生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

クラウド ストレージを見分けるクラウド セキュリティの 6 つの注意点

クラウドは未来のものであるという考えが以前からありました。 しかし、その未来は既に実現しています。優れたクラウド ストレージ ソリューションを採用すると、いつでも、どこからでもファイルにアクセスできるだけでなく、ファイルの同期、外出先での作業、ドキュメントの共有や共同編集が簡単になります。しかし、半分以上の組織はクラウド ストレージを最もリスクの高いクラウド アプリ カテゴリと見なしています。

その大きな理由は何でしょうか?それはセキュリティ上の脅威です。クラウドがオンプレミス ストレージと同じかそれ以上に安全であるという多くのデータにもかかわらず、Cloud Security Alliance によると、依然としてセキュリティがクラウドの採用にとって一番の障壁になっています。そのため、クラウドの安全性はプロバイダーにとって最大の課題の 1 つであり、自社製品の安全性を高めるために大量の資金を注ぎ込んでいます。実際、2019 年までにはクラウド セキュリティ マーケットだけでも世界全体で 87 億 1,000 万ドルの規模に達すると予想されています。

それでもクラウド ストレージ プロバイダーの間には差があり、特にセキュリティではその差が大きくなります。エンタープライズ クラウド ソリューションで「お得」なものを選ぶことは大事ですが、データの安全を確保することはそれよりも重要です。クラウド ストレージ プロバイダーを調べるときは、以下の注意点に注目し、あてはまる場合には絶対に避けましょう。

  • 確かな評判がない — 他の業種と同様この業種でも、評判が大事です。無名の会社が魅力的な価格を提示していたら、契約する前にお客様の声や最近のダウンタイム、経験、サービス範囲などについて調べましょう。また、会社の規模が小さいと、負荷に耐えうる容量がなかったり、必要な注意を与えてくれなかったり、5 年も経たないうちに会社がなくなってしまったりするかもしれません。

使用を開始する

その他のトピック