Windows Analytics で Meltdown と Spectre への対策状況が評価可能に

先月、業界全体における Spectre と Meltdown の脆弱性にお客様が対処するためのサポートから得られた 分析情報についてお伝えしました。世界中の IT 担当者からの最もお問い合わせが多い質問は、企業内の Windows デバイスが保護されているかどうかを評価する最も良い方法は何かということです。

これらのハードウェア由来のセキュリティ脆弱性は、私たちにとっての新たな課題になっています。お客様のデバイスでは、CPU のマイクロコード (ファームウェア) と Windows オペレーティング システムの両方を更新する必要があります。また、ウイルス対策ソフトウェアと最新の Windows 更新プログラムの互換性を保つ必要があります。

世界中の IT 担当者を支援するために、Microsoft は、無料の Windows Analytics サービス1 に、管理対象のすべての Windows デバイス2の状態を報告する新しい機能を追加しました。この新機能で確認できる情報は次のとおりです。

  • ウイルス対策ソフトウェアの状態: 一部のウイルス対策 (AV) ソフトウェアは、必須の Windows オペレーティング システムの更新プログラムと互換性がない場合があります。この状態に関する分析情報では、デバイスのウイルス対策ソフトウェアと最新の Windows セキュリティ更新プログラム3の互換性があるかどうかが示されます。
  • Windows オペレーティング システムのセキュリティ更新プログラムの状態: この Windows Analytics の分析情報は、各デバイスで実行されている Windows セキュリティ更新プログラムが示されます。また、これらの更新プログラムのうち無効になっているものがある場合には、それも表示されます。IT 管理者は場合によって、セキュリティ更新プログラムをインストールしても、修正プログラムを無効化していることがあります。Windows のエディションとセキュリティ更新プログラムの全リストについては、Windows カスタマー ガイドの記事をご覧ください。
  • ファームウェアの状態: この分析情報では、デバイスにインストールされているファームウェアの詳細を確認できます。その中でも特に、インストールされているファームウェアに、特定の必須の保護が適用されているかどうかを確認できます。当面の間この状態には、Intel4 から承認され、利用可能なファームウェア セキュリティ更新プログラムの一覧のみが表示されます。他の CPU (チップセット) パートナーのデータについても、今後 Microsoft に情報が提供されしだい追加する予定です。

Windows Analyitcs

現在、Windows Analytics は数多くのデバイスで使用されており、Windows の展開、サービス、サポートのコストを削減するための、データに基づく分析情報を提供しています。まだご利用でない場合は今すぐ使用を開始して、組織の保護対策を進めましょう。

Terry

LinkedIn | Twitter

注:
1 無料の Windows Analytics サービスには、Upgrade Readiness と Update Compliance が含まれます。他の Windows Analytics サービスについては、サブスクリプションが必要となる場合があります。詳細については、こちらをご覧ください。
2 Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 の各デバイス

3 以下の 2018 年 2 月の互換性に関するサポート技術情報で提供されている、最新の更新プログラムがデバイスにインストールされている必要があります。

  • Win7 SP1: KB2952664
  • Win8.1: KB2976978
  • Win10: KB4033631

4 Intel から提供されているため。お客様のデバイス向けのファームウェアのセキュリティ更新プログラムが提供されているかどうかは、CPU (チップセット) とデバイスのメーカーにお問い合わせください。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。