生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

明確な製造要件を提示する

包括的な、検証済みの製造要件を集めて、下請け業者にわかりやすく伝えましょう。

使用を開始する

1
要件を共同で集める

製造要件を集めて把握するために、Yammer グループで社内の利害関係者とやり取りします。 Yammer は、チームの枠を超えて従業員どうしが情報を共有し、プロジェクトを基にグループを編成できる非公開のソーシャル ネットワークです。 参加できるのは同僚だけなので、コミュニケーションの安全は確保され、公開されるのは社内のユーザーのみです。

新しいグループを作成したら、そのグループを公開して社内全体の同僚とつながるようにするか、非公開にしてチーム内だけでコミュニケーションを取れるようにするかを選択できます。

View Training

2
下請け業者向けに手引き書を作成する

必要な要件をすべて集めたら、Sway を使って、下請け業者向けに包括的なガイドを作成します。 Sway は、インタラクティブなレポートやプレゼンテーションを簡単に作成して共有できる、Microsoft Office のアプリです。 最初に、自前のテキストとプロジェクトの図を追加します。または、他のソースから関連コンテンツを探してインポートします。

View Training

3
手引き書を同僚とレビューする

下書きをレビューする準備が整ったら、Office アプリの共同編集機能を使って、下請け業者向けの新しい手引き書を関連製品のマネージャーと共同でレビューします。 まず、ハンドブックを OneDrive または SharePoint に保存して、他のユーザーとリアルタイムに編集できるようにします。 ドキュメントをクラウドに保存すれば、だれもが同じバージョンのドキュメントで作業でき、加えられた変更が全員の画面に随時反映されます。

手引き書を同僚と共有して開き、変更に着手します。 ドキュメントを現在編集しているユーザーや、そのユーザーが作業しているドキュメントを確認できます。

View Training

4
要件についての仮想的なレビュー セッションを開催する

下請け業者が製造要件を確実に把握できるように、Skype for Business のビデオ チャットを使って、手引き書を詳細にレビューします。 Skype for Business は、インスタント メッセージ (IM)、通話、ビデオ通話、共有、および共同作業を 1 つのツールにまとめたものです。 クリック 1 回で、デバイスを問わず、どこからでも下請け業者との会議を始めたり、会議に参加したりすることができます。 画面を共有して、要件に関する新しい手引き書を一緒に確認していきます。

View Training

5
最終版の要件を提示する

手引き書のレビューを終え、承認を受けたら、Outlook の新しい添付機能を使って手引き書を下請け業者に配布します。 手引き書は既にクラウドに保存されているため、最近更新されたファイルとして Outlook で認識されます。 送信時に、下請け業者の添付ファイルのアクセス許可を読み取りのみに設定して、変更を加えることができないようにします。

View Training

ケース スタディ

Office 365 により、高精度の優れた製品をリリースする自動車部品メーカー

購買意欲の刺激を目的に設計された、高度な機能や性能を備えた新しい自動車やトラックが毎年市場にリリースされます。 この毎年繰り返されるサイクルにより、自動車のサプライ チェーン全体が影響を受け、サプライヤーも同じペースで革新することが求められます。 動力伝達装置からタイヤ管理システムまで広範な自動車部品を製造している Dana Holding Corporation は、製品管理プロセスに絶えず磨きをかけ、時代に遅れないようにするだけでなく、時代を先取りできるよう取り組んでいます。

Learn More

その他のトピック