生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

ビジネスの開始を成功に導くために必要なステップ

ノート PC を置いたテーブルで談笑している複数の人々

自分のビジネスを立ち上げること。それは、希望と可能性に満ちあふれ、心躍り、ワクワクする経験です。どんな願いもかない、そして何が起きてもおかしくない時間です。このプロセスの特徴としては、想像性、情熱、純粋性、良い意味での大胆さ、などが挙げられます。そして、心躍る経験です。

しかし、シャンパンの栓を開ける前に、山積みの作業をこなす必要があります。つまり、ビジネスの立ち上げは、夢やアイデアを実現する、という理想だけではうまくいきません。資金、それも多くの資金が必要です。また、無駄をそぎ落としたプラン、今後の展開計画など、その他多くのものが必要です。でも、やるべきことの多さに気落ちしないでください。きっと成し遂げることができます。立ち上げに必要なことを整理して、それを潜在的投資家、顧客、取引先に提示する方法を把握すればよいのです。それでは、必要な作業の一部を見てみましょう。そうすれば、ビジネスを正しい方法で開始できるはずです。

事業計画書を書く

中小企業の立ち上げは、非常に難しく聞こえますが、計画書の作成から始める必要があります。事業計画書は決まりきった文言で構成されますが、自分自身が事業の方向性を理解し、出資者を募るという目的を達成できるように設計されています。一般的には、米国の連邦小企業庁 (SBA) が、次の 7 項目をすべての事業計画書に含めるよう推奨しています。含める項目:

  • 事業計画概要。事業内容と、事業内容が成功すると思われる理由についての要旨を記載します。
  • 会社概要。会社についての詳細情報、解決する問題と消費者、対象となる組織や企業について記載します。この中で、競争上の優位性やチームの専門家などについて説明します。このスペースを使用して、会社の強みについて語りましょう。
  • 市場分析。業界の展望や対象の市場についての詳細情報を記載します。ここでは、他企業の業務概要とその強み、そしてあなたの会社がどのようにして市場でのシェアを伸ばすことができるかを記載します。
  • 組織と経営陣。ここでは、会社の組織構造と経営陣について説明します。
  • サービスまたは製品。ここでは、提供する製品やサービスについての詳細な情報を記載します。
  • マーケティングと販売。ここでは、会社のマーケティング方法と、販売戦略の詳細情報を記載します。
  • 資金調達依頼。資金調達が必要な場合には、このスペースを使用して、今後 5 年間でどのくらいの資金が必要であるか、そしてその用途を記載します。
  • 財務計画。ここでは、財務内容を説明し、裏付けのある財務予測、バランスシート、財務諸表などについて記載します (既に設立済みの会社の場合)。
  • 付録。この省略可能なセクションには、経歴、ライセンス、許可書、特許、法的文書、許諾状などについて記載します。

事業計画書の作成をどのように開始したらよいかわからない、またはゼロから開始したくない場合には、包括的なテンプレートが用意されている、ドキュメント作成ソフトウェアを利用することもできます。

競争力のリサーチ

自社の事業計画のためでも、自分自身の自己啓発のためでも、会社の立ち上げ前、そして会社の立ち上げ後も、自社の競争力を把握することは非常に重要です。もちろん、使い慣れた検索エンジンを使って、データの収集、業界紙の閲覧、ソーシャル メディアでのフォローを行うことはできますが、文書作成プログラムがあることを忘れないでください。お持ちの文書作成プログラムによりますが、事業計画書やファイルから直接リサーチを行うことができます。関連項目や、信頼できるソースからのコンテンツを検索できる機能により、ドキュメントを開いたままで有益な情報を入手できます。

使用を開始する

その他のトピック