Microsoft Planner の新機能で時間を管理する

Microsoft Planner は、チームと個人が作業をすばやく整理し、容易に共同作業し、プロジェクトの大小を問わず全員の認識を合わせるために利用されています。Planner の 4 つの新しい機能によって、プロジェクト スケジュールの可視性がさらに向上し、タスクのグループ化とフィルタリングが可能になり、期限が近づいたときに通知を受信することや、タスクを Outlook の予定表に発行することができるようになります。

ここでは、この 4 つの新機能の概要を紹介します。

  • [スケジュール] ビュー: タスク スケジュールを表示できるので、期限を守り、先の計画を立て、プロジェクトの状況を把握できます。さらに、週間タスクと月間タスクのビューを使用して、スケジュールをドラッグ アンド ドロップできます。 詳細については、サポート記事を参照してください。

  • [グループ] オプションと [フィルター] オプション: Planner の [グループ] オプションと [フィルター] オプションを使用すると、タスクについて、より詳細な洞察が得られるため、重要な期限を守るのに役立ちます。たとえば、タスクを期限でフィルタリングすると、間近に迫っている期限を把握しやすくなります。また、[グループ] 機能を使用して、まだ開始されていないタスクを表示すると、作業に優先順位を付けることができます。

  • 期限の通知: 翌週が期限のタスクをまとめたメール通知を受信できます。また、間近に迫っている提出期限を把握することもできます。

  • iCalendar 形式のフィード (近日提供開始): 予定表にタスクを発行することにより、スケジュールの作成が容易になり、時間管理をより適切に決定できます。タスクを Outlook カレンダーに追加すると、現在および今後のタスクのスケジュールを忘れてしまうことはありません。

これらは、Planner UserVoice フォーラムでユーザーの皆様から最もご要望の多かった機能です。[スケジュール] ビュー、[グループ] および [フィルター]、期限の通知機能は、現在、すべての Office 365 サブスクリプションをお持ちの方に提供されています。iCalendar 形式のフィードによる Outlook カレンダーとの統合は、まもなくロールアウトを開始する予定です。ご意見、ご感想をお待ちしております。フィードバックは、Planner UserVoice フォーラムからお寄せいただくことができます。Planner に今すぐアクセスしましょう!

Planner をまだご使用でない場合

Planner を使い始める絶好の機会です!ここで紹介した新しい機能を備えた Planner ならば、タスクと作業の管理に必要なものはすべてそろいます。Planner は Office 365 生産性スイートの一部であり、他の Office 365 アプリケーションと完全に統合されています。既に Microsoft Teams をお使いの場合も、Planner のプランを Teams ワークスペースの中でホストできるので、全員が 1 つの場所で共同作業できます。さらに、Planner のプランを Microsoft Project Online 内のタスクにリンクできるので、大きなプロジェクト プランを Project Online で管理しているときにその一部のタスクや作業の詳細を Planner で追跡するという使い方もできます。詳細については、Planner のページを参照してください。

– Planner チーム


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。