生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

従業員に関わり合い、つながりを築くことで、企業文化を形成する

会社全体に速やかに、効率的に情報を共有して、従業員の専門力と経験を集める

使用を開始する

1
情報を速やかに共有して、トピックについて話し合い、次のステップを決める

効果的にチーム全体とコミュニケーションを取り、情報のサイロ化を解消するには、効率的な統合プラットフォームとなる —Yammer を利用して、チームのつながりを築くことができます。 Yammer を使うと、マネージャーやグループ リーダーは、常に最新の情報が行き渡るように、チーム全体に通知を行い、必要に応じてビデオや写真、Office 365 ファイルを共有できます。 Yammer があれば、誰でも、どこにいても、すぐに会話に引き込むことができます。 Yammer は Office 365 と統合されているので、グループの誰でもアクセスできるように、作業中のファイルを直接 SharePointOneNote ノートブックで共有できます。

View Training

2
共有環境で、他部署とディスカッションを行う

十分な情報を基に意思決定をするために、自分のチーム外の専門家の知恵を借りなければならないことがあります。 Yammer はオープンな場であるため、必ずしも日常的に一緒に仕事をしていない同僚とも、すぐにつながることができます。 Yammer なら、グループに質問したり、@メンションで特定の分野の専門家を指定して、回答を求めることができます。 Yammer でチーム内の連帯が生まれると、チームの知識ベースが拡大し、イノベーションを刺激できます。 グループの誰でも、今度共有すべきすばらしいアイデアを思い付いたら、新しい会話を開始できます。

View Training

3
どこからでも会社全体のミーティングを開催する

会社全体で共有する必要がある重要な情報がある場合、Skype for Business ブロードキャスト会議を開催できます。 ブロードキャスト会議では、参加者がどこにいても、ほぼどのデバイスからでも、1 つの会議セッションで最大 10,000 人の参加者をつなぐことができます。 会議中に、投票アプリの Microsoft Pulse を利用して、リアル タイムでオーディエンス側の参加者と関わりを持ちましょう。 会議のビデオを作成して、将来参照できるように OneDriveSharePoint に投稿することもできます。また、Yammer フィードを埋め込むと、参加者はどこからでもリアル タイムで質問ができ、会議終了後も会話を続けることができます。

View Training

4
1 つのリポジトリでコンテンツを一元管理して、アクセスできるようにする

グループ プロジェクトや成果物のためにリソースや最新のファイルを探していて、プロジェクト全体の期間の貴重な時間が失われることがあります。 Yammer グループから直接、必要なファイルに同僚が簡単にアクセスできるようにすることができます。 Yammer のすべてのグループは Office 365 グループになるため、Yammer を使うと情報やドキュメントを簡単に共有できます。メンバーは、すぐに一連の共有リソースにアクセスできます。

View Training

5
仮想の専門家ネットワークを築き、意思決定を合理化する

Yammer は、ポケットに納まる専門家のネットワークです。 Yammer を使うと、質問や問題をネットワークに投稿して、ネットワークに追加した専門家からすぐに専門的なアドバイスを受けることができます。 Yammer グループのメンバーは誰でも、いつでも必要なときに、Android、iOS、または Windows デバイスからグループに直接アクセスできます。 検出フィードを使うと、自分の仕事に関連する会話が表示され、これまで知らなかった専門家とつながることができます。

View Training

ケース スタディ

クラウドに移行することで生産性を引き出し、世界中の従業員をつないでいる Aon

Aon は、世界有数のリスク管理と人事ソリューションのプロバイダーで、66,000 人の従業員を擁し、120 か国以上で顧客にサービスを提供しています。 世界中で事業を展開する同社は、メールにとどまらない、コミュニケーションと共同作業の強力なソリューションを見つけることが重要だと認識していました。 Aon の最高知識責任者を務める Neeru Arora 氏は、「情報を周知させ、速やかに拡散できる、オープンかつリアルタイムの知識共有プラットフォームを必要としていました」と話します。 同社では、従業員どうしの力強い連携と、確かな知識共有を実現するため、Microsoft Office 365 を導入しました。 今や Office 365 生産性ツールのおかげで、ベスト プラクティスの共有、動的なチームの編成、同じ建物内または地球の裏側にいる同僚との共同作業やコミュニケーションが可能になりました。

Learn More

その他のトピック