Microsoft 365 は、世界中の人々の働き方を支えるインテリジェントなアプリを構築する力を開発者に与えます

本日、毎年恒例の Build 会議で、AI と複合現実に支えられ最新のコンピューティング環境に合わせて設計された、インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジへと Microsoft のプラットフォームを根本から変革するためのビジョンと戦略について、Satya Nadella と Scott Guthrie が語ります。明日は、開発コミュニティの皆さんに向け、現在の複数の感知および複数のデバイスを利用する世界での Microsoft 365 の活用方法についてご紹介します。

Microsoft は以前から Build の場で、開発者プラットフォームとしての Windows と Office の大きな可能性について述べてきました。実際に、現在 Office 365 は月間 1 億 3,500 万人もの法人のアクティブ ユーザーを抱え、Windows 10 を搭載したデバイスは 7 億台に迫っています。

しかし、Microsoft の使命は基本的に、Microsoft と皆さんが一体となって Windows と Office 両方の力を Microsoft 365 プラットフォームでどれだけ有効に利用できるかにかかっています。

Microsoft 365 が Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security (EMS) を結び付けて包括的、インテリジェントで安全なソリューションとし、従業員の能力を高める様子を示す画像。

Microsoft 365 は、Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security (EMS) を結び付けて包括的、インテリジェントで安全なソリューションとし、従業員の能力を高めます。

よくご存知でない方のために説明すると、Microsoft 365 は Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Security (EMS) を結び付けて包括的、インテリジェントで安全なソリューションとし、従業員の能力を高めます。これは世界最大の生産性プラットフォームとして、インテリジェント エッジの不可欠な要素です。またこれにより、さまざまなデバイスの種類や、視覚や音声などのさまざまなコンピューティングの「感知」機能を含め、全体がスマートに機能するように、開発者は操作環境を作成できるようになります。

現在、皆さんの多くは自身を Windows か Office の開発者であると捉えているでしょう。Windows と Office のユーザーを対象にした Web 開発者であるかもしれませんし、モバイル開発者として、モバイルの操作環境をどのように他のデバイスと揃えるかを考えているかもしれません。今週の Build 2018 が終了したときには、皆さんが自分を Microsoft 365 開発者であると考えるようになっていれば幸いです。

新しい Microsoft 365 エクスペリエンスが顧客に大きな成功をもたらす

今週、Microsoft はさまざまなデバイスとプラットフォームを対象にした一連の機能と更新、そしてユーザーと開発者に向けた Web 環境とアプリケーション環境の高度な融合を発表します。 昨年の Build では、複数のプラットフォームを使用しているお客様に対する Microsoft の取り組みについてお話ししました。現在、この取り組みを拡張して、より多くの Microsoft 365 サービスをさまざまなプラットフォームやアプリケーションに展開するだけでなく、お客様の既存の Windows PC 環境を携帯電話とより適切に結び付けることで、開発者との連携が強化されるようにしています。今回の発表内容は次のとおりです。

  • Windows 10 で、お使いの携帯電話と Windows PC を結び付ける新しい方法。テキスト メッセージ、写真、通知に瞬時にアクセスできるようになります。1 つのすばやい動きだけで、携帯電話の写真をドラッグして Windows PC 上のドキュメントに簡単にドロップできるようになることを想像してみてください。携帯電話はポケットにしまったままです。この新しいエクスペリエンスは、Windows Insider Program で間もなく開始されます。

ノート PC とモバイル デバイスが Windows 10 経由で接続されている画像。

Windows 10 で、お使いの携帯電話と Windows PC を結び付ける新しい方法。テキスト メッセージ、写真、通知に瞬時にアクセスできるようになります。

  • Android 版 Microsoft Launcher アプリケーションの更新。企業ユーザーは Microsoft Intune から基幹業務アプリケーションに簡単にアクセスできるようになります。Android 版 Microsoft Launcher は、複数のデバイスにわたるアプリケーション起動のためのタイムラインもサポートするようになります。今日の iPhone または iPad の Microsoft Edge ブラウザーのセッションは、Windows 10 PC のタイムライン環境のときに含めます。明日は、今年中に iPhone 上のその同じタイムラインに Microsoft Edge を使ってアクセスできるようになることをお見せします。

更新後の Android 版 Microsoft Launcher アプリケーションでは、企業ユーザーは Microsoft Intune から基幹業務アプリケーションに簡単にアクセスできるようになります。

Android 版 Microsoft Launcher と iPhone および iPad 版 Microsoft Edge が表示されているノート PC とモバイル デバイスの画像。

Android 版 Microsoft Launcher と iPhone および iPad 版 Microsoft Edge にタイムラインが登場します。

  • さまざまなアイテムを簡単に整理し、前回の作業内容に戻ることができる Sets の更新。Sets を使用すると、同種のものをまとめることができるため、作成に必要な時間が短縮されて生産性が向上します。ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションは、初期設定のままで Sets と連携するので、開発者は顧客とのつながりを確保できます。そのうえで、いくつかの簡単な変更を加えると、Win32 アプリケーションや Web アプリケーションも Sets でサポートできます。

さまざまなアイテムを簡単に整理できる Sets を示したスクリーンショット。

簡単にさまざまなアイテムを整理し、前回の作業内容に戻ることができる Sets の更新。

  • Microsoft 365 でのアダプティブ カードのサポート。会話形式で充実した対話型コンテンツを作成できます。その結果として、エンド ユーザーは経費報告書の承認や GitHub での課題に対するコメント作成を、Outlook のメールや Teams のチャットから直接行うことができます。アダプティブ カードを基盤として、Outlook での支払い機能も導入します。Microsoft Pay を使用すると、受信トレイから直接、すばやく安全に請求書への支払いを行うことができます。多数の Microsoft パートナーが Microsoft Pay のサポートを Build で発表する予定です。

アダプティブ カードにより、開発者は会話形式で充実した対話型コンテンツを作成できます。

Microsoft 365 でのアダプティブ カードのサポートにより、開発者は会話形式で充実した対話型コンテンツを作成できます。

Microsoft 365 が開発者にもたらす新しいチャンス

Microsoft 365 プラットフォームの中心には Microsoft Graph があります。これにより開発者は、Microsoft Cloud 内の人、会話、スケジュール、コンテンツを線で結び付けることができます。Microsoft Graph の力を利用して、他では得られないコンテキストと分析情報を手に入れ、優れたアプリを開発しましょう。明日は、Microsoft Graph による新しいチャンスについて語るほか、新しいツールと Microsoft 365 の組み合わせにより、自由に選んだ言語とフレームワークで設計、作成できる柔軟性を手に入れ、人々がよりスマートに働ける方法を生み出せるようになるということについても説明します。今回の発表内容は次のとおりです。

開発者が Microsoft Cloud 内で人、会話、スケジュール、コンテンツを結び付けることに Microsoft Graph がどのように役立つかを示す画像。

  • Microsoft Graph で追加、更新された Microsoft Teams API と、Teams での組織固有のアプリケーションのサポートにより、開発者は企業や業界の独自のニーズに基づいて、求められているとおりのインテリジェントなエクスペリエンスを構築できます。開発したカスタム アプリを Teams アプリ ストアで公開することもできます。
  • SharePoint をさらに深く Microsoft Teams に統合SharePoint のページを直接 Teams のチャネルにピン留めできるので、より深いコラボレーションが可能になります。現代的なスクリプト ベースのフレームワーク (たとえば React) をプロジェクトの中で使用すると、さらに多くの要素を SharePoint ページの中に追加して整理することができます。
  • Fluent Design System のサポートに対応した更新。これにより、Microsoft の最新の設計言語を使って、没入感と強い魅力を備えた環境を作り出すことができます。すべての組織は、顧客により高い成果を上げる力を与える高度なソリューションを構築できるようになります。UWP XAML Islands では、Windows Forms、WPF、ネイティブ Win32 などの UI スタックを使用しても、従来よりも優れた機能、柔軟性、力を持つ XAML コントロールにアクセスできます。

Microsoft の最新の設計言語を使って没入感と強い魅力を備えたエクスペリエンスを作り出すことができる Fluent Design System のスクリーンショット。

  • .NET Core 3.0。開発者は最新バージョンの .NET を使用でき、スタンドアロン .NET 環境でアプリケーションを実行できるため、組織のインフラストラクチャ全般に影響を与えることのない、きわめて優れたアプリ環境を構築できます。これによりデスクトップ開発者は、アプリケーションのサイドバイサイド インストールのメリットを利用できます。これは、システム全体で .NET を更新しても実行中のアプリケーションには影響しないことを意味します。
  • MSIX。アプリケーションの大規模なカタログを簡単に変換できる包括的なソリューションです。信頼性が高く堅牢なインストールと更新、マネージド セキュリティ モデル、エンタープライズ管理と Microsoft Store 両方のサポートなど、UWP の優れた機能をすべて引き継いでいます。
  • 新しい Azure Machine Learning および JavaScript カスタム機能。開発者と組織は独自の強力な機能を Excel の数式カタログに追加できます。
  • Windows Machine Learning。新しいプラットフォーム。開発者は、インテリジェント クラウド内で Machine Learning モデルを簡単に開発し、それをオフラインの Windows PC プラットフォームに高いパフォーマンスで展開できます。

Windows デスクトップ アプリケーションを保守している開発者であれば、これらの最新ツールすべてを既存の資産と組み合わせて、Win32、WPF、Windows Forms の各アプリケーションで利用できます。明日は、Microsoft Store でチャンスを最大化するための取り組みについてもお話しします。これは、ゲームを除く消費者向けアプリで売上の最大 95% を配分するというものです。Microsoft Store の変更に関する詳細は、このブログ記事を参照してください。ここで言及した開発者にとってのチャンスの詳細については、Kevin Gallo のブログ記事を参照してください。

今週 Build で取り上げる話題のいくつかは、開発者の皆さんに今すぐ試用していただけます。それ以外のものは、来年中に公開されます。

私たちが取り上げるテーマはどれも、望みどおりのアプリケーションを構築する力と、エンド ユーザーが適切な選択を行える最大限の柔軟性を皆さんに提供するためのものです。ぜひ楽しみにしていてください。Microsoft 365 によって皆さんは、現在のスキルセットと現在のツールでより多くの成果を上げることができます。それは、ユーザーがより多くの成果を上げるために皆さんが貢献できることにつながります。

Microsoft の開発環境を使ってくださってありがとうございます。2019 年も活躍をお祈りします。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。