生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

会社の対話集会を放送して遠隔地の従業員のかかわりを強める

本社と遠隔地の従業員を集めて"対話集会"を行い、あらゆる層の従業員のかかわりを強める

使用を開始する

1
どこからでも会社全体のミーティングを開催する

会社の成功を祝うとき、今後の課題を報告するとき、全社に影響がある重要な変更を知らせるときに、Skype for Business 会議ブロードキャストを利用して、全社内の従業員に通知します。 Skype for Business 会議ブロードキャストを使用すると、高音質で高精細ビデオを使った仮想会議を提供できます。この仮想会議の参加可能人数は最大 10,000 人で、ほとんど場所やデバイスに関係なくアクセスすることが可能です。 セッションに機能を追加すれば、出席者の積極的な参加を促すことができます。たとえば Microsoft Pulse を追加すると、従業員がリアルタイムで関与して、開催者がブロードキャストに関する質問に答えられるようになります。

View Training

2
全社会議の録音を全従業員に配布する

Skype for Business 会議ブロードキャストはすべて自動的に録画されるため、出席者と会議に欠席した従業員が後で見ることができます。 会議のダウンロード可能な MP4 ファイルを作成することもできます。 このオプションは、StaffHub Team Files にビデオを投稿する場合に適しています。 StaffHub は、フォローアップ資料、意見投票の結果、他の全社規模の発表を投稿する場所としても最適です。

View Training

3
従業員からフィードバックを収集する

対話集会も会話を続けるために、Yammer グループを利用して従業員とかかわります。 Yammer は、チームの枠を超えて従業員どうしが情報を共有し、プロジェクトを基にグループを編成できるエンタープライズ ソーシャル ネットワークです。 参加できるのは会社の従業員だけなので、コミュニケーションの安全は確保され、公開されるのは社内のユーザーのみです。 従業員は、モバイル デバイスやコンピューターから会話にかかわることができます。

Yammer で新しいグループを作成したら、そのグループを公開して社内全体の同僚とつながるようにするか、非公開にしてチーム内だけでコミュニケーションを取れるようにするかを選択できます。

View Training

ケース スタディ

ビール会社が Office 365 を使ってグローバルなコラボレーションとビジネスの効率を強化

Carlsberg Group は、グローバル市場において 140 を超えるマスター ビール ブランドを効率的に管理するため、Microsoft Office 365 を使って 27 か国にまたがる 40,000 人の従業員の間でチームワークとコラボレーションを強化しています。 この会社は、機敏で拡張可能な単一のサプライ チェーンをすばやく構築して市場への流通を最適化するのに必要なチームワークのスピードを高めました。 従業員は、モバイル性向上の恩恵を受けており、各国の好みに応じたグローバル ブランドを構築する点で連携を強めています。

Learn More

その他のトピック