Proposal Manager: 提案の成功率向上に役立つ金融サービス業向けソリューション

商業融資や企業融資の業界では、顧客獲得競争がますます激化しており、銀行や融資会社が得る利ざやは縮小の一途をたどっています。銀行の融資チームは、顧客の財務、担保財産、規制に対する監査証明などの一連のドキュメントを検索する必要があります。また、厳格な手順を踏んで、与信枠に伴うリスクと事業融資および資本融資の潜在収益を徹底的に分析する必要があります。融資の提案書には顧客の機密情報が含まれるため、プライバシー、セキュリティ、コンプライアンスについて厳格な基準が必要です。さらに金融サービス機関では、別々に独立したシステムや、コストが高いにもかかわらず処理速度は遅い手動プロセスがネックになって、一貫性のない結果や高いエラー発生率、およびコスト増を招いていることが少なくありません。

この競争の激しい市場で融資チームがビジネスを勝ち取るには、状況に応じた提案書を迅速かつ簡単に提供できる適切なツールが必要です。Microsoft 365 プラットフォーム上で構築された Proposal Manager は、次のような目的を達成するために設計された、特に法人向け銀行および商業銀行向けのソリューションです。

  • 融資プロセスの合理化、自動化、スピード アップ。
  • より効果的な提案書の作成。
  • 厳格な守秘義務を設けた、銀行全体でのコラボレーション。

このソリューションは、特定の垂直型業界のニーズに対応するため、Microsoft Financial Services チームと開発者によって開発されました。これは銀行特有の提案書を管理するための真のエンド ツー エンド ソリューションで、Microsoft 365 生産性スイート製品を使用してまったく新しく設計されており、このようなソリューションを提供するのは Microsoft の他にありません。

このソリューションは、自社の開発チームによってすべてカスタマイズして応用することができるので、融資チームは次のようなことを実現できます。

  • 本格的で成功を勝ち取る提案書を簡単に作成: 時間を節約し、創造性を磨き、本格的な支払い引受書を提供することで、成功率を上げ、信用リスク管理を改善することができます。
  • 提案書の管理を合理化: ドキュメント管理用に統合、自動化された安全なツールを使用して、商業融資および企業融資の組成プロセスを簡素化することができ、チームのワークフローとコラボレーションを管理することもできます。銀行の支店長は、バージョンの一貫性を保ちながら反復的な融資交渉を円滑に行うことができ、外出先のマネージャーに権限を与えたり、貸出部門がすばやく認可できるよう支援したりすることができます。
  • コラボレーションとチームワークを強化: 企業全体がつながれたコミュニケーションおよびコラボレーション ツールを使用して、連携して迅速に提案に対応することができます。リアルタイムで共有して共同作業することで、提案プロセスをシームレスに進め、厳しい期限を守ることができます。法人メール、音声、ビデオを使用して、提案書のレビューやホワイトボード セッションを先導することができます。

数字はうそをつきません。このようなソリューションは、企業に重要な影響を与えます。最近の Capgemini による調査では、商業銀行で事務処理を担当する従業員は、就業時間の 80% を反復的で手操作による作業に費やしていることがわかっています。同じ調査で、データ量が多い反復作業を自動化することにより、コストを 25% 以上節約できることもわかっています。従業員全員が、空いた時間に他の収益創出プロジェクトに取り組めるようになったらよいと思いませんか?

Proposal Manager ソリューションは、すべての Microsoft 365 E5 ユーザーが利用できるようになりました。既存の Microsoft 365 全体が統合されており、提案プロセスを顧客中心の安全で共同作業向けのアジャイル プロセスに変えることができます。展開には IT 部門が大々的に関与する必要はありません

営業マネージャーなどの企業リーダーの方々は、Proposal Manager のパンフレットをダウンロードし、IT サポートおよび開発チームと共に、このソリューションがどのように役立つかをご確認ください。IT 開発者の方々は、GitHub にアクセスして、今すぐ使用を開始することができます。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。