IT をシンプルにする Windows Autopilot の最新更新プログラム

Windows Autopilot で私たちが目指しているのは、新しい Windows 10 デバイスの展開作業をシンプルにすることです。具体的には、カスタム イメージの作成、管理、読み込みに伴うコストと複雑さを解消します。Windows Autopilot は、新しいデバイスを組織内に展開する方法を根本から変えます。現在では、組織の管理者が市販の Windows 10 デバイスを直接ユーザーに届けることが可能になりました。何回かクリックするだけで、デバイスは自動的に、業務に使える状態に設定されるので、ユーザーが新しいデバイスを使い始めるときに要する時間が劇的に短縮されます。

Windows Autopilot は Windows 10 デバイス展開のコストを大きく削減するだけでなく、ユーザーから見たエクスペリエンスはまるで魔法であり、IT 部門の関与を不要 (ゼロタッチ) にします。

このゼロタッチ エクスペリエンスをさらに拡張することになり、多数の新しい機能がプレビュー版として本日から Windows Insider プログラムで公開されることをお知らせします。

  • 自己展開モード: 現時点では、Windows Autopilot を利用するにはユーザーが基本的な設定 (地域、言語、キーボードなど) を選択することと、自分の資格情報を入力することが必要です。これは、Windows 10 Out-of-the-Box エクスペリエンスで行います。Windows Autopilot の新しい機能 “自己展開モード” を利用すると、ゼロタッチ エクスペリエンスを IT 担当者だけでなく、デバイスを展開するユーザーにまで拡張することができます。電源をオンにする* だけで、新しい Windows 10 デバイスを業務に使える状態に、つまり管理されセキュリティで保護された状態にすることができます。ユーザーの介入は必要ありません。管理者による構成に従って、自己展開されるデバイスを固定用途キオスク、デジタル サイネージ、または共用生産性デバイスにすることができますが、必要な操作は電源をオンにすることだけです。*
  • Windows Autopilot リセット: この機能は、ゼロタッチ エクスペリエンスを新しい Windows 10 デバイスの展開だけでなく、デバイスを別のユーザーのために転用する目的でのリセットにも拡張するものです。Intune 管理対象の Windows 10 デバイスを完全にリセットして再展開し、業務に利用できる状態にするまでの作業を、そのデバイスへの物理的なアクセスは不要で実現します。必要な操作は、Intune でボタンをクリックすることだけです。

Windows Insider 参加ユーザーは、これらの機能を最新の Windows 10 ビルドと Microsoft Intune で今すぐテストできます。

Insider コミュニティからのフィードバックを楽しみにしています。ここで紹介した機能の動作や、Windows Autopilot のさまざまな更新については、このビデオをご覧ください。

元のビデオはこちらです

Windows IT Pro ブログで、詳しい情報をご覧いただけます。

最後にもう一つ: 私たちが開発しているもののうち、かなりの部分がお客様からのフィードバックに基づいています。このことを念頭に置いて、Windows Autopilot の次のような新しい機能を 2018 年 4 月の Windows 10 更新プログラム (バージョン 1803) に追加しました。フィードバックに基づくこれらの機能も、本日から利用できます。

  • [登録の状態] ページ: Windows Autopilot をお使いのお客様から、デバイスを out-of-box セットアップするときに、構成済みのポリシーとアプリをそのデバイスにプロビジョニングする処理が完了するまではデバイスを保留状態にしておきたいというフィードバックを多数いただきました。この機能があれば、IT 管理者はデバイスが完全に業務利用可能な状態になったことを確認してからユーザーに使用させることができます。これは、”登録の状態” という機能として実装され、本日から 2018 年 4 月の Windows 10 更新プログラム (バージョン 1803) と Microsoft Intune で利用できます。
  • デバイス ベンダーのサプライ チェーンとの統合: Windows 10 OEM やハードウェアのベンダーが Windows Autopilot を自社のサプライ チェーンやフルフィルメント システムに統合できるようにしました。これで、組織がデバイスの購入手続きを完了した瞬間にデバイスは Windows Autopilot でその組織に登録されるようになります。その結果、Windows Autopilot デバイスを購入した組織とデバイス ベンダー/OEM のどちらも一切手を触れる必要のないゼロタッチでデバイスを登録することができます。デバイスのリセラーが Windows Autopilot をサポートしているかどうかについては、リセラーに直接お問い合わせください。
  • Windows Autopilot プロファイル自動割り当て: Azure Active Directory (AD) の動的グループを Windows Autopilot および Microsoft Intune と統合しました。その結果、Windows Autopilot プロファイル割り当てをすべての Windows Autopilot デバイス上で、ゼロタッチでできるようになりました。

前の記事でも述べたことですが、もう一度繰り返したいと思います。Windows Autopilot はまさに時代を変えるものです。ぜひ、少しお時間を取って詳しい情報をご覧ください

Windows Autopilot と共同管理機能を一緒に使用する方法については、こちらの概要ビデオをご覧ください

*ネットワーク接続と TPM2.0 が必要です。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。