生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

eDiscovery サービスが実現するあらゆるビジネスの保護

電子情報開示 (eDiscovery) は、訴訟事例で証拠として使用できるメール、プレゼンテーション、データベースなどの電子的に保存されている情報を識別し、収集して提供するプロセスです。

組織が保存している電子データは大量であるため、eDiscovery は複雑なプロセスになる可能性があります。さらに、電子ファイルは本来動的なものですが、元のファイル プロパティ、コンテンツとメタデータ (日付タイム スタンプなど)、作成者と受信者に関する情報を保持することが重要です。そうすることにより、訴訟プロセスで証拠 (がある場合には) を改ざんしたという申し立てを無くすことができます。

ご想像のとおり、情報やファイル (およびそのメタデータ) を自動的に検索できる訴訟サポート ソフトウェアがなければ、eDiscovery プロセスは困難な作業で、時間とコストがかかります。幸いなことに、組織が訴訟の準備を行うときに役立つさまざまな eDiscovery ソフトウェアがあり、検出に伴う作業を比較的迅速に完了させることができます。ただし、どのようなソフトウェアを探せばよいかは、簡単には把握できません。ここでは、訴訟で非常に有効な eDiscovery プラットフォームの 4 つの機能について説明します。

  • 一度に複数の場所でキーワード検索: 1 回のキーワード検索でメール、ドキュメント ポータル、オンライン ストレージ、インスタント メッセージ サービスなどのすべてを検索する機能を使用すると、訴訟事例に関連がある可能性のある重要なファイルやドキュメント、さらに会話もすばやく見つけることができます。さらに、一部の eDiscovery ソフトウェアでは、検索結果をリポジトリにエクスポートした後、エクスポート レポートをダウンロードできます。実際の検索結果をすべてエクスポートする必要がないので、eDiscovery マネージャーは、分析対象となるドキュメントのフィールドを絞り込むことができ、最終的に時間を節約できます。

使用を開始する

その他のトピック