Microsoft 365 の 7 月の最新情報まとめ – アプリの統合とビジネス力の向上

今月、Microsoft の年次パートナー カンファレンス「Microsoft Inspire」が開催され、17,000 人もの方々にご参加いただきました。期間中は、チームワークを強化するための Microsoft 365 の新機能がいくつか発表されました。たとえば、無料版の Microsoft Teams などがあります。また、Microsoft 365 全体にわたって、企業が従業員を支援するために役立つ新機能が多数展開されました。具体的には、共通タスク管理の効率化、データの視覚化の強化などがあります。Microsoft では、これらの更新がお客様にとって有意義で役立つものにするために、皆さまからのフィードバックをお待ちしています。

ここでは、7 月に追加された新機能についてご紹介します。

SharePoint チーム サイトの Microsoft Planner 機能: Planner を SharePoint と統合して、新しいタスク管理機能をチーム サイトで直接利用できるようになりました。プランを SharePoint 内からチーム サイトに直接追加できるようになりました。また、Planner の掲示板やチャート ビューを SharePoint のページやニュース投稿に埋め込むこともできます。この統合により、チーム メンバーがプロジェクト タスクに簡単にアクセスして操作できるようになるだけでなく、重要なリソースを単一のリポジトリに保存することもできます。

SharePoint に表示された Planner プランのスクリーンショット。

新しい Planner Web パーツを使用すると、プランの情報をページやニュース投稿に直接追加できます。

Microsoft Excel でのスレッド形式によるコメントの表示: Excel にスレッド形式のコメントを導入しました。これにより、共有ドキュメントでの共同作業が改善し、WordExcelPowerPoint 全体で一貫した操作環境が提供されます。コメントがスレッド形式で表示されることにより、ドキュメントの内容に関する会話を簡単にフォローできるだけでなく、@メンションや入れ子形式の返信を使用して、同僚と直接対話することができます。これらの機能改善により、スプレッドシートでの複数人での共同作業が簡単になり、デバイスに関係なくコメントが読みやすく表示され、簡単に編集できます。

Microsoft Excel でコメントをスレッド形式で表示することにより、複数のチーム メンバーとの共同作業が容易になります。

Microsoft Power BI 用の Visio Visual: Power BI のサブスクリプションをお持ちのユーザーは、Power BI で直接 Visio の視覚化機能を利用できるようになりました。Visio Visual を使用すると、Power BI のデータ セットと Visio の視覚化ツールを使用して対話型の Power BI ダッシュボードを作成し、チャートやダイアグラムを使ってデータをすばやく図で示して比較できます。

Visio Visual は、Power BI 内でデータを探索するための新しい魅力的な方法を提供します。

Power BI の Microsoft 365 使用状況分析: Power BI の Microsoft 365 使用状況分析の一般提供が発表されました。Microsoft 365 使用状況に関するデータを Power BI に直接接続できるようになり、所有しているサービスをより詳細に把握するのに役立ちます。また、Teams 使用状況レポートが新たに導入されました。これには、組織の共同作業に Microsoft Teams がどのように使用されているかについての概要が表示されます。チャット、チャネル、会議などのさまざまな機能の詳細を確認することができます。Microsoft 365 使用状況分析を使用することにより、管理者は企業全体にわたってより効果的なサービスの導入を推進し、IT 費用をより有効に使うことができます。

LinkedIn Sales Navigator と Microsoft 365 の連絡先カードとの統合: Microsoft 365 の連絡先カードが拡充され、LinkedIn Sales Navigator の情報が含まれるようになります。この更新機能を使用すると、Office 365 の連絡先カードに見込み客や顧客に関するプロファイル情報を表示することができ、顧客とより強力な関係を築くことができます。

Web 版 Outlook に直接表示された LinkedIn Sales Navigator 情報のスクリーンショット。

Microsoft 365 の連絡先カードに表示された LinkedIn Sales Navigator の情報は、顧客との関係強化に役立ちます。

Microsoft 365 の連絡先カードに LinkedIn Sales Navigator の情報を表示する機能は、Microsoft 365 および Office 365 の企業ユーザーを対象に、Web 版 Outlook でまもなくロールアウトされる予定です。

その他の更新機能

  • Workplace Analytics ソリューションと MyAnalytics のナッジにより、チームは共同作業に関するデータに基づいたヒントを利用して、スマートな時間の使い方や仕事のやり方を習得できます。
  • Windows 用 Microsoft Whiteboard は、2018 年 7 月 12 日に一般提供が開始されました。
  • 金融サービス業向けの Proposal Manager は、融資チームが提案の成功率を上げるのに役立つ新しいソリューションです。Microsoft 365 E5 をお持ちのすべてのお客様を対象に提供が開始されました。
  • Outlook アドイン展開の一元管理が Office 365 企業ユーザーを対象に一般提供が開始されました。
  • Advanced eDiscovery の検索とタグ機能のロールアウトが開始されました。これにより、訴訟情報で最も関連があるデータを検出し、後でレビューするためにそのコンテンツにタグを付けることができます。
  • Microsoft 365 で、組織内の誰でもライブ イベントやオンデマンド イベントを作成できる新機能が発表されました。

本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。