生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

デバイスのデータを保護するモバイル セキュリティ ソリューション

中小企業のオーナーであっても、国際的に展開している大企業の従業員であっても、モバイル セキュリティは組織構造の一部であり、IT 部門の主要な使命の 1 つです。クラウドの採用が急速に進み、「個人所有機器の持ち込み (BYOD)」テクノロジの利用が可能になったことで、社内のほぼ全員が、いつでもあなたのデータにアクセスできるというのが現状です。これは、ハッキング、ウイルスなどの攻撃を受けやすい状態と言えます。

当然、このことは理解されており、モバイル データ保護プランも実施済みでしょう。しかし、その支出によって得られているものは、現在のように威力を増しているモバイル セキュリティへの脅威に対して必要とされるレベルの保護でしょうか? ここでは、モバイル セキュリティ ソリューションを選ぶときに本当に重要な、いくつかの機能を見ていきましょう。

  • デバイスレベルのコンテナまたはペルソナ: BYOD セキュリティに関しては、デバイスレベルのコンテナまたはペルソナを使用することで、IT チームはユーザーのデバイス上にコンテナと呼ばれる空間を作成して、ビジネス アプリをそこに置き、特定のプロトコルの対象にすることができます。これにより、セキュリティ手段をデバイス全体に適用しなくてもデータは保護され、デバイスは引き続き個人的な用途に使用でき、操作性が低下することもありません。

使用を開始する

その他のトピック