Microsoft 365 の 11 月の最新情報まとめ – 作業の流れを保ち、コンテンツに磨きをかけるためのツール

今月リリースした Microsoft 365 の新機能は、ユーザーが作業の流れに集中しながら充実した魅力的なコンテンツを作るのに役立ちます。

この記事では、11 月の新機能をご紹介します。

作業の流れを保つ

作業フローの中でよく行うタスクを単純化して時間を節約するための新機能を Microsoft 365 に導入します。

To Do の追跡管理や他の人との共同作業のための Word の新しい AI 機能: Word で作業しているときに文章を書くことに集中するのが、さらに簡単になりました。Word で To Do アイテムを入力すると (たとえば「TODO: このセクションを完成する」あるいは「<<ここに結語を挿入する>>」)、To Do として認識され、追跡の対象となります。ユーザーがこの文書をもう一度開いたときに、未完の To Do の一覧が表示され、その 1 つをクリックすると該当する場所に移動できます。さらに、To Do アイテムの中で他の人に @メンションすると、その人への通知が自動的にメールで送信されます。この通知の中に、文書内の該当する場所への “ディープ リンク” があります。この新しい機能は、Office Insider の参加者を対象に Mac 上の Word のプレビュー版として本日から提供を開始します。Office 365 のサブスクリプションをお持ちのすべてのお客様にもまもなく提供される予定です。

外出先でもより多くのタスクを実行するための新機能を iOS と Android 用の Microsoft Teams に追加: 最新の Teams モバイル アプリには、外出先での生産性を高める機能が追加されています。たとえば、会議のスケジュールを設定することや、組織のディレクトリの中で同僚を検索することができます。”通知オフ” 機能を利用すると、プッシュ通知を抑制して他の活動に集中できます。これらの機能を、Teams モバイル アプリで使用できるようになりました。

Microsoft Teams の通知オフ設定画面が表示されているスマートフォンの画像。通知オフは午後 7 時から午前 7 時までに設定されています。

Outlook on the web でメール処理の流れを止めずにタスクを管理: 新しい Outlook on the web では “タスク” 機能が更新され、メールを [タスク] ウィンドウにドラッグ アンド ドロップするという方法でタスクを作成できるようになりました。タスクのスケジュールを設定するには、タスクを [タスク] ウィンドウから予定表にドラッグします。これで、タスクを外出先でも To-Do アプリで確認できます。[タスク] ウィンドウの新しい機能の導入は、新しい Outlook on the web の使用を選択したお客様を対象として 2018 年 12 月から開始します。

 

Outlook on the web への新しいサインイン方法: Outlook on the web にもっと簡単にサインインできるようにしたいというフィードバックをいただいています。12 月から、Office 365 のアカウントを保有して Outlook on the web を使用しているユーザーは、職場または学校のアカウントに www.outlook.com からサインインできるようになります。www.outlook.com からサインインすると、そのユーザーの組織のサインイン ページにリダイレクトされます。このページには、ユーザーが入力したメール アドレスが自動的に入力されます。この後は、組織のプロセスに従ってサインインします。

より充実した魅力あるコンテンツを作成する

PowerPoint の中でより充実したコンテンツを作成するのに役立つ、新しいインテリジェンス機能を Microsoft 365 に導入します。

PowerPoint のエディターでより良い文章に仕上げる: エディターは、機械学習と自然言語処理を活用したインテリジェントな校正と編集のサービスであり、文脈に応じた改善案を提案することができます。たとえば、言葉の選び方が不自然な箇所や文法の誤りを見つけて修正候補を表示するとともに、明確な文章にするためのガイダンスを提示します。 PowerPoint のエディター機能の提供は、Office 365 サブスクリプションの全ユーザーを対象として 2018 年 12 月から開始する予定です。

聞き手を引き込む PowerPoint の対話型フォームとクイズ: Microsoft Forms が Office 365 の PowerPoint と統合され、講演、研修、授業などの参加者とシームレスにつながり、対話できるようになりました。聞き手からのフィードバックをリアルタイムで受け取るためのフォームやクイズを、PowerPoint の中で利用できます。使用を開始するには、PowerPoint の [挿入] で [フォーム] アイコンをクリックして、新しいフォーム/クイズを作成するか、作成済みのものを挿入します。

その他の更新

  • 本日、Office アプリのアイコンのデザイン変更を発表しました。Office の伝統を尊重しつつ、未来を意識したデザインになっています。これらのアプリ アイコンの特徴はビジュアルの柔軟性で、製品の変化や人々の新しい働き方を反映しています。
  • AI 機能 (ビデオの中の話者を識別する顔検出、音声テキスト変換とクローズド キャプション、トランスクリプトの検索とタイムコードなど) が、Office 365 Enterprise、Firstline Worker、Education のすべてのプランで Microsoft Stream を通して利用できるようになりました。
  • ユーザー名とパスワードの代わりに、Windows Hello または FIDO2 デバイスを使って Edge ブラウザーで Microsoft アカウントにサインインできるようになりました。
  • Office カスタマイズ ツールの提供を開始しました。組織に展開する Office 365 ProPlus やその他のクイック実行で管理される Office 製品のカスタマイズを、シンプルで直感的な Web ベースのインターフェイスで行うことができます。

本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。