クラウドストレージの特徴と企業が利用できる 6 つの場面

柔軟性の向上、生産性の向上、先行投資とコストの削減の可能性を生み出すクラウドが、もはや多くの組織にとって、隠し持っているようなものではなく、当然もっているものとなってきました。長年多くの企業では、セキュリティ上の理由やその他の懸念から、クラウドの使用を公表していませんでした。しかし、最近のデータでは、クラウドの利用が増加していることがわかっています。 RightScale の第 5 回年次クラウド実態調査によると、2015 年に 58% だったハイブリッド クラウドの利用率は、2016 年には 71% に増加しました。それだけではなく、1,000 台以上の VM をパブリック クラウドに保有している企業の割合は、2015 年の 13% に対して 17% に増加しました。

多くの人にとって、「クラウド コンピューティング」と「クラウド ストレージ」は同義語であり、そのように見なされる理由も理解できます。クラウド セキュリティ アライアンスが発行しているクラウドの使用状況レポートでは、クラウドストレージは、アプリ数が最も多いクラウド アプリのカテゴリであると断定されています。このカテゴリは、最も危険性の高いカテゴリであるとも考えられています。しかし、クラウドは、法人向けクラウド ストレージだけではなく、他にも多くの用途があります。

以下では、企業で実現できるクラウドの 6 つの用途について説明します。

  1. モバイル ワークスペース: クラウドは、従業員がどこからでも作業できるようにするために企業が必要とするツールを提供します。メールや重要なドキュメントをクラウドにアップロードして保存するのは、そのためです。そうすることで、実際にクラウドで作業を完了させることができます。ファイルの共有は、クラウドでモバイル ワークスペースを実現する、もう 1 つの大きな理由です。組織は、ホストされたクラウド環境を使用すると、メールで送信したくない大きなファイルや機密情報をファイル保存する場所を確保できます。一部のクラウドストレージ プロバイダーは、使い慣れたツールを使用してドキュメントをグループで (しかも同時に) 簡単に編集できるようにしています。
  2. メール: クラウドを使用してメールをホスティングする方法の優れた点は、どこからでもメールにアクセスできることです。これは、従業員が出張したり、自宅で作業したりする場合に特に重要です。今日のビジネス界では、メールはミッションクリティカルなアプリケーションであると見なされているため、高い信頼性を確保する必要があります。(専用の Exchange サーバーをホスティングする代わりに) クラウドを使用すると、サーバー稼働時間とメール容量の心配はなくなります。

データを生き生きと表現する

リッチで魅力的なストーリーを作り、データを思いどおりに可視化する方法を紹介します。 

無料 e-Book を入手する
  1. ファイル バックアップ: 特にどのドキュメント、メールなどが重要であるかがはっきりとわからないため、組織がファイルのコピーをクラウド バックアップすることは必須です。古いバックアップ システムでは、物理ディスクまたはテープを使用し、いっぱいになると、倉庫に送る必要がありました。オンラインストレージサービスを使用すると、信頼性のあるファイル バックアップを容易に行うことができ、便利です。これは、オフィスを移転する際または機器を変更する際に特に有用です。また、洪水などの自然災害や火災などの人為的災害から情報を保護するために確実に役立ちます。
  2. Web サイト ホスティングと e コマース: 今日の変化の激しい社会では、読み込み速度の遅い Web サイトは必要とされません。Web サイトやオンライン ストアをクラウドでホストすると、ダウンタイムは大幅に削減されるだけでなく、ほとんど発生しません。また、特に信頼できる企業向けクラウドストレージ プロバイダーにサービスの管理を任せる場合、クラウドは拡大縮小できます。つまり、休日や大規模なセール期間中など、大量のトラフィックが予想される場合、追加のリソースを簡単に展開できます。
  3. テストと開発: IT チームが新しい製品ラインやアプリのための QA 環境を必要とする場合、クラウドを使用することで費用と労力を節約できます。チームは、クラウドで読み込み時間のテストやシミュレーションを行って、アプリケーションの動作をリアルタイムで確認できます。実際に実稼働環境に移行する必要も、個別の QA 環境を保持する必要もありません。
  4. ビジネス アプリ: クラウドには、使い慣れたビジネス アプリケーションをホストする機能があり、従業員はいつでもどこにいても作業できます。クラウドストレージ プロバイダーを検討する際は、カスタマー リレーションシップ マネジメント、物流と計画、分析など、多数のビジネス アプリをホストできるプロバイダーを必ず選択してください。

おそらく、組織はクラウドを使用していても、その機能を十分に活用していないでしょう。クラウド カウントへの投資に集中しましょう。つまり、単なるクラウド ストレージ以外の機能を意味します。OneDrive の 1 TB を含む 1 か月間の無料クラウド ストレージを試すこともできます。

<!–

Related content:

  • Learn how the new Office enables teams to collaborate better than ever.
  • White paper—Sync, send and receive: Why cloud-based email and storage make sense for your business.

–>

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入
関連コンテンツ
ビジネス テクノロジ

クラウド ストレージ VS オンプレミス サーバー: 頭に入れておきたい 9 つのこと

続きを読む
ビジネス テクノロジ

無料のビデオ会議を最大限に活用する

続きを読む
ビジネス テクノロジ

無料の画面共有は簡単ですが、正しく行っていますか?

続きを読む
ビジネス テクノロジ

患者が必要なときに遠隔医療を受けられるようにする

続きを読む

ビジネス インサイトは、専門家による税務または財務の助言を行うものではありません。税務または財務の現状についての相談をご希望の場合は、お客様の顧問である専門家にお問い合わせください。