クラウド ストレージ導入のメリットと変化した働き方

当時は、タイプライター、カーボン コピー、ファイル キャビネットが使用されていました。現在はどうでしょうか?さまざまなデバイスとオンライン ストレージに変わりました。

パーソナル コンピューターの出現は、当時と今の間に深い溝を生み、インターネットは今も拡大を続けています。しかし、変化したのはテクノロジだけではありません。テクノロジの変化と共に働き方も変わりました。考えてみてください。日々の習慣や選択のうち、オンライン ストレージへのアクセスが影響を及ぼしているものを挙げればきりがありません。組織や職務特有の制約によっては、かなりの数にのぼることでしょう。近年、データの保存方法やアプリケーションへのアクセス方法が新しくなったために、職場文化に大きな変化が起こっています。以下では、そのうちのいくつかを取り上げます。

モバイル従業員

平均的なオフィス ワーカーが 1 つの机と 1 台のコンピューターに拘束されていたのは、それほど古い話ではありません。ソフトウェアやファイルはローカルで保存され、別のコンピューターでセットアップをやり直すのは非常に面倒でした (さらにコストもかかる可能性がありました)。オフィス以外の場所で作業する必要があれば、少なくとも、あらかじめ計画することが必要でした。しかし近年、変化が起こり始めています。ワード プロセッサ、スプレッドシート、スライドショー プレゼンテーション プログラムなどの一般的なビジネス ツールはクラウドに移行されています。ノート PC、タブレット、スマートフォンの普及も相まって、ほとんどどこからでもドキュメントにアクセスして作業することができるようになりました。

これは、働き方に大きな変化をもたらしました。最近のデータによると、米国の労働人口の約 20 - 25% が、少ない人でも「時には」という頻度で、テレワークを行っています。非自営業者で定期的にリモート勤務している人は、2005 年以来、103% 増加しました。このため、企業は、作業スペースをこの変化に適応させることが必要になってきました。小さく区切られた作業スペースは間仕切りが取り外され、さまざまなデバイスで作業するさまざまな規模のチームを収容するための広い多目的エリアに変わりました。従業員は、オフィス、自宅、コーヒー ショップ、公園を行き来して、どこでも作業することができます。

真のリアルタイム コラボレーション

今日のテクノロジでは、コラボレーションのスタイルにほとんど制限はありませんが、以前は必ずしもそうではありませんでした。ローカルで保存されたファイルは、その性質上、組み立てライン方式の作業を促進しました。つまり、1 人が所定の作業を完成させ、それを次のラインに渡していました。リアルタイムでコラボレーションを行うには、すべてのチーム メンバーが同じ場所に同時に集まる必要がありました。そして 1 人が主導権を握った上で、仕事を先に進めるのでした。もちろん、これらの制限は必ずしも悪いことではありませんが、これが理想的であると認める人はそれほど多くはないでしょう。

クラウド ストレージは、共同作業の方法に変化を与え、メリットをもたらしました。現在、複数のユーザーが、たとえ国の端と端にいたとしても、同じプロジェクトでファイルを共有し、クラウドに保存できます。だれもが、コメントを残し、質問し、提案や変更を行うことができます。これにより、ドキュメントの最新バージョンで作業を開始していることを確認する必要がなくなります。なぜなら、最新バージョンが唯一のバージョンだからです。

安全なストレージ、簡単な環境整備

「ファイルを必ずバックアップすること」 — 以前は何度も聞いた言葉です。ファイルをバックアップしていなければ、コンピューターが壊れた場合、それだけでなく、重要な情報をすべて失うことになります。これは恐ろしいことです。一方、オンライン ストレージは、何百万人ものオフィス ワーカーに安心感を与えています。インターネットベースのアプリケーションでドキュメントを作成すると、作業は常に保存されていることを意味します。さらに、どこからでも、アクセス権の設定によってはだれでも、ドキュメントにアクセスできます。これらのすべてのメリットにより、作業環境について心配したり、整備したりする時間が少なくなり、ドキュメントの作成自体により多くの時間を費やすことができます。

作成者について

Growth Center チームは、起業およびビジネスの管理と運営を支援することに重点を置いています。

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入
関連コンテンツ
Business Tech

大規模なオンライン プレゼンテーションを成功させるための準備

続きを読む
Business Tech

データ保護とリモートワークを同時に実現させる方法

続きを読む

Growth Center は、専門家による税務または財務の助言を行うものではありません。税務または財務の現状についての相談をご希望の場合は、お客様の顧問である専門家にお問い合わせください。