成功しているリーダーが最新のビジネス コミュニケーション ツールによって従業員と交流している方法

多くの従業員が仕事に対して主体的でないということは周知の事実です。

Aon Hewitt は、500 万人以上を対象にした 2017 年の世界規模の分析で、仕事に主体的に取り組んでいる従業員はわずか 24% しかいないことを明らかにしました。ギャラップ社が示す数字はさらに深刻で、主体性のある従業員は世界全体ではわずか 15% (米国では 33%) に過ぎないとされています。

従業員の主体性低下を補うための解決策は、はっきりしています。人々に適切な役割を与え、やりがいのある仕事を割り当て、リーダーやマネージャーの育成に投資するということを通じて、チームが大きな成果を出せるようにすればよいのです。

しかし、仕事での主体性に関する問題については、1 つの解決策が見逃されているように思われます。それは、組織のあらゆる階層で行われる、リーダーと従業員の間の双方向のコミュニケーションです。オープンで頻繁なコミュニケーションには、間違いなく企業を変革する力があります。

使命を支える人々をまとめ、力を発揮させる

成果を上げているリーダーは、折に触れて会社の使命と価値をうまく伝えています。また、率直なフィードバックを受け付け、質問に答えます。このような自由でオープンな意見交換によって、従業員が 1 つにまとまり、その力を発揮させることにつながり、全員が会社の使命を実感でき、それに向かって自分たちがどのように貢献できるかを理解することができます。

雑誌『Chief Executive』は、従業員とのコミュニケーションや、従業員に求めるものの具体化に大きな力を注いでいる幹部クラスのリーダー数名に、インタビューを行いました。Pratt & Whitney 社の社長 Bob Leduc 氏は同誌にこう語っています。「自分の仕事は、目指すべき文化を定義し、それをモデル化し、育てることだと確信しています。」 また、セブンイレブンの CEO である Joe DePinto 氏は、「そこにいなければならない。姿を見せなければならない。これは、あらゆるビジネスで重要ですが、フランチャイズ ビジネスでも同じことです。加盟店には、リーダーに頼ってよいということを知ってもらう必要があります。ですから、私たちはきわめてオープンで、連絡しやすく、親しみやすくあることを心がけています。」

戦略的な取り組みに従業員を巻き込む

また、優れたリーダーは、会社の戦略的な取り組みについても明解に組織に伝えています。それにより、会社がどこを目指しているか、その理由は何か、そして自分はどのように貢献できるかを全員が理解できます。また、会社の方向性や仕事内容が変化することに対して、従業員は備えることができます。取り組みの背後にある根本的な理由を理解すれば、変化に対して抵抗するのでなく、それを歓迎できるのです。

作成者について

www.presentationstudio.com

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入

Growth Center は、専門家による税務または財務の助言を行うものではありません。税務または財務の現状についての相談をご希望の場合は、お客様の顧問である専門家にお問い合わせください。