Excel への AI 機能の追加—Ignite で本日発表された 4 つの新機能

Excel の強みは、そのシンプルさです。Excel の 3 つの柱として、行と列で構成されるデータ セル、強力な計算機能、データ処理に利用するツール群があります。このような機能により、Excel は非常に柔軟性のあるアプリとなり、世界中のさまざまな仕事や業種で何億人ものユーザーに日々利用されています。

本日、Microsoft は Excel の可能性をさらに高める 4 つの新しい人工知能 (AI) 機能をご紹介します。

  • アイデア
  • 新しいデータ型
  • 画像からデータを挿入
  • 動的配列

“アイデア” によるインテリジェントな提案

“アイデア” は、AI の機能を利用した分析情報サービスで、ユーザーは Office のフル機能を活用することができます。アイデアを使用すると、作業中のタスクに合った候補が先回りで表示され、本格的な文書、プレゼンテーション、スプレッドシートを短時間で作成できます。たとえば Excel では、アイデアによりトレンド、パターン、データ セットの外れ値が特定されるため、データを即座に分析、理解することができます。アイデアは本日より Excel で一般提供が開始されました。他のアプリについても、プレビュー版で PowerPoint Online から順次提供予定です。Excel または PowerPoint Online の雷のアイコンをクリックするだけで、アイデアが候補を表示し始めます。アイデアの詳細については、こちらのサポート記事をご覧ください。

Excel のアイデアを示すアニメーション画像

本日から新しいデータ型の一般提供開始

Excel は、数値を最大限活用するのに最適なツールです。そしてその Excel に、次のような機能が追加されました。リアルワールド データを認識できるようになりました。”株式” と “地理” から開始されます。AI を利用したこの新機能は、1 つのプレーン テキストを、豊富な情報が詰め込まれた対話型エンティティに変換します。たとえば、ブック内にある国の一覧を “地理” エンティティに変換することで、場所データを自分のデータ分析に取り込むことができます。この新機能はとてもシンプルなものですが、ここからまったく新しい世界が開きます。徐々に新しいデータ型を追加していますが、Excel の行、列、セル、論理エンジン、ツールを使用して、数字と高度なエンティティの組み合わせについて整理、分析、推論することができます。”株式” および “地理” データ型は、本日から一般提供が開始されます。データ型の詳細については、こちらのサポート記事をご覧ください。

Excel の "地理" データ型を示す画像

手動のデータ入力が不要に

[画像からデータを挿入] を使用すると、手書きしたものや印刷したデータ テーブルの画像を Android デバイスで撮影し、1 回クリックするだけでそのアナログ情報を Excel スプレッドシートに変換できます。新しい画像認識機能が、画像を Excel で完全に編集可能なテーブルに自動変換するので、データの手動入力は不要になります。[画像からデータを挿入] は、Android の Excel アプリで、まもなくプレビュー版で利用できるようになります。

モバイル デバイスで [画像からデータを挿入] を使用しているアニメーション画像

動的配列を使って、計算を簡単に

動的配列を使用して、高度な数式をより使いやすくなるように作業を進めています。動的配列を使用すると、配列値を返す数式が、隣接する空白セルにシームレスに “スピル” するため、返される配列値の取得が、単一セルで作業する場合と同じように簡単にできるようになります。新しい関数である FILTER、UNIQUE、SORT、SORTBY、SEQUENCE、SINGLE、RANDARRAY を使用すると、動的配列の新機能を今すぐ利用することができ、これまでは作成できなかった種類のワークシートを作成することができます。複数セルの問題を解決するために複雑な数式をいくつも入力する必要はなくなり、簡単な数式を 1 つ入力すれば、配列値を戻り値で取得することができます。

 Excel の動的配列を示すアニメーション画像

LOOKUP と MATCH 関数の高速化

Microsoft は、Excel に新機能を追加するだけでなく、お客様に既によくご利用いただいている機能の強化も継続的に行っています。たとえば、よく使われる LOOKUP 関数のパフォーマンスを飛躍的に向上させました。以前は数分かかっていた、大量のデータ セットに対する VLOOKUP、HLOOKUP、MATCH 関数の処理が、数秒で実行できるようになります。また、コピー/貼り付け、元に戻す、条件付き書式設定、セルの編集、セルの選択、フィルタリング、ファイルを開く、プログラミングなども、パフォーマンスが向上しています。

Excel の LOOKUP 関数を示すアニメーション画像

これらの新機能が、お客様にご満足いただけるものであることを願っています。Microsoft にとって、Excel はただのツールではなく、生き方そのものです。本日の発表は、データ処理とパフォーマンスを強化するだけではありません。新しいデータ型と AI を利用した分析サービスによって、アプリを新しい領域へと導くでしょう。今週中に Ignite でさらなるニュースをお伝えできることを、また、お客様に新機能を利用していただけることを、楽しみにしております。いつものように、お客様からのご意見を UserVoice までお寄せください。また、Facebook および Twitter でもご意見をお待ちしています。

提供状況

  • “アイデア” は、本日から利用できます。
  • 本日から、新しいデータ型が Office 365 の Excel ユーザーに提供開始されています (英語のみ)。
  • 本日から、まず Office 365 の Excel でパフォーマンスの向上が展開されます。
  • 本日から、Office 365 Insider プログラムにサインアップしたユーザーを対象に、動的配列をプレビュー版で利用できます。
  • [画像からデータを挿入] 機能は、Android Excel アプリの Office 365 Insider プログラムにサインアップしたユーザーを対象に、まもなくプレビュー版で利用できるようになります。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。