アプリの新たな使い方により Microsoft Teams での生産性を向上

Microsoft Teams の新しい機能によって、アプリの新しい使い方が可能になり、チームワークのハブがさらに強力になります。たとえば、アプリのコマンドや Teams の操作をコマンド ボックスから実行できることに加えて、コンテンツをアプリから会話に取り込むこともできます。今回の機能追加は、昨年 3 月に Teams がリリースされて以来、単発の新機能のリリースとしては最大のものです。

ニュース記事などのコンテンツをアプリから会話に直接取り込めるようになりました。

Teams でのお気に入りアプリの新たな使い方

Teams は、チームに必要なすべてのものを 1 か所にまとめます。必要なアプリやサービスを統合でき、これには Office 365 アプリ (たとえば Excel) に加えて、パートナー企業からの Trello、InVision、SurveyMonkey なども含まれます。

今回、Teams での新しいアプリの使い方として次の方法を追加しました。

情報をアプリから会話に直接取り込む – コンテンツをアプリから会話に直接取り込むことができるようになりました。スクリーンショットや情報へのハイパーリンクを貼り付ける必要はありません。絵文字や GIF を追加する場合と同様に、クリックするだけで、情報をアプリからチャットやチャネル メッセージに貼り付けることができます。たとえば、特定のタスク (Trello)、作業項目 (Wrike)、天気予報などを検索し、その情報を含むインタラクティブ カードをメッセージに取り込むことができます。

情報を Wrike などのアプリから会話に直接取り込むことができます。

各ユーザー専用のアプリ ビュー – 個人用のアプリ領域が新たに追加され、自分に関係するアプリに簡単にアクセスできるようになりました。また、各アプリで自分に割り当てられたアイテム (Planner のタスク、Jira Cloud の課題、Bitbucket Cloud のフィルターやプル要求など) もここに表示されます。さらに、最近アクセスしたアイテム、たとえば OneNote のノートブックや Microsoft Stream のビデオもすぐにわかります。

Microsoft Graph を利用したアプリ Who も新たに追加されました。これを使用すると、社内の人物を名前やトピックで検索できます。個人用のアプリ領域にアクセスするには、左側のナビゲーション メニューで [] をクリックします。

Teams の個人用のアプリ領域を利用できます。

個人用のアプリ領域に Microsoft Stream を追加すると、同僚がアップロードしたビデオを視聴することができます。

新しい [ストア] で Teams 用アプリを見つける – [ストア] が一新され、Teams で使用可能なアプリやサービスを簡単に検索できるようになりました。アプリを名前、カテゴリ (「プロジェクト管理」、「分析と BI」など)、統合の種類 (ボット、タブ、コネクタなど) の条件で検索して、Teams 内の個人用アプリ ビューまたは特定のチャネルに表示できるようになりました。

新しい [ストア] では、アプリや統合を簡単に検出できます。

アプリへの命令、アクションの迅速な実行、検索のすべてをコマンド ボックスから

検索は、Teams をナビゲートして、探している情報を見つけ出すための 1 つの方法です。Microsoft では、コマンドの実行と検索を統合して、コマンド ボックスに移動しました。これにより、ユーザー、メッセージ、ファイル、アプリを検索できるだけでなく、このボックスから直接アプリに命令したり、アクションを迅速に実行したりできるようになります。

コマンド ボックスからアプリに命令する – アプリに対するクエリや命令をコマンド ボックスから直接実行できる機能は、現在展開中です。これにより、Adobe Creative Cloud の画像やニュース記事などの情報をアプリ内で検索して、特定の結果をチャットやチャネル会話に挿入できるようになります。Microsoft では引き続き、プロジェクト管理アプリでのタスクの作成や Visual Studio Team Services でのビルドの開始など、新しいコマンド機能を追加していく予定です。クエリおよび命令を実行できるアプリの一覧を表示するには、コマンド ボックスに @ を入力します。

スラッシュ コマンドを使用してアクションを迅速に実行する – ショートカットのスラッシュ コマンドをコマンド ボックスに入力すると、タスクを迅速に実行したり、Teams を移動したりできるようになります。たとえば、自分の状態を “退席中” に設定する場合、ユーザーをチームに追加する場合、同僚に電話をかける場合に、スラッシュ コマンドを使用できます。スラッシュ コマンドの使用を開始するには、/ を入力して、現在使用可能なコマンドの一覧を表示します。

Teams でスラッシュ コマンドを使用すると、アクションをすばやく実行できます。

フィードバックをお寄せください

これらの機能は本日からロールアウトを開始します。ご使用の Teams クライアント上でまもなく使用できるようになります。新しい機能をお試しになり、Teams の画面左下にあるフィードバック リンクからご意見をお寄せください。Teams を改善するためのご提案はございませんか。アイデアがあれば、UserVoice からお寄せください。また、既に提案されているアイデアに投票することもできます。Microsoft では、お客様からのご要望の優先度を決定する際、投票結果を参考にさせていただきます。お客様からお寄せいただいたフィードバックをもとに、今後も Teams の改善に努めてまいります。

– Microsoft Teams チーム


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。