Bring Your Own Device) シナリオを実現する。
ユーザー ベースの適切なオプションの選択方法、および Windows Enterprise へのアクセスとソフトウェア アシュアランスのその他の特典の詳細については、Windows 10 ボリューム ライセンス ガイド (PDF、1.58 MB) を参照してください。

関連リンク


(PDF、1.47 MB)




関連リソース

 
(PDF、1.58 MB)
Windows エディション および関連製品の概要についてご確認いただけます。
 
(PDF、836 KB)
仮想マシンで実行する Windows のボリューム ライセンスの使用権の概要をご確認いただけます。