リモート ワークの導入を成功させる 8 つの方法

多くのユーザーにとって、リモートワークの普及は自然なものです。ここ数年、事務職の人々はオフィスの机から去って離れた場所を設定し、オフィスよりも快適で、往々にして生産性も高い環境で働くようになってきています。このトレンドは強まる一方です。事実、International Data Corporation (IDC) によると、米国のモバイルワーク人口は 2015 年の 9,620 万人から 2020 年には 1 億 540 万人に増えるということです。この 2020 年までには米国の全労働者の 3/4 近く (72.3%) がモバイルワークになると IDC は予測しています。

テレワークの導入はしばらく前から進んでいますが、同じ部屋にいないばかりか、街、都道府県、さらには国までが分散しているチームをどのように率いるのがよいか、マネージャーはさまざまな面で現状に追い付こうと試行錯誤している最中です。それでも、非常に多くの組織がリモートワークのモデルに関する経験を積み重ねてきたこと、また、テクノロジが急速に進化していることから、リモート チームを率いることは今までよりも確実に容易になっています。もちろん、適切なリーダーシップに到達するまでの自分独自の道筋は、各自のスタイル、企業文化、チーム メンバーによって異なります。しかし、どこから手を付ければよいかわからない場合や、新しいテクニックやテクノロジを自分のノウハウに加えたい場合は、ここに示した実績のあるヒントを試すことをおすすめします。

  1. やり方でなく結果を管理する — リモートの従業員は、自分独自の作業方法を持っていることがあります。2 時間働き、休憩の間に子供を学校まで迎えに行ったり用事を片付けたりしてから、さらに 4 時間働き、休憩を取ってから残りの 2 時間 (またはそれ以上) 働くという人もいれば、通常のオフィスと同じ時間帯に働く人もいます。ですから、従業員がどのように仕事を片付けるかを管理するのではなく、作業の質、締め切りが守られているか、適切な意思決定能力を発揮しているか、などに注目します。
  2. チームワークを勧める — 同僚と遠く離れて働くことには孤立感が伴うため、チーム メンバーが共同で作業できるプロジェクト作業を推奨するように留意します。これによって互いにつながり合っている感覚が得られ、部署はチーム メンバー間でのアイデアの共有や活発なコミュニケーションによる恩恵を受けます。
  3. コミュニケーションを取る — メンバーの机に近寄って話しかけたり、休憩室で一緒にコーヒーを飲んだりということができないので、マネージャーから働きかけてチームとの関係を確立する必要があります。毎週または隔週でのステータス報告を設定しておくと、今後のプロジェクトやパフォーマンス上の課題などに言及する機会が得られます。それでも、連絡を取り合うにはインスタント メッセージや電子メールでの会話 (仕事に関係しなくても構いません) が最適なこともあります。どのような手法を使う場合でも、コミュニケーションは明確にする必要があります。ただし、個性を打ち出すことも大切です。要するに、チームの構築と運営には全員が他のメンバーを知ることが大事だということです。
  1. Web 会議を開催する (ビデオを利用) — 全員がカメラを設定し、あなたが用意したアジェンダ、プレゼンテーションなどを一緒に見れば、メンバーが互いの顔を見て名前と顔を結び付けられるだけでなく、発表者のデスクトップを確認して、取り上げられている情報を明確に把握できます。
  2. 適切なテクノロジを与える — 優れたマネージャーになるためには、チームのメンバーが効率的に働くために必要なものを確実に揃えるということも必要です。メンバーがリモートで働いている場合は、そのようなメンバーを適切なテクノロジで支えるということです。ソフトウェアの選択肢を調査するときは、ファイル共有が安全、確実、シンプルに実行でき、ノート PC、デスクトップ、タブレット、携帯電話など幅広いデバイスで動作し、複数のメンバーが同時に同じドキュメントを操作できるものを探します。これにより、全員が同じツールにアクセスでき、互換性の問題を回避でき、共同作業で大きな成果を挙げることができます。
  3. 理由を示す — リモートワークの場合、組織の目標から切り離されているように感じ、自分の作業が組織のミッションのどの部分に当てはまるのかを明確に把握できないことがあります。会社のビジョンや目標をリモートの作業者に伝え、彼らの作業が組織の成功にどのように役立つかを伝えると、チームは会社からの疎外感を感じにくくなります。このことは、リモートのチームが共通の目標に向かって取り組み、組織にとって生産性の高いメンバーになることにつながります。
  4. 包容力を持ち、誉める — トレーニング、うまくいった仕事への称賛、パーティーに関しては、オフサイト従業員は見過ごされたり、完全に忘れられたりしがちです。これでは、忠誠心は育たず、よい関係も築けません。リモートワークのチームを管理するときは、他の従業員と同じトレーニングの機会を確実に与え、優れた成果はすぐに、オンサイトでするのと同じように称賛するよう意識しましょう。パーティーやチームでの社外活動については、リモート チームのメンバーがイベントに参加できない場合、ささやかなギフトを贈ったり、週あたり数時間の休暇を追加することを検討します。些細な意思表示ではありますが、快く思ってもらうまで地道に続けましょう。
  5. ワーク ライフ バランスを奨励する — リモートの作業者は、プロジェクトに没頭したり、もう少し進めてからでなければ終われないという気持ちになったりしがちです。また、プロジェクトによって家庭、配偶者、子供、ペットなどのことがおろそかになることもあります。問題は、両者の間のバランスです。新しいリモート作業者を迎えるときは、必ず守れるスケジュールを設定し、仕事専用の空間を確保するように話します。そして、1 日の終わりにはパソコンをオフにして、仕事から離れて構わないと伝えます。これによって自分を心理的に解放し、自由時間を楽しめれば、翌日は明瞭な頭と新しい気分で仕事を始められます。

最後に、他の多くのことと同様、例を示してリードします。作業に対してプロアクティブで透明性の高い手法を採用し、チームに貢献し、さまざまな方法を使って明瞭かつ頻繁にメンバーとコミュニケーションすることで、メンバーはあなたが頼りになるだけでなく、信頼できる存在であると思うようになります。チームがどのように機能することをあなたが望んでいるかを直接理解し、あなたの後ろを付いて進むようになるため、モバイルの生産性に貢献する仮想環境の構築や手本となる作業の作成がしやすくなります。

作成者について

The Microsoft 365 team is focused on sharing resources to help you start, run, and grow your business.

Microsoft 365 の使用を開始する

使い慣れた Office にチームワークを加速するツールが加わり、いつでも、どこでも、生産性を高めることができます。

今すぐ購入
関連コンテンツ
Manage my business

リモートチームの管理を簡単にするコラボレーションツール

続きを読む

Growth Center は、専門家による税務または財務の助言を行うものではありません。税務または財務の現状についての相談をご希望の場合は、お客様の顧問である専門家にお問い合わせください。