¥12,984/年 (税込)
または

Microsoft 365 Personal なら、Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android) など、同一ユーザーが使用するすべてのデバイス で同時に 5 台までサインイン可能です。年間契約なら 2 か月分がお得です。

¥12,984/年 (税込)
概要 要件 FAQ

最も多く寄せられる質問

Office 2019 は永続版として販売されています。つまり、前払い料金を 1 回払って、1 台のコンピューターで使う Office アプリを購入するということです。永続版は、 PC と Mac の両方で販売されています。ただし、永続版にはアップグレード オプションはありません。つまり、次のバージョンへのアップグレードを計画している場合、その永続版を通常価格で購入する必要があります。 

  

Microsoft 365 は、共同作業に最も適した最新機能を 1 つに統合してシームレスなエクスペリエンスを提供する、サブスクリプション製品です。Microsoft 365 には、Word、PowerPoint、Excel など、使い慣れた堅牢な Office デスクトップ アプリが含まれています。また、追加のオンライン ストレージとクラウドに接続された機能を利用して、リアルタイムでファイルに共同作業を行うことができます。サブスクリプション製品の場合、追加料金なしで、常に最新の機能や修正プログラム、セキュリティ アップデートをご利用いただけます。また、継続的な技術サポートも受けられます。

Microsoft 365 は Windows PC、Mac、Android、iOS に対応しています。お使いのデバイスと互換性のあるバージョンおよびその他のシステム要件については システム要件 をご覧ください。

いいえ。Microsoft 365 のアプリケーションは、それぞれのプラットフォームやオペレーティング システムで最適に機能するように調整されています。Mac ユーザー向けの Office アプリケーションと含まれる機能の一部は、Windows PC ユーザー向けのものとは異なる場合があります。ただ、Microsoft 365 は柔軟な製品です。Mac のみ、または Windows PC のみ、と限定されることがないため、自分のアカウントさえあればデバイスを問わず使用できます。

はい。作成したドキュメントは、作成したお客様のものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかを選ぶことができます。

アプリのすべての最新リリースと Microsoft 365 のすべてのサブスクリプション プランに含まれているサービスのインストールおよびライセンス認証には、インターネット アクセスが必要です。現在サブスクリプション製品をお使いの場合は、再インストールしたり、別のサブスクリプションを購入したりする必要はありません。 

  

Microsoft 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントの管理にもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office アプリを他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときです。 OneDrive デスクトップ アプリをインストールしていない場合は、OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です。 

  

また、ご使用の Microsoft 365 を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。アプリの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。 

  

インターネットに接続していなくても Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリケーションはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。 

Microsoft アカウントは、OneDrive、Xbox LIVE、Outlook.com などのサービスへのサインイン時に使用する、電子メール アドレスとパスワードの組み合わせです。これらのサービスを 1 つでも使用していれば、既に Microsoft アカウントを保有しているので、そのアカウントを使用できます。新しいアカウントを作成することもできます。 Microsoft アカウントの詳細については、こちらをご覧ください。  

  

Microsoft 365 の試用版にサインアップするときや購入するときに、Microsoft アカウントでのサインインが必要になります。Microsoft 365 サブスクリプション製品のインストールと管理を行う場合、または OneDrive クラウド ストレージなどのサブスクリプション特典を利用する場合も、このアカウントにサインインする必要があります。 

Microsoft 365 Personal は 1 人用です。

無料アプリに関する詳細については、 このページ をご覧ください。

現在サブスクリプション製品をご利用の場合

Office 365 のサブスクリプションは、自動的に Microsoft 365 に名前が変更されます。  Office 365 でご愛用いただいていたすべての機能に加え、今後リリースされる追加の利点も、すべてこれまでと同じ価格でご利用いただけます。 お客様にしていただくことは何もございません。 変更は 2020 年 4 月 21 日から開始される予定です。 

いいえ、サブスクリプションの料金はこれまでと同じです。

変更は 2020 年 4 月 21 日から開始されます。

Office 365 Personal サブスクリプション製品(日本除外)をご使用中の場合は、Microsoft 365 Personal サブスクリプション製品に変わります。

 

Office 365 Home サブスクリプション製品(日本除外)をご使用中の場合は、Microsoft 365 Family サブスクリプション製品に変わります。

Office 365 Solo サブスクリプション製品 (日本のみ) をご使用中の場合は、Microsoft 365 Personal サブスクリプション製品に変わります。

現在お使いの Office 365 サブスクリプションが自動的に Microsoft 365 に移行するので、Microsoft 365 の使用を開始するための追加のアクションは必要ありません。

はい、Microsoft 365 で Office 365 ファイルを開くことができます。

プリペイド サブスクリプションを有効化する際に、サブスクリプションは自動的に Microsoft 365 に変わります。今までの Office 365 が Microsoft 365 になったことをお知らせするメッセージが届きます。

Microsoft 365 では、Office 365 でご愛用いただいていたすべての機能に加え、より多くの機能が同じ価格でお使いいただけます。Office 365 サブスクリプション製品をさらに充実させ価値を高めたものが、Microsoft 365 です。Microsoft 365 には、Microsoft Editor、Money in Excel、Office のプレミアム クリエイティブ コンテンツなど、多くの利点が追加されています。

優れた Office アプリという範疇を超え、さらに多くの利点を持つサブスクリプション製品へと生まれ変わったのを機に、それを名前にも反映させるため変更させていただきました。

OneDrive に保存するファイルとフォルダーは非公開です。OneDrive を使用すれば、必要に応じて、写真、Microsoft Office ドキュメント、その他のファイル、フォルダー全体を他の人と共有できます。OneDrive ファイルを誰と共有しているかが確認でき、  あるいは いつでも共有を停止することもできます。 

Microsoft 365 で使用できる言語

Microsoft 365 プランは、ほとんどの国と地域で使用できます Microsoft 365 プランを使用できない国/地域でも、Office 2019 スイート製品 (2019 バージョンの Office アプリを含む永続版) を購入することはできますが、追加のセキュリティ機能やストレージ機能は購入できません。Microsoft 365 の購入時には、請求先となる国/地域、ソフトウェアを使用する国/地域を正しく選択してください。誤った国/地域を選ぶと、サブスクリプションの設定や更新で問題が発生する可能性があります。

はい。Microsoft は、多言語を使用する個人、家族、小規模企業向けに簡単でコスト パフォーマンスの高いソリューションを提供します。新たに Windows PC または Mac に Office アプリをインストールするたびに、インストールする言語を選択できます

Microsoft 365 サブスクリプションの管理

支払い情報の管理、追加の Windows PC や Mac に対する Microsoft 365 や Office アプリのインストールまたは削除、他のデバイスへの Office アプリのインストールの管理はいつでも、 インストール とアカウントの管理.のページで行うことができます。

継続請求サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了した時点でサブスクリプションが開始されます。  

  

継続請求サブスクリプションは、Microsoft Store、iTunes® Store、Mac の App Store から購入できます。プリペイド サブスクリプションを購入した場合は、次のサイトでサブスクリプションのライセンス認証を行ったときからサブスクリプションが開始します。 https://setup.office.com/. プリペイド サブスクリプションは、小売業者やリセラー、または Microsoft サポート担当者から購入できます。

OneDrive は、ドキュメント、メモ、写真、音楽、ビデオ、その他の種類のファイルを保存できるオンライン ストレージ サービスです。OneDrive に保存したファイルには、ほぼどのデバイスからでもアクセスでき、他の人と共有することもできます。 OneDrive へのサインアップはこちらから 使用できる追加ストレージの容量は、サブスクリプションによって異なります。 

  

有効な Microsoft 365 Personal サブスクリプションをお持ちの場合、5 GB の OneDrive ストレージに加え、サブスクリプションごとに 1 TB の追加ストレージを無料で利用できます。 

  

有効な Microsoft 365 Family サブスクリプションをお持ちの場合、5 GB の OneDrive ストレージ (1 ユーザー) に加え、最大 6 ユーザーがそれぞれ 1 TB の追加 OneDrive ストレージを利用できます。すべての追加ユーザーが専用の Microsoft アカウントを所有し、Microsoft アカウント サイトに追加されている必要があります。 

  

追加ストレージは、Microsoft 365 サブスクリプションの作成時に使用した Microsoft アカウントに関連付けられた OneDrive アカウントに適用されます。Microsoft 365 Family の場合、ストレージは、サブスクリプションに追加されているご家族の Microsoft アカウントに関連付けられます。 

OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするには、Microsoft 365 のセットアップに使用した Microsoft アカウントで Microsoft 365 にサインインします。Microsoft 365 サブスクリプションを他の家族メンバーと共有している場合、他の家族メンバーはそれぞれ自分の Microsoft アカウントでログインする必要があります。Microsoft 365 のサインインに関する詳細はこちら。. OneDrive.com から OneDrive に直接サインインすることもできます。 

はい。Windows 8.1 か Windows 10 をお使いの場合は、OneDrive があらかじめインストールされています。インターネットに接続されていないときにドキュメントにアクセスするには、Windows PC のエクスプローラーを起動して OneDrive フォルダーを開きます。インターネットに再接続されると、オフラインで加えた変更が OneDrive によってオンラインのドキュメントに反映されます。  

  

詳細については、 OneDrive for Windows 8.1 および OneDrive for Windows 10 のサポート ページをご覧ください。 

  

また OneDrive は、Windows 7、Windows Vista、, または Mac にもダウンロードできます。OneDrive アプリではフォルダーが作成され、OneDrive とお使いのコンピューターの間で、このフォルダーが自動的に同期されます。そのため、オフラインになってもドキュメントで作業することができます。 

ヘルプと使い方のコンテンツについては www.microsoft.com/support をご覧ください。ビデオを使用した無料のトレーニングについては、 www.office.com/training にアクセスしてください

更新、キャンセル、請求

確実にサービスを継続して利用できるようにするには、継続請求が最も簡単です。月間または年間の継続請求を設定するには、Microsoft アカウント サイトにアクセスしてください。 

  

月間サブスクリプションで使用している場合は、年間サブスクリプションに変更するとコストが削減できます。この変更は、 Microsoft アカウント サイトで行うことができます

有効期限が近づくと、お客様は Office アプリ内や電子メール経由で、もうすぐ期限が切れることを警告する通知を受け取ります。サブスクリプションの有効期限が切れると、Office アプリは読み取り専用の機能制限モードになります。つまり、ドキュメントの表示または印刷はできますが、新しいドキュメントを作成したり、既存のドキュメントを編集したりすることはできなくなります。 

  

読み取り専用モードでは、Microsoft 365 のセットアップの際に使った Microsoft アカウントを使用して OneDrive に直接ログインすると、最大 3 か月間ファイルにアクセスおよびダウンロードできます。ただし、サブスクリプションに含まれていた追加ストレージは使用できなくなるため、OneDrive アカウントの無料ストレージ容量 (5 GB) を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。  

  

注: Office ドキュメントを作成または編集する必要がある場合は、Word、Excel、PowerPoint、および OneNote のオンライン バージョンを  Office.com で無料で使用できます。Windows 10 デバイスを使用している場合は、無料の Office モバイル アプリが既にインストールされている可能性があります。詳細については、 「Windows 10 用 Office モバイル アプリ: はじめに」をご覧ください 

ご家族の Microsoft アカウントを使用して OneDrive に直接ログインすれば、ファイルにアクセスおよびダウンロードできます。OneDrive アカウントの無料ストレージ容量 (5 GB) を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。

年間サブスクリプションでご利用の場合は、課金してもう 1 年サブスクリプションを継続する前に、通知が届きます。月間サブスクリプションでご利用の場合は、毎月支払い処理が行われるため、事前通知はありません。支払い方法を変更したり、サブスクリプションをキャンセルして将来課金されないようにしたりするのは、いつでも可能です。 アカウントにアクセスして、Microsoft 365 の購入時に使用した Microsoft アカウントでサインインしてください。

サブスクリプションを継続するには、いくつかのオプションがあります。どの方法を選ぶ場合でも必ず、サブスクリプションを設定する際に使用した Microsoft アカウントを使用してください。  

  

継続請求サブスクリプションをお持ちの場合、キャンセルするまで請求が発生します。お支払いの設定は、Microsoft 365 の購入時に使用した Microsoft アカウントでサインインした後、Microsoft アカウント サイトに表示されます。   

  

継続請求が有効になっていない場合は www.microsoft365.com/renew にアクセスし、Microsoft 365 の継続請求サブスクリプションを購入してください。更新分の期間は、既存のサブスクリプションの残りの有効期間に自動的に追加されます。 

はい。既存の Microsoft 365 プランの支払いを早めに行った場合、有効期限に更新分の期間が追加されます。たとえば、1 年分 (12 か月) のサブスクリプションを支払う際に既存の Microsoft 365 Family サブスクリプションの有効期間が 2 か月残っている場合、サブスクリプションは合計 14 か月有効となります。

MicrosoftStore.com または Microsoft Store を通じて Microsoft から継続請求サブスクリプションを購入した場合は、以下の 2 つのキャンセル方法があります。 

  

オンラインでキャンセルするには、 Microsoft アカウント サイトに追加されている必要があります。サブスクリプションの購入時に使用した Microsoft アカウントでサインインして、継続請求をオフにします。この方法では、残りのサブスクリプション期間が終了するとサブスクリプションは自動的に失効します。 

  

すぐにキャンセルするには、Microsoft サポートに即時キャンセルを依頼してください。  

  

継続請求サブスクリプションをその他の販売店から購入した場合は、その販売店でのキャンセル手続きが必要になる可能性があります。このことを確認するには、 Microsoft アカウント サイトに追加されている必要があります。