Microsoft Search: 総合検索機能でインテリジェントに検出、発見、コマンド実行、ナビゲート

昨年の Ignite で、Office 365 全体でのパーソナライズされた検索の機能を紹介しました。これは、インテリジェントな検索と発見を直接、皆様にご利用いただけるようにするものです。本日、このビジョンをさらに拡大して Microsoft 365 の中も外も検索の対象とすることを発表します。Microsoft Graph によって明らかになるディープなパーソナライズ済みインサイトに Bing の人工知能 (AI) テクノロジを適用することによって、ユーザーの組織内での検索をさらに有益なものにすることができます。

Microsoft Search によって、新しい組織検索エクスペリエンスが、日常的にお使いのアプリ (これには Bing.com や Windows も含まれます) に導入されます。これは、組織が持つデータのネットワーク全体をつなぐという Microsoft のビジョンを体現するものでもあります。

Microsoft は、「検索」という概念が持つ意味も進化させます。何ページもの検索結果が返され、他の情報へのハイパーリンクが張られているだけでは不十分です。人の注意力持続時間が短縮し続け、データは爆発的に増えるなかで、解決すべき課題とは、ユーザーの質問への回答を見つけて届け、インサイトを提示し、さらにユーザーが自分のタスクに対してアクションを取れるようにすることであると認識しています。これに基づいて、検索機能を強化してその対象をユーザーの仕事全体に広げ、ユーザーの生産性を高めるとともに、組織の集合知を活用できるようにしました。

Microsoft が目指しているのは総合的で首尾一貫性のある検索機能であり、どの画面でもすぐに目に付くようにすることと、ユーザーの組織のデータ全体、つまり Microsoft 365 の中も外も、すべてを検索できるようにすることです。

最初のステップとして、次の数か月の間に次のような変更を行います。

  • 検索機能は、皆様が日常的に使うすべてのアプリで同じ場所に、目立つように配置されます。Outlook でも PowerPoint でも、Excel でも Sway でも、OneNote でも Microsoft Teams でも、Office.com でも SharePoint でも、デスクトップか、モバイルか、Web かを問わず、検索バーは同じ場所にあります。
  • ユーザーが検索ボックスをクリックすると同時に、パーソナライズされた結果が返されます。たとえば、そのユーザーと共有することが多い人物や、そのユーザーが最近作業したドキュメントです。検索キーワードを入力しなくても、候補が表示されます。
  • 検索ボックスからは、ユーザーが作業しているアプリケーションのコマンドを実行することもできます。たとえば、英語版の Word でキーボードから「acc」と入力すると、操作の候補として “Accept Revision” (変更の承諾) や “Accessibility Checker” (アクセシビリティ チェック) が表示されます。あるコマンドを見つけるために、ツール バーを探し回る必要はなくなります。
  • 検索結果には、ユーザーの組織全体からの結果も含まれるようになります。たとえば、Word の中で、他の Word 文書だけでなく、自分が作業しているプレゼンテーションも見つけることができます。そのプレゼンテーションに直接移動することも、そのファイルからスライドを文書に直接挿入することもできます。
  • 同じ組織検索エクスペリエンスを、ユーザーが作業するあらゆる場所に広げます。つまり、Bing.com (Office 365 アカウントでサインイン済みのとき)、Edge、Windows です。ユーザーは検索したいときにいつでも、同じ方法で検索できます。
  • 組織検索結果の管理が統一されます。これには、管理者がキュレーションした結果 (ブックマークなど) も含まれます。

Microsoft Search を今すぐ体験

Microsoft Search の機能を実現する鍵は、ユーザーがどこで検索するときでも、結果のスコープを常に同じものにできるかどうかです。インターフェイスの見た目が違っていても、目標は同じエクスペリエンスを提供することと、その相互作用ポイントのコンテキストに適合させ、パーソナライズすることです。

Bing.com での Microsoft Search

この 1 年間に、企業 180 社がプライベート プレビューに参加し、ファイル、サイト、人、場所、グループを Microsoft Graph のデータに基づいて検索しました。このプライベート プレビューでのフィードバックに基づいて、Teams と Yammer の両方で同時に会話全体を検索する機能を発表します。

Bing.com での Microsoft Search を示す画像。

Bing 検索では、ユーザーの組織での結果と Web での結果の両方が返されるので、ここに来れば簡単に、自分の仕事の世界を幅広く検索できるとともに Web でも確実に検索できることになります。パブリック プレビューは本日からロールアウトを開始します。組織で利用するには、テナント管理者がオプトインする必要があります。詳細については、bing.com/business/explore を参照してください。

Office.com での Microsoft Search

Office.com で仕事に戻った後も、同じスコープで Microsoft 365 全体を検索できます。最近作業したドキュメントが見つかるだけでなく、ドキュメントの中で同僚が自分に言及している場合にそのドキュメントがおすすめとして提示され、前回閲覧したとき以降の進行状況を把握することができます。Office.com での Microsoft Search は本日から、対象指定リリースとなります。

Office.com での Microsoft Search を示す画像。

SharePoint モバイル アプリでの Microsoft Search

新しいバージョンの SharePoint モバイル アプリでは、アプリを起動したときの既定のエクスペリエンスとして検索機能が組み込まれています。一般的な質問、パーソナライズされた結果、よく利用される検索条件が一覧表示され、これらを組織がキュレーションすることができます。新しい SharePoint モバイル アプリは、本日からダウンロード可能です。

SharePoint モバイル アプリを使用しているモバイル デバイスを示す画像。

Outlook モバイル アプリでの Microsoft Search

Outlook モバイル アプリでも、検索はユーザー エクスペリエンスにおける重要な要素であり、コマンド、コンテンツ、人物へのアクセスの手段となります。”ゼロ クエリ検索” が採用され、カーソルを検索ボックス内に置くだけで提案が表示されますが、これには AI と Microsoft Graph が活用されています。iOS 版と Android 版の Outlook モバイル アプリは本日からダウンロード可能です。

Outlook のゼロ クエリ、ファジー検索、インテリジェント テクノロジに基づく上位結果提示の機能は、首尾一貫性を促進するために他のエンドポイントにも導入される予定です。Windows、Mac、Web での Outlook の検索機能強化は、9 月半ばのリリースを目標としてロールアウトを開始しています。

組織のすべてのシステムのデータをつなぎ、キュレーションする

境界のない検索が効果を発揮するかどうかは、検索でアクセスできるソース次第です。Microsoft は、組織がサードパーティのサービスやアプリケーションのデータも大量に保有していることを認識しています。2019 年には、よく利用されているサードパーティ アプリケーションへのネイティブ コネクタを開発する予定です。これで、Microsoft のデータと同様に検索結果が返されるようになり、このことは Office、Windows、Edge、Bing.com など、どこで検索するときにも利用できます。管理者は、サードパーティ アプリケーションへの既存の投資に応じて、どのコネクタを組織で使用するかを選択できます。API を使用して、さらに拡張することも可能です。組織の検索ソースや検索結果の表示をカスタマイズして独自の絞り込み条件や業種を追加でき、情報のソースを結果ページにどのように表示するかを制御することもできます。

2019 年上期に導入予定

Office での Microsoft Search

新たに Office スイート全体の検索機能がリボンに追加され、デスクトップ、モバイル、Web のどの Office アプリでも同じ方法で同じ結果が得られます。検出、コマンド実行、ナビゲーション、発見を、同じ検索ボックスから直接行うことができます。

ノート PC で開いた PowerPoint スライドの中でユーザーが Microsoft Search を使用していることを示す画像。

Windows での Microsoft Search

タスク バーから直接、検索を実行してローカルと組織の両方のデータを検索します。人物、オフィスの場所、自分のファイルなど、何でも Windows で見つけることができます。

Microsoft Search を Windows スタート画面で使用していることを示す画像。

次の予定

Microsoft Graph はユーザーが仕事でかかわる人、サイト、デバイス、ドキュメントからインサイトを収集し、これをベースとしてユーザーの組織に関する学習を継続します。これは、ユーザーやその同僚がどこで作業するかを問いません。ユーザーが必要としているものとの関連に基づいて、検索結果をランク付けします。ユーザーが指定した条件を満たす結果がすべて表示されますが、検索がパーソナライズされているので、そのユーザーの目的を果たす可能性が高い順に結果が表示されます。

Microsoft Graph に Bing からの高度な AI テクノロジと世の中に関する知識を組み合わせると、インサイトに満ちたテクノロジという Microsoft のビジョンを拡張して、自然言語で質問して本物の回答を受け取るという処理をシンプルに、手作業での介入なく実現できるようになります。たとえば、「私の弟が私の会社で私の部下として働けますか?」という質問に答えるには、この質問を文法的に解析することに加えて、意味を理解することが必要です。組織の人事ポリシーとして「近親関係」が規定されていることがあるので、Bing の世の中に関する知識を使って「弟」を検索した結果と、組織のイントラネットでの検索結果とを組み合わせて回答を導き出します。

この機械読解技術の使用は一例にすぎません。今後もさまざまな形で、Microsoft Search をより良いものとしていく予定です。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。