パワーとシンプルさ: Outlook モバイルの新デザインでよりスピーディな作業を実現

本日、iOS 版 Outlook の更新のロールアウトを開始します。この更新に含まれているのは、認識しやすいアバター、最適化されたスワイプ、使いやすいスクロールなど、Microsoft のこれまでのデザイン主導の取り組みを反映するものであり、ユーザーがつながり、整理し、仕事を遂行するのに役立ちます。これまで、iOS 向けと Android 向け両方の Outlook について細部まで調整を続けてきた結果として、ユーザーの目標達成までの時間を短縮するとともに、外出先での時間を最大限に活用できるようになりました。

デザインは Outlook の核心となりつつあり、このことは今年の夏に発表した Office 365 のユーザー エクスペリエンスの更新と、先週公開した新しいアイコンにも反映されています。Outlook モバイルはこの新しいアイコンを導入する最初のアプリとなる予定であり、Office 365 スイート全体もそうであるように、デザイン思考と職人気質が Outlook モバイルの進化の原動力となってきました。1 億台を超える iOS と Android のデバイスで利用され、アプリ ストアでの評価が常に 4.5 を超えている理由の一つは、ここにあります。

良いモバイル版を作るには、単にデスクトップのデザインを縮小するのではなく、モバイル特有のデザインの可能性や制約を理解したうえでプロセスを見直す必要があります。デスクトップとは異なり、モバイル デバイスはユーザーがポケットやバッグに入れて持ち運ぶものです。常に手元にありすぐに使用できるという特性から、ユーザーそれぞれに合わせた、効率的で、楽しさのあるエクスペリエンスが求められ、したがってモバイルファーストのアプローチが必要になります。

モバイルでの作業は、一連のごく小さなタスクで構成されますが、そのタスクとタスクの間が分単位ではなく秒単位となる傾向が強くなっています。その結果、エクスペリエンスの設計にあたっては文字の入力やタップを減らすことが不可欠になります。そして、ユーザーの注意をそのとき最も重要なものに引きつけることと、重要なコンテキストが常に一目でわかることが必要となります。

このような、ごく短いタスクの連続というニーズに応え、ユーザーの共鳴を呼ぶエクスペリエンスを作り出している Outlook モバイルは、快適、シンプル、パワフルなエクスペリエンスを特長とし、アプリでの作業を始めるときも終えるときもすばやく快適、簡単です。このことを実現するために、次のモバイルファースト デザインの基本方針に従っています。

  • 比類なき職人気質を発揮し、細部まで気を配る。
  • 速く、焦点を絞ったエクスペリエンスを作り出す。
  • 重要なコンテキストが一目でわかるようにする。

これらの方針がどのように実践されているかを見てみましょう。

質と楽しさを追求する職人気質

素晴らしいエクスペリエンスは、見えるだけでなく感じられるものです。デザインするときは、Outlook モバイルが速く感じられるように、細部まで気を配っています。

iOS 版 Outlook の新しいデザインには、新しい感覚フィードバックを取り入れました。デバイスを手で持っているときに、感情に訴えるエクスペリエンスを作り出すためです。メールを右または左にスワイプすると、色、形、画像表現がわずかに変化します。 そのメール メッセージの四隅が、角張ったものから丸みを帯びたものに変化します。これは比喩的に、そのメッセージをメッセージ リストから取り出して目的の場所に送ることを表しており、触覚フィードバックが使用されています。

楽しさについては、ミリ秒単位で表れる反応としてユーザーに届けています。たとえば、予定表の新しいアニメーション アイコンは、ユーザーが予定一覧をスクロールすると前後に揺れます。また、受信トレイの中では、複数の会議の時間が重なっている可能性があるときにそのことを知らせる機能があります。このような職人気質によって、Outlook モバイルはユーザーが一日の予定を次々とこなしていくときも楽しくパワフルな体験を可能にしています。

速く、焦点を絞る

今後数週間にわたって iOS 版 Outlook の変更をロールアウトしますが、おそらく最初に気づかれることは、はっきりとした色が作り出す、より活気に満ちたエクスペリエンスでしょう。一般的に、ユーザーは自分のデバイスに多数のアプリをインストールしており、したいことを完了するためにアプリをすばやく切り替えています。

アプリのヘッダーにはくっきりした色と文字体裁を採用しているので、単色使いが多いアプリをすばやく切り替えるときに Outlook を見つけやすくなり、すべきことを迅速に完了して重要な仕事に戻るのに役立ちます。エクスペリエンスはモバイルのメール、検索、予定表で共通しています。Outlook を大型画面で使用している場合は、青色のヘッダーからおなじみの受信トレイと予定表にからアクセスでき、このことはどのデバイスの Outlook でも同じです。

ネイティブのアプリとして、ネイティブのフォントと文字体裁使用を採用しているので、Outlook はどのデバイスでも快適に使用することができます。iOS では文字体裁がよりくっきりと、大きくなりましたが、エクスペリエンスが損なわれることはありません。iPhone や iPad でスクロールするときに、ヘッダーのサイズが動的に縮小してメッセージ一覧が拡大され、探しているメッセージを見つけやすくしています。

コンテキストに応じた関連性

新しい iOS のリフレッシュに合わせて、中核的なエクスペリエンスの使いやすさも改善しました。優先受信トレイの切り替えとメッセージ一覧のフィルタリングの機能は、その時点のコンテンツとアカウントに合わせて動作するようになり、明確さと信頼性が向上しています。

アカウントを 1 つだけ持つユーザーの場合は、そのユーザーのアバターがアプリの画面に表示されます。複数のアカウントと予定表をアプリに追加済みの場合は、アカウント アイコンを手がかりにして簡単に切り替えることができるようになりました。明るい、くっきりとしたアバターは連絡先にも追加されるため、メッセージ画面では送信者をすぐに識別でき、ほかにも検索画面ではやり取りが多い連絡先、会議出席依頼では出席者を識別しやすくなります。

さらに、チームの空き時間状況がわかっているときにイベントのスケジュールを設定する作業を、キーボードから 1 文字も入力せずに行うことができます。Outlook モバイルでのスケジュール設定機能は、必要となる人、日付、場所の要素のすべてをコンテキストに取り込むように設計されているので、予定表の周囲にあるオプションをスライドするだけで、キーボードからの入力は不要で都合のよい日時と場所をすばやく見つけることができます。iOS と Android 両方での改良を重ねた Outlook モバイルはさらにパワフルになり、ユーザーの目標達成と時間の節約に役立ちます。したがって、日々の大切な仕事にすぐに戻ることができます。

ユーザーが予定表にブランチを追加するところを示す、スマートフォンのアニメーション画像。

フィードバックをお送りください

私たちは日々支えてくださるお客様に感謝し、いただいたフィードバックをもとにアプリの品質向上に努めています。本日ロールアウトを開始した iOS 版 Outlook の新しいエクスペリエンスを気に入っていただけることを願います。Outlook モバイルをダウンロードして、今回の更新がどのように作業のスピードアップと時間の節約に役立つかを、ぜひご体験ください。お客様からのフィードバックは、今後もお客様の目標達成に役立つ最高の製品をお届けできるよう改善を続けるうえで、きわめて重要です。ぜひ、こちらからご意見をお聞かせください。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。