Microsoft Teams を使用して、現場の最前線で働く従業員がより効率的に作業できるようにするための 3 つの方法

本日、現場の最前線で働く従業員が最高の仕事をするために役立つ Microsoft Teams の 3 つの新機能をご紹介します。現場の最前線で働く従業員は、小売、接客、旅行、製造などのさまざまな業界において、サービスまたはタスクを優先的に行う役割があり、世界中に 20 億人以上存在します。

Microsoft では、現場のデジタル効率を高めるための新機能を導入し、Teams を拡張しています。本日発表する内容には、位置情報の共有などのモバイル専用機能を備えたカスタマイズ可能なモバイル エクスペリエンス、Teams と人材管理システムの統合を実現するシフト スケジューリング ツール用の Graph API、マネージャーや従業員が Teams 内で同僚を簡単に評価できるようにするための新しい Praise 機能が含まれます。

ここでは新機能について見ていきましょう。

カスタマイズ可能な Teams モバイル エクスペリエンスおよび新しいモバイル機能を使用して、現場の最前線で働く従業員が通信と共同作業を効率的に行えるようにする

小売業者、航空機乗組員、フィールド サービス従業員などの現場の最前線で働く従業員は、仕事の性質上、常に移動しています。多くの場合、このような従業員は組織内で他者と情報を共有する必要があるため、セキュリティ保護されていない個人ユーザー向けチャット アプリを使用して同僚と通信しようとします。しかし、この場合はセキュリティとコンプライアンスのリスクが生じるほか、プロセスが非効率的なものになります。本日は、移動中に通信と共同作業を効率的に行うために必要なツールを現場の最前線で働く従業員に提供する、カスタマイズ可能な新しいモバイル Teams エクスペリエンスをご紹介します。これはシンプルで使いやすく、セキュリティ保護されているほか、位置情報の共有スマート カメラなど、現場の最前線で働く従業員に特に関係のあるいくつかの新しいモバイル専用機能や、音声メッセージを記録および共有する機能も備えています。カスタマイズ可能なモバイル エクスペリエンスは、今日より利用できます。

従業員には、その役割に応じて異なる機能が必要です。プライベート チャット、カレンダー、および通話へのアクセス権が必要となる場合もあれば、チームおよびチャネルへのアクセス権のみが必要な場合もあります。IT 管理者は、必要とする最も重要な Teams 機能に対し、各従業員に役割ベースのアクセス権を付与できるようになりました。この機能は、あらゆる役割の従業員に対して使用できます。その際に、IT 管理者はカスタム ポリシーを作成するか、または新たに提供されるようになった 現場担当者構成ポリシー テンプレートを使用するかを選択できます。従業員は、最も必要なモジュールをモジュール トレイからナビゲーション バーに固定することで、エクスペリエンスをさらにカスタマイズできます。

3 台の iPhone に Teams の新機能が表示されている。すべての会話の一括管理 (左)、位置情報の共有と音声メッセージの記録 (中央)、およびナビゲーション メニューのカスタマイズ (右)

カスタマイズ可能なモバイル Teams エクスペリエンスと新しいモバイル機能: すべての会話の一括管理 (左)、位置情報の共有と音声メッセージの記録 (中央)、およびナビゲーション メニューのカスタマイズ (右)。

新しい API を使用して人材管理システムと Teams を統合する

多くの企業は、人材管理システムを利用して、シフトのスケジューリング、給与、福利厚生、時間、勤怠など、現場に関連する重要な運用タスクを管理しています。Microsoft では、組織が既存の人材管理システムと Teams を統合できるようにする、新しい API のセットを開発しています。

最初の API は、Teams でのスケジュール管理ツールである Graph API for Shifts です。すべてのお客様が Shifts を Teams で使用できるようになり、新しい API を使用して Shifts と企業のスケジューリング システムを統合できます。これによりマネージャーや従業員は、Teams から直接、人材管理システムにシームレスにアクセスできるようになります。Graph API for Shifts は、今四半期にパブリック プレビューが提供されます。

Microsoft Teams の Shifts 機能が表示されている 2 台のスマートフォンが並んでいる画像。

Shifts を使用すると、マネージャーはシフト スケジュールを簡単に計画し、チーム メンバーはスケジュールを確認してスケジュールの変更を要求することができます。これらはすべてリアルタイムで行うことができます。

新しい Praise 機能を使用して、現場の最前線で働く従業員と連携し意欲を高める

小売業者などの現場の最前線で働く従業員は、企業のブランドを代表する主要な役割を果たしますが、この部門の人材は高い離職率を示す場合があります。従業員との関係を深め、また従業員を評価するための措置を講じれば、従業員の満足度が高まり、離職率を低下させる大きな効果が期待できます。今四半期に展開される新しい Praise ツールを使用すると、マネージャーおよび従業員は Teams アプリ内で同僚を簡単に評価でき、チーム全体が見ることができます。

Teams で使用される新しい Praise 機能が表示された 2 台のスマートフォン。

Praise を使用してバッジの共有をし、あらゆる成功を祝ったり、評価をチーム メンバーに伝えたりして、より強い仲間意識を築きましょう。

次週は、年に一度の小売産業会議である NRF 2019 に Microsoft チームのメンバーが出席します。ブース #3301 にお越しください。また、Teams によって現場の効率を高める方法の詳細について、現場の最前線で働く従業員向けの Teams に関するページもご覧ください。

本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。