ビジネスのコミュニケーションを促進する 5 つのモビリティ戦略

パーソナル スタイリング ビジネスに携わる Poplin Style Direction 社のオーナーである Mellicia Marx 氏は、頻繁に外出します。毎日のように、コワーキング スペースで仕事をした後、顧客との打ち合わせに出かけたり、ブティックに行って服を探したりして、常に移動しています。それだけで午前中が終わってしまうこともあります。

モバイル生産性は Marx 氏の成功にとって重要な要素になっており、常に移動しながら顧客といつでも連絡を取り合うために、彼女はどのような方法を利用しているかを知りたいと思いました。以下に、Marx 氏がスタイリング ビジネスでモビリティを活用するために利用している 5 つの戦略を紹介します。

1. 「合間」の時間を最大限に活用する。 顧客が予定より遅れているわずか数分の間でも、また次の約束までの空いた時間でも、Marx 氏は必ず、その時間を使って顧客に連絡するようにしています。

「次の約束までの空いた時間に車の中で、[携帯電話を使って] お客様と 20 分の打ち合わせを行うことも少なくありません。今朝も、あるお客様から、就職面接用の 2 着の服の写真が送られてきました。約束の時間の 10 分前に到着していたので、すぐに対応することができました」。

2. どんなときにどのコミュニケーション方法を利用するかを明確にする。 人とつながるには、非常に多くの方法があるので、Marx 氏は、特定の方法をいつ使用するか、なぜ使用するかを意識することを重視しています。

「時間的な制約がある場合、私はテキスト メッセージを使用します。お客様にもテキスト メッセージで連絡してくれるようにお願いします。それ以外は、メールでやり取りします。これにより、境界が一定に保たれるだけでなく、必要なときにタイムリーにやり取りすることができます」。

3. 正確なカレンダーになるよう努める。 カレンダーの質は、使用している人 (または使用していない人) によって決まります。Marx 氏は、常に正確なカレンダーにすることを重視しています。彼女もカレンダーを夫と共有していますが、共有する場合は特にこの点が重要です。「カレンダーを使用し、尊重し、すぐに更新するようにしています」と彼女は言います。教訓にすべき言葉です。

4. 伝統的なコミュニケーション ツールと「新しいスタイル」のコミュニケーション ツールを組み合わせて使用する。 ご推察どおり、Marx 氏は、電話なしでは生きていけないと語っています。「カレンダー、顧客の写真をアップロードする機能、テキスト メッセージの送信、メール機能は、お客様とのコミュニケーションが不可欠な私にとって、生活の糧です」。 しかし、それだけで済まないことは明らかです。Marx 氏が信頼を置いている伝統的なコミュニケーション方法は何でしょうか? 「カードです。カードを信じています。仕事を進めている間、紹介のお礼として、お客様の誕生日に名前入りのカードを送ります」。

彼女は、顧客のためのイベントも開催しており、自分が気に入っている小売業者を顧客に紹介しています。これにより、顧客と実際に会って会話をすることができ、小売店のセール情報やスタイリングのアドバイスなど、特別な価値を顧客に提供することができます。Marx 氏は、1 つまたは 2 つの方法で連絡を取り合っているだけでは、「ビジネスは繁盛しない可能性がある」と言います。

5. マルチデバイスで仕事ができるようにする。 ビジネス メールを使って携帯電話で行った連絡の続きをデスクトップで再開できるので、Marx 氏は、どんな環境でも可能な限り効率よく仕事をすることができます。

「ほとんど毎日外出しているので、多くのお客様や仕事上の連絡先とはメールで連絡を取り合います。携帯電話、ノート PC、またはタブレットで返信できることは、どこにいてもいつでも、たとえわずかな時間しかない場合でも対応できます」。

作成者について

The Microsoft 365 team is focused on sharing resources to help you start, run, and grow your business.

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入
関連コンテンツ
Productivity

内部関係者が明かすモバイル生産性を高めるための 5 つの秘訣

続きを読む
Productivity

ジョディ ホールにみる自宅から仕事をする術

続きを読む
Productivity

レストランの実力者が常につながることを可能にするモビリティ

続きを読む

Growth Center は、専門家による税務または財務の助言を行うものではありません。税務または財務の現状についての相談をご希望の場合は、お客様の顧問である専門家にお問い合わせください。