生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

顧客からのフィードバックを支店長と共有する

さまざまな地域の支店長全員で会議を実施して、顧客からの共通のフィードバックを共有し、改善すべき点を特定しましょう。

使用を開始する

1
複数のカレンダーに対応しながら簡単に会議をスケジュールする

異なるタイムゾーンや拠点にいる支店長が会議に参加する必要がある場合、Outlook カレンダーを一目で確認し、全員にとって都合の良い時間に予定を入れます。 Outlook カレンダーは手帳に書き込むのと同じ感覚で使用でき、任意の時間帯をクリックして入力します。 スケジュール アシスタントを使えば、チームのスケジューリングが容易になります。また、Outlook ビューに支店長のカレンダーを追加すれば、自分のカレンダーと並べて表示できます。

View Training

2
支店長と「対面」で連絡を取る

Skype for Business HD ビデオ会議を使って、支店長全員で定期的な全体会議を実施します。 Skype for Business は、インスタント メッセージ (IM)、通話、ビデオ通話、共有、および共同作業を 1 つのソリューションにまとめたものです。 クリック 1 回で、デバイスを問わず、どこからでも従業員との会議を始めたり、会議に参加したりすることができます。さらに、会議を参考資料として録画しておくこともできます。

View Training

3
1 か所で会議のファイルを共有する

会議後に、会議の録画と併せて、支店の分析ファイルを SharePoint サイトで参加者全員に公開できます。 SharePoint サイトを利用すると、情報の保管、整理、共有、アクセスを、ほぼすべてのデバイスから安全に実行できるようになります。

支店長のチーム サイトを用意して、ファイルを保存する 1 つのライブラリを全員で共有します。 Web ブラウザーに関係なく、会議に参加できなかった人全員がこれらのリソースにアクセスできます。

View Training

4
支店長にフィードバックと意見を求める

会社のさまざまな支店からフィードバックをたくさん得られるように、Yammer で新しいグループを作成します。 Yammer は、チームの枠を超えて従業員どうしが情報を共有し、プロジェクトを基にグループを編成できるエンタープライズ ソーシャル ネットワークです。 参加できるのは同僚だけなので、コミュニケーションの安全は確保され、公開されるのは社内のユーザーのみです。

新しいグループを作成したら、そのグループを公開して社内全体の同僚とつながるようにするか、非公開にしてチーム内だけでコミュニケーションを取れるようにするかを選択できます。 

View Training

ケース スタディ

ビデオ通話を利用して顧客サービスを改善し生産性を向上した保険会社

ERGO Group は、ドイツやその他のヨーロッパ諸国における大手保険グループの 1 つです。 ERGO Group が密接に連携しているパートナーの 1 つに、とあるグローバルな銀行のドイツ支店があります。 このパートナーがコミュニケーション ソリューションを Skype for Business にアップグレードした後、ERGO Group も Skype for Business の採用を決めました。これにより、銀行パートナーや顧客とより効率的にコミュニケーションが取れるようになりました。 結果として、従業員の交通費が削減されると同時に、魅力的な顧客サービスをタイミング良く提供することがこれまで以上に可能になりました。

Learn More

その他のトピック