生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

テレビ会議システムに関して IT の分野で行うべきアプローチ

自宅や外出先で作業する従業員が増加するにしたがって、ビデオ会議は、同僚とつながるための主要な方法になってきました。ビジネス上の日常的なコミュニケーションやコラボレーションにとって、オンライン会議の重要性はますます高まっています。

IT チームと協力することは、仮想会議のために必要なものを十分に備えることができ、利用可能なテクノロジを最大限に活かすためのノウハウを入手できるという利点を従業員にもたらします。一方、IT チームも、従業員が成功に向けてビデオ電話会議を設定できるよう支援することにより、貴重な時間を節約できます。

設定をあらかじめチェックする

電話会議を始める前に、従業員は、IT と協力して、必要なプラグインや最新のテクノロジが揃っていることを確認する必要があります。さらに、会議の数分前に、従業員は、すべてのカメラとマイクの入出力が電話会議で正常に機能することを自分で確認する必要があります。

不要な遅延を防ぐ

多くの場合、ネットワーク接続の問題が原因で、遅延、ビデオや音声の非同期はよく発生します。会議への影響を防ぐため、IT チームに要請して、ビデオ会議用のネットワーク トラフィックが優先されるように QoS を設定してもらい、オフィス内から遅延などの問題なく会議に参加できるようにしておくのもよいでしょう。さらに、ダイヤルイン数も接続速度を低下させる可能性があります。従業員はこの点に留意して、重要な参加者のみを参加させるか、可能であれば、複数の出席者を単一のダイヤルインにグループ化する必要があります。

使用を開始する

その他のトピック