検出と応答

Advanced eDiscovery と高度な監査は、組織に関係するデータをすばやく見つけるのに役立つ、コスト効果に優れたツールです。

A screenshot of a Final Data dashboard on Microsoft 365 Compliance.

検出と応答の機能

法規制や内部の規定による義務に効率的に対応します。

データをその存在する場所で検出

データをその発生源で、および Microsoft 365 のセキュリティとコンプライアンスの境界内で検出します。

関係するデータをインテリジェントに見つける

機械学習と分析の機能を利用して、関係するデータを見つます。

データをその場所で検出

ネイティブの電子情報開示機能が Teams、Yammer、SharePoint Online/OneDrive for Business、Exchange Online に対応しているため、Office 365 のコンテンツの検出と確認 (たとえば Teams の会話再構築、編集済み Teams チャット、OneDrive や SharePoint Online からリンクしているコンテンツのサポート) がシンプルになります。

A screenshot showing places to save content.
A screenshot showing how to tag and cull through data in Microsoft 365 Compliance.

データの削減と選別をインテリジェントに

機械学習とインテリジェントな機能 (準重複の検出、メール スレッド化、関連性、テーマ、スマート タグなど) により、その場で大量のデータを削減して選別し、関連するセットに分類することができます。

ワークフローを Microsoft 365 内で管理

よりエンドツーエンドに近い電子情報開示ワークフローの管理 (特定、現状保持、収集、処理、早期ケース アセスメント/レビューの実施、データの分析) を行いますが、データは Microsoft 365 のセキュリティとコンプライアンスの境界内に留めます。

A screenshot showing a dashboard with data for review in Microsoft 365 Compliance.

高度な監査の機能

A screenshot of the audit log search in Microsoft 365 Compliance.

監査イベントをフォレンジック調査に役立てる

監査イベント (たとえば MailItemsAccessed) にアクセスできます。侵害された可能性のあるデータの範囲特定に役立ちます。

調査の期間に合わせて監査ログ保持期間を延長

"高度な監査" では組織の監査ログ保持期間ポリシーのカスタマイズが可能であり、フォレンジック調査に合わせて最大 1 年間に延長できます。より厳格な規制や内部コンプライアンス義務に対応するため、あるいは長期にわたる調査をサポートするために、アドオンで組織の監査ログ アクティビティを最大 10 年間保持することもできます。

A screenshot of a blank new audit retention policy.
A screenshot of the welcome screen for Office 365 Management APIs.

Office 365 マネージメント API を介して監査ログにすばやくアクセス

マネージメント API への帯域幅が増量しています。

Gartner マジック クアドラント: エンタープライズ情報アーカイブ

統合型のコンプライアンス ソリューションと効果的な AI 機能が評価され、Microsoft は 2020 年の Gartner マジック クアドラントでエンタープライズ情報アーカイブのリーダーに選出されました。

Gartner logo

お客様の声を紹介します

Cerner logo

“データのセキュリティとプライバシーの重要性の認識に関しては、Microsoft の評判は他の大手クラウド プロバイダーの先を行っています。”

Marc Elkins 氏: バイス プレジデント、アソシエイト ゼネラル カウンセル兼最高コンプライアンス責任者

Invest in Canada logo

“Microsoft 365 のほんとうの優位性は、サーバー管理の代わりに高度なセキュリティ機能の展開に専念できることです。”

Habib Mankal 氏 (WaveCore IT プリンシパル アーキテクト)

The-Linde-Group Logo

“Office 365 の訴訟ホールドと電子情報開示の機能にも感銘を受けました。そして、データ損失防止サービスの使用も検討しています。従業員にとって素晴らしいのは、これだけのモバイル性を手にしながらセキュリティを犠牲にする必要がないことです。”

Sebastian Mahler 氏: The Linde Group エンタープライズ インフラストラクチャ責任者

検出と応答に関するその他の情報

Microsoft 365 の高度な監査

Microsoft 365 の Advanced eDiscovery

検出と応答のブログ

検出と応答を開始してより多くを達成しましょう

試用を開始する

Microsoft 365 E5 Compliance 試用版に今すぐサインアップしてください。

Microsoft 365 とともに入手する

検出と応答は Microsoft 365 E5 に含まれています。使用を開始するには、このプランを購入してください。

既にお持ちの場合

検出と応答を活用する方法を学習しましょう。

Microsoft コンプライアンスに関するその他の情報