生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

メール、1 人、またはグループで作業する

Microsoft Exchange Online は、‘私’ の領域で使っているのと同じ使い慣れた Outlook 環境を通じて、‘私たち’ の領域で共同作業できるようにするメールと予定表のバックボーンです。 Exchange Online なら、どのデバイスを使用していても、一貫性のある充実した Outlook 機能で、さらに多くの成果を上げ、効率よく仕事ができます。

使用を開始する

1
受信トレイをパーソナライズ

Exchange Online のインテリジェントなメール管理機能で、さらに効率をアップしましょう。 最も重要で関連性の高いメッセージに集中でき、重要性の高くないメールも失うことがありません。 たとえば、優先受信トレイは最も重要なメールに集中するのに役立ちます。 [優先] タブには最も重要なメールが表示されますが、他のメールには [その他] タブから簡単に (ただし、目立たないところで) アクセスできます。 [その他] にはメールのアクティビティに関する通知が表示され、いつでもタブを切り替えてすばやく確認できます。 優先受信トレイは、ユーザーにとって何が重要と見なされるかを自動的に学習します。

View Training

2
メールの添付ファイルのスマートなアプローチ

Exchange Online では、ドキュメントを添付する従来の方法に工夫が加えられており、バージョン管理の問題を軽減できます。 Outlook 2016 または Web の Outlook を使うと、これまでどおり添付ファイルを追加できますが、受信者は SharePoint または OneDrive でドキュメントへのリンクを受け取ります。アクセス許可は自動的に設定されています。 各共同編集者が持っているドキュメントの複数のバージョンをマージする必要はありません。

View Training

3
プラットフォームや場所を問わず、生産性を向上

自分のデスクにいなくても、Exchange Online があれば一貫して同じように簡単に操作ができます。 さまざまなデバイスとプラットフォームで利用できる Outlook は、クラウド ベースの検索とトリアージ、メール、ファイル、ユーザー間のスマートな統合、さまざまな画面サイズに合わせた最適化など、どこにいても生産性向上に役立つ機能を提供します。

View Training

4
グループとして共同作業

Office 365 グループを使うと、共同作業するユーザーのグループを選択し、それらのユーザーが共有するリソースのコレクションを自動的に受信できます。 グループは、共有の受信トレイや予定表と共に使い慣れた Outlook 環境に表示され、共有ドキュメント ライブラリ、OneNote ノートブック、計画ツールなどに簡単にアクセスできます。 新しいメンバーのオンボーディング時に、たくさんの古いメールと会議出席依頼を転送する必要はなくなりました。グループに参加すると、グループのメールと予定表の履歴すべてにアクセスできます。

View Training

その他のトピック