Microsoft 365 への投資をさらに活かす SharePoint のカスタマイズ

世界各地で多数の開発者が SharePoint Framework を使い、細部までのカスタマイズや新しいアプリケーション タイプを作り出しているおかげで、その何倍もの SharePoint ユーザーが、SharePoint Framework を利用したモダンなチームとコミュニケーションのためのサイトを体験できるようになっています。SharePoint Framework で作成された拡張機能の使用は急増を続けており、6 か月ごとに 2 倍という速さです。このようなカスタマイズされた SharePoint サイトは、組織、部門、チームが最高の仕事を披露できるステージとなります。さらに、現在プレビュー中の新機能によって、同じエクスペリエンスが Microsoft Teams でも可能になります。開発者とビジネス リーダーはビジネス上の問題を解決する新しいアプリケーションや新しいカスタマイズを求めていますが、Microsoft は SharePoint Framework とその基盤である SharePoint が、Microsoft 365 のエクスペリエンスを組織に合わせてカスタマイズするための魅力的で使いやすい選択肢であると確信しています。

SharePoint Framework でできることが急速に拡大

20 か月前の発表以来、SharePoint Framework は進化を続けており、サポートするユース ケースが増加を続けるとともに (ビジネス データ ダッシュボード、ドキュメントの統合など)、全社的なリンクやツールを提供してきました。発表後 8 回目となる SharePoint Framework の今回の更新でも新機能が追加され、たとえば保有する Office 365 サイトすべてへの展開を容易にするオプションが追加されました。また、Office 365 を使用してアプリケーション要素をホストすることもできるようになり、さまざまな Web サービスと連携するための機能も組み込まれています。SharePoint Framework はオンプレミスの SharePoint Server 2019 とも連携し、さらに SharePoint Server 2016 とも機能パック 2 を介して連携します。

次なる目標: Microsoft 365 全体のアプリケーションの基盤

最新リリースの SharePoint Framework はおそらく、最も重要なものとなるでしょう。プレビュー中の新機能によって、開発するアプリケーション エクスペリエンス全体を Microsoft 365 のコンポーネント上に構築できるようになります。開発者がよく知っている SharePoint という枠の中で、作成したアプリケーションをホストすることができます。この方法では、Microsoft Graph のサービス、SharePoint のリスト、ドキュメント ライブラリなどのインフラストラクチャを活用し、そのすべてを一つのアプリケーション ページに集めて集中管理型でホストします。

SharePoint Framework は拡張され、Teams 内のアプリケーションの基盤となります。最近発表された相互運用機能を通して、Teams のタブを Web パーツやアプリケーションとして SharePoint に表示することや、SharePoint の Web パーツを Teams に表示することができるようになりました。さらに、ドキュメント ライブラリのカスタマイズも Teams のドキュメント ライブラリに反映されます。チームが共同作業を行う場所に関係なく、SharePoint のページとドキュメントを基盤として構築されたカスタマイズの結果は常に手元にあることになります。

Microsoft Teams でホストされている、カスタム潜在顧客管理システムの SharePoint Framework Web パーツの画像。

Microsoft Teams でホストされている、カスタム潜在顧客管理システムの SharePoint Framework Web パーツ。

SharePoint Framework の使用を開始するためのリソース

強力なコミュニティのおかげで、SharePoint Framework の使用を開始するためのさまざまなリソースがそろっています。最近リリースされた SharePoint スタート キットには、多数の Web パーツや拡張機能が含まれており、SharePoint サイトを開発するときに利用できます。さらに、SharePoint パターンとプラクティスのコミュニティで提供されている一連のトレーニングとビデオ コンテンツは、SharePoint でできるさまざまなことを学習するのに役立ちます。はじめての SharePoint Framework Web パーツの作成を 1 時間以下で完了することができます。SharePoint の新しいソリューションへの投資を今すぐ開始すれば、Microsoft 365 全体でエクスペリエンスをカスタマイズするための優れた基盤が確立されます。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。