生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

プロジェクト計画の失敗に繋がる 6 つの理由

プロジェクトの失敗は高くつきます。実際に、Project Management Institute (PMI) の調査によると、組織はプロジェクトとプログラムへの投資 10 億ドルにつき 1 億 900 万ドルを失っています。そして、プロジェクトの規模が大きいほど、失敗の傷は深くなります。別の業界レポートによると、大きなプロジェクトは小さなプロジェクトに比べ、失敗する率は 10 倍に達し、遅延、予算超過、重要機能の欠落が発生する率は 2 倍です。中小規模のプロジェクトには危険が少ないのかもしれませんが、関わったことのある人であればだれでも、苦労と無縁ではなかったと承知しています。

では、規模の大小によるこの違いをもたらしている要素は何でしょうか? PMI によると、プロジェクトが失敗する一般的な要因は、組織内での優先順位の変更 (40%) やリソース不足 (20%) などです。プロジェクト マネージャーが制御できる範囲外の要素もありますが、多くはそうではありません。

ここでは、プロジェクト計画が短期間で失敗する 6 つの理由を説明します。

  1. 固定的な手法 — 現在のプロジェクトには、動的な部分が数多くあります。マーケティング、人事、IT、製造、その他どのような分野のプロジェクトであっても、俊敏性と柔軟性の欠如は失敗に直結するおそれがあります。プロジェクト マネジメント ソフトウェア ソリューションおよびアプリケーションの導入と歩調を合わせて成長してきたアジャイル型のプロジェクト管理がここ数年のトレンドであり、PM Times によると「今後さらに発展していくであろう」ということです。 PricewaterhouseCoopers によると、アジャイル向けフレームワークとして最も人気があるのは Scrum (43%)、次は Lean & Test Driven Development (11%)、eXtreme Programming (10%) です。アジャイル型の組織は非アジャイル型の企業よりも売上の伸びが 37% 速く、30% 多く利益を上げていますが、アジャイル手法を使用していると回答した企業は全体の 3 分の 1 未満でした。
  2. ローエンドのソフトウェア ソリューション — 優れたソフトウェア ソリューションに投資せずに、機能が不十分なローエンドのツールを購入することもまた、多くの企業が犯す誤りです。驚くことに、一部の企業 (23%) はプロジェクト マネジメント ソフトウェアをまったく使っていません。しかし、成績のよい企業 (87%) は、プロジェクト マネジメント (PM) ソフトウェアによる効率の向上と機能の強化が重要であると理解しています。とは言え、どんなソフトウェアでもよいわけではありません。成功を収めている企業は、新しいプロジェクト マネジメント ソフトウェア選定の際に、信頼性、連携のしやすさ、使いやすさを重要な特性と考える傾向があります。優れたソフトウェアは、Office、Office 365、Skype、PowerPoint、SharePoint など、世界中でよく使用されているツールとシームレスに連携できることに加えて、技術面での複雑さを避けながら柔軟性とセキュリティを高めるために、最先端のクラウドベースのプロジェクト マネジメント サービスを提供している必要があります。

使用を開始する

その他のトピック