生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

IT プロ並みのビジネス メール設定で不可欠な 4 つの要素

メール嫌いの方は、ご注意ください! 最近の調査で、仕事上のコミュニケーションに最も使用されているツールはメールであり、今後 5 年間でその重要性が高まることが立証されました。この調査は、従業員が仕事関係のメールを確認するために毎日 3.2 時間を費やしていることも示しています。別のRadicati Group による調査では、昨年、ユーザー 1 人あたり 1 日平均 122 件のビジネス メールを送受信していることが判明しました。

これらのデータは何を意味するのでしょうか? これは、規模に関係なくすべての企業にとって、メールは現在だけでなく、今後も引き続きミッションクリティカルなアプリケーションであることを伝えています。ビジネス メール ソリューションを設定する場合、考慮すべき要素が多数あります。今後数年で成長を目指している中小企業の場合は特にその必要があります。

企業に最適なメール サービスを見つけるには、次の必須基準を満たすサービスのみを検討すべきです。

  1. ホスト型メール ソリューション: ビジネス メール設定には、主なオプションとして社内メールとホスト型メールの 2 つがあります。多くの企業にとって、社内メール関連の総保有コストは、財政上、合理的ではありません。つまり、従業員にとって不都合なストレージ制限が課せられる可能性があります。さらに、アップグレードやバックアップの責任は、企業が負うことになります。一方、ホスト型メール ソリューションを利用すると、IT チームが担っている運用の負担をメール ホスティング サービスが引き継ぎます。法人ユーザー向けのホスト型メール サービスは、動的なストレージ オプションを提供できます。また、企業の成長サイクルで、ニーズに合わせてリソースや容量を割り当てることもできます。

使用を開始する

その他のトピック