生産性のライブラリ

すばやく作業を進めるための簡単な方法を検索する

下を検索するか、[財務]、[人事]、[マーケティング]、[営業] をクリックします
Microsoft 365 の詳細情報

組織の垣根を越えてシームレスに作業する

いつでも、どこでも、ほぼどのデバイスでも、重要な情報と人に必要に応じてアクセスできます。

使用を開始する

1
各種のデバイスからファイルにアクセスできる、安全な場所を用意する

出張中に仕事のファイルにアクセスできると、オフィスに戻ったときに右往左往しないでいられます。 チームのメンバー全員が使用できるドキュメント ライブラリを SharePoint に作成するか、自分だけがアクセスすればよいファイルなら OneDrive に保存しましょう。これで、すべての仕事のファイルをさらに安全に保存できる場所を確保できます。 SharePoint や OneDrive のファイルには、ほとんどのデバイスからアクセスできるだけでなく、すばやくアクセスできます。添付ファイルとして送信されたファイルについては、Outlook on the web の特別なビューからアクセスできます。

View Training

2
デバイスの種類を問わず、オフラインのときでも、生産性を維持する

サービス提供エリア外で仕事をすることがわかっている場合は、ほぼどのデバイスでも、作業をしたいすべてのファイルを OneDrive からあらかじめダウンロードしておき、変更できます。 ファイルは再びオンラインになったときに同期されます。 OneDrive 同期クライアントをインストールしている場合は、どこからでも OneDrive と SharePoint のファイルに OneDrive アプリから安全にアクセスできます。

View Training

3
同僚および外部の利害関係者と簡単にファイルを共有する

以下はよくあるシナリオです。 契約書を作成し、レビューのためそれを同僚とクライアントに送付します。それぞれ異なる変更指示が入った複数のコピーが戻ってきます。これらの変更をすべて 1 つのドキュメントに統合する必要があります。 1 つのドキュメントから、突然、複数の、おそらく競合するバージョンが派生しています。 信頼できる唯一の情報源はもはやありません。 そのような事態が一切起きないようにするには、ドキュメントを SharePointOneDrive に保存し、同僚とクライアントに対する編集権限を設定して、レビューをしてほしい同僚やクライアントと共有します。

View Training

4
どこからでも、ほぼどのデバイスでも、ドキュメントのアップロードやアクセスを行う

ほとんどのデバイスから OneDrive または SharePoint にドキュメントを簡単にアップロードできます。 OneDrive モバイル アプリを使って、ドキュメントや写真をスキャン、共有、アップロード、編集できます。 また、どのデバイスからでも、任意の相手と簡単に共有できます。

View Training

5
デバイスからいつでもサイズの大きなドキュメントへのリンクを作成する

共同作業ができるように、外出中に Outlook を使用してほぼどのデバイスからでも、すばやく簡単にサイズの大きなファイルのリンクを配布できます。 OneDrive や SharePoint に保存されているファイルのリンクを送信すると、全員に同じバージョンのドキュメントが表示されることになります。 リンクを送信する前に、アクセス許可を設定して、メッセージの受信者に読み取り専用アクセスや編集可能アクセスを付与できます。 また、受信者がファイルを他のユーザーと共有することも許可できます。

View Training

ケース スタディ

サービス拡大と顧客からの信頼維持のためにクラウド スイートを採用した法律事務所

John Browning 氏は個人の法律事務所を立ち上げてから 17 年になりますが、弁護士としての業務よりも、事業の経営とテクノロジの管理に時間を取られているように感じるときがありました。 彼が必要としていたのは、顧客の機密情報を保護できる、実行しやすい共同作業環境です。 Browning Law Group は Microsoft Office 365 を採用して以来、機動力があり、柔軟で、セキュリティの高い環境を構築しています。この環境では、社内の弁護士がつながりを保つことや、短時間で効率よく作業すること、そして顧客からの信頼を維持することが可能です。

Learn More

その他のトピック