Microsoft 365 と Office 365 の非営利団体向けプランを比較

資格のある非営利団体は、下記のプランを寄贈として受け取ることや高機能プランに大幅な割引価格でアップグレードすることができます。非営利団体向けの寄贈または割引を受けるには、その国で慈善団体として認可されていることと、Microsoft の非差別ポリシーに署名していただくことが必要です。Microsoft は、いつでも利用資格を検証して、利用資格を満たさない組織へのサービス提供を中止する権利を留保します。
 
よく寄せられる質問のページで、この製品に関するその他の質問を紹介しています。
 
使用を開始する

Microsoft 365 Business Premium を無料で入手

セキュリティを維持しながら非営利団体を運営し成長させるには、中小規模向け統合型ソリューションがお役に立ちます。

中小規模の非営利団体 大規模な非営利団体
比較表
  <div class='ow-cell-specs'><p>Microsoft 365 Business Basic</p><p>&nbsp;</p><h3>寄贈版</h3></div> Microsoft 365 Business Standard


次のいずれかのクレジットカードが必要です。
VisaMasterCard JCBAmerican Express



技術的または料金請求に関するサポート (管理者向け)




¥330 ユーザー/月相当
(年間契約)
価格には消費税は含まれていません。
メール、クラウドベースのファイル ストレージと共有、Web 会議 (インスタント メッセージ、音声、HD ビデオを使用)、その他のサービスを必要とする中小規模の非営利団体に最適です。Office アプリケーションは含まれません。
中小規模の非営利団体でメール、Office デスクトップ アプリケーション、クラウドベースのファイル ストレージと共有、Web 会議 (インスタント メッセージ、音声、HD ビデオを使用)、その他のサービスを必要としている場合に最適です。

含まれる Office アプリケーション

 

(Web 版とモバイル版の Word、Excel、PowerPoint が含まれています。)2

含まれる Office アプリケーション

  • MicrosoftWord
  • MicrosoftExcel
  • MicrosoftPowerPoint
  • MicrosoftOutlook
  • MicrosoftPublisher (Windows PC のみ)
  • MicrosoftAccess (Windows PC のみ)

含まれるサービス

  • MicrosoftExchange
  • MicrosoftOneDrive
  • MicrosoftSharePoint
  • MicrosoftTeams

含まれるサービス

  • MicrosoftExchange
  • MicrosoftOneDrive
  • MicrosoftSharePoint
  • MicrosoftTeams
  • Web 版の Word、Excel など
  • ファイルの保存と共有のための OneDrive ストレージ 1 TB1
  • 法人メール、予定表、連絡先の機能と 50 GB の受信トレイ2
  • 無制限のオンライン会議: インスタント メッセージと、音声、HD ビデオ、Web での会議
  • チームワークを実現するためのハブ Microsoft Teams
  • イントラネット上のチーム サイト: セキュリティ設定をカスタマイズ可能
  • 社内ソーシャル ネットワーク: 部門や場所を超えた従業員の共同作業を支援
  • 作業管理ツール: チームによる計画の作成、タスクの整理や割り当て、タスクの共同作業を支援
  • 本格的なデジタル ストーリーテリング: 対話型レポートやプレゼンテーションなどを作成可能
  • 一人一人に合わせた検索と検出: Office Graph を使用して Office 365 全体を検索
  • 最大ユーザー数: 300 人
  • デスクトップ版の Office アプリケーション: Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access (Publisher と Access は Windows PC のみ) をユーザー 1 人あたり最大 5 台の Windows PC または Mac で利用可能3
  • 最適化された Office をタブレット 5 台とスマートフォン 5 台で利用可能
  • OneNote: OneNote の追加機能へのアクセス (機能は環境によって異なります)

  • Web 版の Word、Excel など
  • ファイルの保存と共有のための OneDrive ストレージ 1 TB1
  • 法人メール、予定表、連絡先の機能と 50 GB の受信トレイ2
  • 無制限のオンライン会議: インスタント メッセージと、音声、HD ビデオ、Web での会議
  • チームワークを実現するためのハブ Microsoft Teams
  • イントラネット上のチーム サイト: セキュリティ設定をカスタマイズ可能
  • 社内ソーシャル ネットワーク: 部門や場所を超えた従業員の共同作業を支援
  • 作業管理ツール: チームによる計画の作成、タスクの整理や割り当て、タスクの共同作業を支援
  • 本格的なデジタル ストーリーテリング: 対話型レポートやプレゼンテーションなどを作成可能
  • 一人一人に合わせた検索と検出: Office Graph を使用して Office 365 全体を検索
  • 最大ユーザー数: 300 人


次のいずれかのクレジットカードが必要です。
VisaMasterCard JCBAmerican Express



技術的または料金請求に関するサポート (管理者向け)




上記のすべてのプランに含まれるもの:

稼働率 99.9% を保証し、返金制度をサービス レベル アグリーメントで規定

IT レベルの Web サポートと 24 時間年中無休の電話サポートで重大な問題に対応

ユーザーの資格情報とアクセス許可の管理を容易にする Active Directory の統合

最高水準のデータ セキュリティ

非営利団体向けのその他のオプション

Exchange Online Archiving

クラウドベースの法人向けアーカイブ ソリューション。アーカイブ、コンプライアンス、規制、電子情報開示の課題の解決に役立ちます。

Advanced Threat Protection for Office 365

不明なマルウェアやウイルスから防御するとともに、ゼロデイ攻撃に対する防御を強化してメッセージング システムの安全を守ります。

Microsoft 365 Apps for enterprise

使い慣れた Office アプリケーションの最新バージョンをいつでも、PC、スマートフォン、タブレットのどのデバイスでも利用できます。5

Project for Office 365 と Project Online Premium

プロジェクトの管理を簡単に、そして共同作業をどこからでもできるように、プロジェクト マネージャー、プロジェクト チーム、意思決定者のための最適なツールがそろっています。

Visio Online Plan 2

プロフェッショナルにふさわしい図を作成して複雑な情報をシンプルに伝えます。最新の図形と共同作業ツールがそろい、図面とデータをリンクさせる機能も使用できます。

Power BI for Office 365

すべてのデータをセルフサービスで分析します。

SharePoint Online Storage

Office 365 のプランに含まれているオンライン ストレージでは SharePoint 用の容量が足りない場合に利用できます。

1. OneDrive for Business 同期クライアントは、Microsoft 365 と O365 のサブスクリプションに付属しています。無料ダウンロード版の OneDrive for Business 同期クライアントも用意されています。
2. フル機能のアプリケーションをインストールする権利が含まれていないサブスクリプションの場合: 最新バージョンの Outlook、Outlook 2013、Outlook 2011 for Mac から法人メールに接続できるため、ユーザーは使い慣れた機能豊富なクライアント アプリケーションをそのまま使用できます。それよりも前のバージョンの Outlook (たとえば Outlook 2010 や Outlook 2007) も Microsoft 365 や Office 365 と連携できる可能性がありますが、機能が制限されます。この Outlook との連携の対象には、Exchange Online Kiosk プランと Office 365 F3 プランは含まれません。
3.Publisher: Windows PC のクライアント プログラムと機能のみが含まれます。その他のデバイスでは使用できません。デスクトップ版 Office が含まれていないプランのほとんどは、最新バージョンの Office、Office 2013、Office 2011 for Mac と連携できます。それよりも前のバージョンの Office (たとえば Office 2010 や Office 2007) も Microsoft 365 と連携できる可能性がありますが、機能が制限されます。この Office との連携の対象には、Exchange Online Kiosk プランと Office 365 F3 プランは含まれません。
4.容量無制限の個人用クラウド ストレージを使用できるのは、対象プランのサブスクリプション ユーザー数が 5 人以上の場合です。それ以外の場合はユーザー 1 人あたり 1 TB となります。初期容量としてユーザー 1 人あたり 1 TB 分の OneDrive for Business ストレージが用意され、管理者がユーザー 1 人あたり 5 TB まで増量できます。さらにストレージが必要になった場合は、Microsoft サポートにご連絡ください。ユーザー 1 人あたり最大 25 TB のストレージが OneDrive for Business でプロビジョニングされます。25 TB を超える分のストレージについては、25 TB 分の SharePoint チーム サイトとして個々のユーザーにプロビジョニングされます。
5. モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。