概要
Guided Tour

Guided Tour

The Art of Teamwork ガイドへようこそ

チームを成功に導くダイナミクスを向上させる方法を、このガイドで学びましょう。

一部の機能はマーケットにより異なります

複雑な課題には生産的なチームワークが必要です

チームワークは、今日の世界が直面している課題を解決するために不可欠ですが、チームワークそのものが課題となることがあります。多様な視点はチームが前に進むために欠かせませんが、チームのダイナミクスが健全でないときは、相違が誤解につながりやすくなります。

健全なチーム ダイナミクスの重要性

レジリエンス (回復力) を高めて成功への足場を固めるためには、健全なダイナミクスを確立して育てる必要があります。最初のステップは、このようなダイナミクスとは何かを理解することであり、次にそのダイナミクスをチーム内で育てていく方法を学びます。

健全なチーム ダイナミクスを育てる

ダイナミクスが育まれると、チームが複雑な、予期していなかった課題に取り組みやすくなります。このことは、成長を続ける会社文化、より良い意思決定、チーム メンバーの満足度向上などのポジティブな結果にもつながります。

The Art of Teamwork ガイド

この The Art of Teamwork ガイドは、チームのより良い成果につながる対人関係のダイナミクスを強化することを目的としています。実在するさまざまなチームの事例を基にしており、組織のトップ、受賞歴のあるジャーナリスト、オリンピック選手、鮮魚商などの体験が反映されています。

概要

The Art of Teamwork のフレームワークは、チーム ダイナミクスに影響を与える中核的要素を集めて構成されています。これは、チームがその多様性を活用し、信頼を築き、イノベーションを推進するのに役立ちます。このフレームワークは、現在のチームのプロセスを中断することなく、より大きな組織文化に価値を付加するものにもなるはずです。

チームの目的

健全なチームワークの出発点は、明確なチームの目的、つまり共有された意義です。これによってチームは焦点を維持し、方向性をそろえ、パフォーマンスを高め、メンバーの満足度を向上させます。

集合的アイデンティティ

集合的アイデンティティとは、団結力を高めてチームが一丸となって働くのに役立つ、共通の帰属意識です。

認識とインクルージョン

認識とインクルージョンは、自己と他者の理解です。チームが対人関係のダイナミクスにうまく対応し、インクルージョンを促進できるようになります。

信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる)

信頼とバルネラビリティは、チームにおける対人関係上のリスクテイキングを可能にする、感情的安全性の構成要素です。

建設的な緊張

建設的な緊張とは、チームがその相違を活用したときに得られる生産的な力です。

概要

中核的要素のそれぞれについて、ソート スターターとファシリテーター ガイドがあります。前者は自分ですぐに始めたい方、後者はチームで実施したい方を対象としています。一連のアクティビティは、チームが共に前進していくのに必要な対人関係のダイナミクスを向上できるように作られています。

時間と活動

アクティビティは、5 分で終わるものもあれば、1 時間半ほどかかるものもあります。開始するにあたっては、時間と活動の要件が記載されているので、どこから開始し、何が必要かを決めるための参考にしてください。

ソート スターター

開始する準備はできましたか? ソート スターターのアクティビティは、一人で試してみることも、チームと一緒に取り組むこともできます。チームワーク技法 (art of teamwork) について自分自身の理解を深めるのに役立つとともに、優れたチーム作りのマインドセットと視点への入り口となります。

ファシリテーター ガイド

さらに深く進む準備はできましたか? ファシリテーター ガイドは、チームのディスカッションの進行役をサポートするものであり、新しい行動やパターンをチーム全体で取り入れるのに役立ちます。ソート スターターと同じアクティビティも多数含まれていますが、ファシリテーター ガイドはさらに一歩、チーム全体で前進することを意図しています。

チームの準備はできましたか? 始めましょう!

生産的なチームワークの重要性を理解できたので、中核的要素のそれぞれに取り掛かることができます。このオンライン ガイドは、おすすめする順序で最初から実施することも、関心のあるトピックを選んでそこから開始することもできます。

チームの目的へようこそ

このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいてチーム目的が果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームが共通の目的を特定して明確に表現し、確実に守るようにするのに役立ちます。

チームの目的とは

明確なチームの目的は、生産的なチームの土台であり、チームが最初の取り組みで焦点を合わせるべき部分でもあります。

数値指標ではなく、強い願望

望ましくない: 「これは、私たちが KPI と最終的な業績に与えることのできる影響です。」

望ましい: 「これは、私たちが世界に与えたい影響です。」

会社命令ではなく、集団演習

望ましい: 「私たちは何者でしょうか? これはなぜ重要なのでしょうか? 私たちがチームとして与えたい影響について、みんなで繰り返し考えてみましょう。」

望ましくない: リーダー: 「皆さん、これが私たちの新しい目的です。」

共通のゴール

共通のゴールとは、具体的で達成可能なマイルストーンです。チームはその目的に達するまで、はしごを上るようにゴールを一つずつ達成していきます。たとえば、成長目標を達成するための共通のゴールとして、新たに 500 軒の小売店と取引を開始するというものが考えられます。

チームの目的によって方向性が明確になり、一致する

チームの目的が明確で、全員が合意し、心の底から感じていれば、チームメイトそれぞれが自律性とエージェンシー (行為主体性) の感覚を持って自ら意思決定を下し、行動するようになります。チーム全体の方向性が一致していることを知っているからです。これにより、チームの焦点を維持し、パフォーマンスを高め、メンバーの満足度を向上させることができます。

チームの目的が集団としての活動を推進する

Jen Flanz さんは、米国のテレビ番組 The Daily Show with Trevor Noah のエグゼクティブ プロデューサーです。多様な才能を持つ放送作家のチームを管理していますが、そのチームの目的は、可能な限り最高の番組を毎晩届けることです。そのため、せっかく書き上げた台本もボツになってしまうことがあります。

パイク プレイス フィッシュ マーケットのチームの目的

Taho さんは、米国ワシントン州シアトルにあるパイク プレイス フィッシュ マーケットの鮮魚商です。訪れる人を楽しませる売り子たちは、新鮮な海産物と同じくここの名物です。チームの正式な仕事は魚を売ることですが、メンバーが朝早く起床するのには別の理由があります。「自分自身より大きいことに貢献するとき、たとえば他の人を幸せにしようとするときにやる気が出るのは、大きな目的のためだからです」と Taho さんは語ります。

 

Art of Teamwork の事例全文を参照する

 

チームの目的がなかったらどうなるか

明確なチームの目的が欠如している場合は、自分たちが集団として何を前進させようとしているかをはっきりと述べることは難しくなります。このことは、長期的および短期的なゴールを達成する能力に影響します。チーム メンバーの足並みは乱れ、焦点が定まらず、バラバラになってしまいます。

チームの目的を探求する

このソート スターターでは、どのようなものがチームの目的となるかを考え、チームを触発して全員で作り上げることができます。所要時間は約 20 分です。次に、これらのコンセプトをチームに取り入れて方向性の一致を推進することができます。

 

ソート スターターをダウンロードする

チームの目的をチームで活性化する

このアクティビティは、チームが共通の目的を特定し、言葉で表現し、確実に守るのに役立てることを意図しています。

 

ファシリテーター ガイドをダウンロードする

チームの目的がチームの力となっていることを確認する

以上のアクティビティを完了したチームは、共通のゴールに焦点を向け、パフォーマンスを高め、満足度を高めることができるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。

チームの目的を Microsoft Teams で実践

高いパフォーマンスを示すチームには、明確な目的があります。Microsoft Teams は、チームが常に足並みをそろえるのに役立ちます。

集合的アイデンティティへようこそ

このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて集合的アイデンティティが果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームが共通の価値を中心として方向性を一致させ、合意事項を作成して継続的に再考し、共通の体験を通じて絆を深め、チーム独自の習慣を実践するのをサポートすることを目的としています。

集合的アイデンティティとは

集合的アイデンティティとは、団結力を高めてチームが一丸となって働くのに役立つ、共通の帰属意識です。これは、チームが建設的な緊張をうまく利用する能力の向上にもつながります。

価値と合意事項

集合的アイデンティティについて大切なことは、チームの共通の価値と合意事項が反映された経験を作り出すことです。

従わせるのではなく、方向性を一致させる

望ましい: チームが支えたいと願う、共有の価値が定義されている。
望ましくない: 特定の行動を義務付ける。

ミーティングではなく、習慣

望ましい: 「週例ミーティングの後で、週末にあった楽しいことを一人一つずつ発表しましょう。」
望ましくない: 「週例ミーティングの後で、マーケティング チームと同じようなミーティングを開いてより具体的な最新情報を確認しましょう。」

主な構成要素

チームが集合的アイデンティティを形成するには、共通の価値を中心として方向性を一致させ、合意事項を作成して継続的に再考し、共通の体験を通じて絆を深め、チーム独自の習慣を実践します。強い集合的アイデンティティの感覚を持つチームには、共通の帰属意識があります。それが結束力を構築し、チームがひとつになって働く後押しをします。

共通の価値

共通の価値とは、チームが成功のために必要だと定義する信念や姿勢です。チームの共通の価値の例としては、"あいまいさを受け入れる"、"他の人の成功を後押しする" などがあります。チームが表明する共通の価値は、毎日の行動を通じて命を吹き込まれます。

合意事項

合意事項とは、チームの価値を具体的に言葉で表し、チームの同意を得たものです。合意事項は、たとえば毎日の始業時間と終業時間にチームで再確認することや、フィードバックの手段として合意されたものが考えられます。

習慣

習慣とは繰り返される行動や活動であり、公式と非公式の両方の合意事項を強化します。習慣は、複雑なものとは限りません。毎週月曜日にチームで食事に行く、チームのスローガンを唱和する、毎朝クリエイティブなエクササイズを行うなどが考えられます。

チームが一丸となって働けるように結束力を構築する

強い集合的アイデンティティの感覚を持つチームには、共通の帰属意識があります。それが結束力を構築し、チームがひとつになって働く後押しをします。

価値に基づくロードマップ

Caryl Stern さんは、米国ユニセフ協会の会長兼 CEO です。そのチームが合意した一連の価値は、ロードマップの役割を果たしており、チーム メンバーは互いに対して、そしてそれぞれの重要な仕事について説明責任を明確にしています。

火星での生活への合意事項

Kellie Gerardi さんが率いる宇宙飛行士チームは、米国ユタ州の砂漠にある、火星の地表を再現したような場所に送られる前に、何時間にもわたるビデオ会議通話を行いました。それは、この宇宙シミュレーションの期間中、チームが守るべき重要な事項について合意するためです。これは、チームが強い集合的アイデンティティの感覚を形成した方法のうちのひとつにすぎませんが、そのミッションの達成に役立ちました。

 

Art of Teamwork の事例全文を参照する

集合的アイデンティティがなかったらどうなるか

集合的アイデンティティが欠如しているときは、チーム メンバーを一つにするのに役立つチーム意識が存在しないことになります。その結果、チーム メンバー間に距離が生まれることがあり、全力で参加する意欲が失われます。

集合的アイデンティティを探求する

自分がどのような強みや独自の視点をチームにもたらすことができるかを探求します。これによってチームが触発されて、全員で集合的アイデンティティを作ることにつながる可能性があります。少し時間を取って、内省 (リフレクション) してみましょう。

 

ソート スターターをダウンロードする

集合的アイデンティティをチームで活性化する

ここでのアクティビティは、チームが共通の価値を中心として方向性を一致させ、合意事項を作成して継続的に再考し、共通の体験を通じて絆を深め、チーム独自の習慣を実践するのをサポートすることを目的としています。

 

ファシリテーター ガイドをダウンロードする

集合的アイデンティティがチームの力となっていることを確認する

集合的アイデンティティのアクティビティを完了したチームは、役割と責任を明確に認識し、絆で結ばれ、共通の価値を確実に守るようになるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。

認識とインクルージョンへようこそ

このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて認識とインクルージョンが果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームの認識の感覚を高め、インクルーシブな文化を醸成してチーム メンバーが対人関係のダイナミクスの中を歩むのを容易にするのに役立ちます。

認識とインクルージョンとは

認識とインクルージョンによって、自己と他者の理解が可能になり、チームが対人ダイナミクスの中を歩んでいくことができるようになります。認識とインクルージョンはまた、チームが建設的な緊張をうまく利用する能力の向上にもつながります。

相違をなくすのではなく、尊重する

望ましい: さまざまなニーズや好みを認識する。

望ましくない: 特定の働き方を義務付ける。

自分自身に必要なものを理解する

望ましい: 「このような条件のときに、私はチームに貢献できます。」
望ましくない: 「私と仕事をするときは、こうしてもらう必要があります。」

主な構成要素

認識には 3 つのレベルがあります。チームの認識の感覚が高くなると、インクルーシブな文化が醸成され、チーム メンバーが対人関係のダイナミクスの中を歩むことが容易になります。

自己認識

自己認識は、自分の感情を認識するとともに、そのような感情に至っている理由を理解する能力です。自分の気持ちがどこから来ているのかを認識すればするほど、生産的な反応ができるようになり、自分が何を必要としているかを言えるようになります。

相互認識

相互認識は、他者の感情を汲み、自分の行動が他者に与える影響を認識する能力です。これは、共感できるようになるための最初のステップです。たとえば、大音量で音楽がかかっているときに集中できないチーム メンバーがいることがわかっていれば、相互認識の実践として自分は常にヘッドホンを装着します。

状況認識

状況認識とは、自分自身とチームメイトだけでなく、現在自分が置かれている状況も考慮することです。たとえば、あるチームメイトとパフォーマンスの問題について会話する必要がある場合は、2 人だけで行うのがおそらく最善です。そうすれば、他のメンバーを脱線させることはありません。

チームが対人関係のダイナミクスの中を歩む手助けをする

チームの認識の感覚が高くなると、インクルーシブな文化が醸成され、チーム メンバーが対人関係のダイナミクスの中を歩むことが容易になります。

最高のチームにあるのは適応力とエンゲージメント

Shane Snow さんは『Dream Teams』の著者です。これまで参加したなかで最高といえるチームには、認識の感覚の深さという共通点がありました。そのようなチームでは、インクルーシブな文化によってチーム メンバーが各自の能力をフルに発揮することができ、適応力もありました。

大自然のなかで感情について語る

Alex Grishave さんが捜索救難の訓練中に、疲労のためチームを率いていくことができなくなったとき、感情認識のトレーニングで学んだことを思い出して、耐え抜く代わりに仲間の一人に声をかけて引き継いでもらいました。自分がどのように感じているのかを認識し、チームに伝えることができたので、全員の安全を保つことができました。

 

Art of Teamwork の事例全文を参照する

認識とインクルージョンがなかったらどうなるか

認識とインクルージョンの感覚が欠如しているチームでは、メンバーが心を閉ざし、共感もなく、対人関係の摩擦をうまく乗り越えることができないことがあります。

認識とインクルージョンを探求する

どのような条件のときに仕事で成果を出せるかを内省 (リフレクション) します。これをチームに伝えると、各チーム メンバーが触発されて互いのニーズや好みを知るようになり、他のメンバーを最大限にサポートする方法を考えるようになる可能性があります。

 

ソート スターターをダウンロードする

認識とインクルージョンをチームで活性化する

ここでのアクティビティは、チーム メンバーが互いのニーズを理解して尊重するのに役立つことを意図しています。また、メンバーどうしが連携して新しい視点を獲得する機会を積極的に見つけ出すことにも役立ちます。

 

ファシリテーター ガイドをダウンロードする

認識とインクルージョンがチームの力となっていることを確認する

以上のアクティビティを完了したチームは、メンバーそれぞれが成功のために必要としている要望、好み、働き方について認識と感謝の感覚が深まっているでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。

認識とインクルージョンを Microsoft Teams で実践

健全なダイナミクスのチームにいるメンバーは、自己と他者を認識しています。Microsoft Teams は、全員の声を確実に聞き取るのに役立ちます。

信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) へようこそ

このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて信頼とバルネラビリティが果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームが心理的安全性に対する強い感覚を確立するのに役立ちます。安全を感じているチーム メンバーは、対人関係のリスクを取りやすくなります。その結果、自分自身の能力をフルに仕事で発揮できるようになり、革新的なアイデアが花開くための舞台が整います。

信頼とバルネラビリティとは

信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) は、チームにおける対人関係上のリスクテイキングを可能にする、感情的安全性の構成要素です。これらは、チームが建設的な緊張をうまく利用する能力の向上にもつながります。

信頼は時間をかけて獲得するもの

望ましい: チーム メンバーを集めて関係を構築する。
望ましくない: 初日に困難な状況に陥る。

バルネラビリティとは、感情の露出ではなく、心を開くこと

望ましい: 安心して共有できるものを共有する。
望ましくない: 人生のあらゆる出来事を共有する。

主な構成要素

信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) の好循環によって、チームの心理的安全性が確立されます。安全を感じているチーム メンバーは、対人関係のリスクを取りやすくなります。その結果、自分自身の能力をフルに仕事で発揮できるようになり、革新的なアイデアが花開くための舞台が整います。

信頼

信頼とは、自分の弱さを他者に見せても、拒まれることも傷つくこともないと知っていることです。たとえば、個人的なトラウマで苦しんでいるチーム メンバーに対してチーム全員が揺るぎない支持を示していれば、そのメンバーのチームへの信頼が深まります。

バルネラビリティ (弱さを見せる)

弱さを見せる状況には、リスクと感情の発露が伴います。たとえば、チーム メンバーが個人的なトラウマで苦しんでいることをチームに打ち明けるのは、弱さを見せることの一例です。

心理的安全性

心理的安全性とは、個人が自分の意見や考えを述べても非難、批判、敵意を恐れる必要がない、勇敢な状態のことです。心理的安全性は、信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) の好循環を通じて形成されます。

信頼を築くとチーム メンバーは安心してリスクを取れる

チームが相互に信頼を築き、弱さを見せることができるようになると、全員がこのチームで仕事するときに安全であると感じ、安心してリスクを冒すことができるようになります。

チーム メンバーに自分を表現することを許可する

Fernando Garcia さんは Oscar de la Renta の共同クリエイティブ ディレクターです。そのチームが最高の作品を生み出せるのは、デザイナーがどんなに自由奔放で突飛なアイデアを出しても大丈夫だと感じているときです。これが可能になるのは、強い心理的安全性を感じているときであり、これを確立するにはバルネラビリティ (弱さを見せる) と信頼のサイクルを続ける必要があります。

安心して失敗できる場所

INOVA 医療シミュレーション センターでは、レジデント研修医が生死を分ける危機的状況への対応の訓練を受けています。このプログラムの指導者 Maybelle Kou さんは、研修医が失敗の悪影響を恐れることなく失敗できる環境で学ぶことが重要であると考えています。一番良い学習の方法は恐れないことという信念があるからです。また、ベテランの医者が研修医に自分の失敗経験を包み隠さず話す機会も設けています。

 

Art of Teamwork の事例全文を参照する

信頼とバルネラビリティがなかったらどうなるか

信頼とバルネラビリティの継続的なサイクルが欠如しているチームでは、チーム メンバーの潜在能力をフルに活かすことができません。チーム メンバーが批判や敵意を恐れて自分の意見を言えずにいるときは、全力で参加するのを自制しているため、チーム全体の仕事の質に負の影響を与えてしまいます。

信頼とバルネラビリティを探求する

どのような条件のときに自分は仕事に関して信頼を築き、弱さを見せやすくなるかを内省 (リフレクション) します。完了したら、そのことをチーム メンバーに公開すると、感情的安全性を築くのに役立ち、対人関係でのリスクを取れるようになります。

 

ソート スターターをダウンロードする

信頼とバルネラビリティをチームで活性化する

ここでのアクティビティは、チームが信頼を築くことによって感情的安全性を確立し、バルネラビリティの瞬間 (モーメント) を持てるようにすることを意図しています。

 

ファシリテーター ガイドをダウンロードする

信頼とバルネラビリティがチームの力となっていることを確認する

以上のアクティビティを完了したチームは、強い心理的安全性の感覚を確立して、メンバーが対人関係の大きなリスクを取れるようになるとともに、自分の能力をフルに仕事で発揮できるようになるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。

建設的な緊張へようこそ

このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて建設的な緊張が果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、これまでのセクションで確立した健全なチーム ダイナミクスを活用して緊張を建設的な力にするのに役立ちます。

建設的な緊張とは

建設的な緊張とは、チームがその相違を活用したときに生まれる生産的な力です。これが生まれるのは、他の主要なチーム ダイナミクス、つまりチームの目的、集合的アイデンティティ、認識とインクルージョン、信頼とバルネラビリティが育まれ、バランスが保たれているときです。

生産的な力としての緊張

緊張とは、張り詰めた状態です。しかし、緊張が生産的な形でチームの思考を推進し、視点を広げることもあります。有能なチームは、緊張を利用して、それをチーム全体で生産的な力に変える方法を知っています。

意見の相違ではなく、考え方の相違

望ましい: あるトピックについて、チームメイトとは異なる意見を、敬意を失うことなく述べる。
望ましくない: 一方的に自分の意見を押し付ける。

混乱ではなく緩和

望ましい: 緊張の瞬間 (モーメント) を認識し、ツールを使用して解決する。
望ましくない: 緊張の瞬間 (モーメント) への反応として、怒りや敵意を見せる。

主な構成要素

視点が異なるときに、緊張が生じます。この緊張は、不健全なダイナミクスのチームでは破壊的な力となります。しかし、緊張をうまく活用するために健全なチーム ダイナミクスを育てていけば、建設的な力となり、革新的なアイデアを生むことができます。

多様な視点

多様な視点を適切に活用することは、イノベーションを起こすためにきわめて重要です。このような視点は、考え方、経歴、人種、気性、役割、ジェンダー、性別などの多様性から得られます。

健全な状況

建設的な緊張とは、健全な状況で多様な視点が花開くことを許されているときに生まれる、生産的な力です。その反対が、破壊的な緊張です。不健全な状況で多様性が衝突したときに生まれる、ネガティブな力です。

イノベーションと進歩を可能にする

建設的な緊張は、生産的な力となります。チーム メンバーが安心して、ためらうことなく、その多様な視点と能力で貢献しているときは、チームは制約された単一の考え方では不可能な形で、イノベーションと進歩を遂げることができます。

緊張を活かして結束力を引き起こす

ベテランの戦場記者 Farnaz Fassihi さんが率いる多様な宗派の記者チームは、イラク戦争による感情の乱れをオフィスの入り口で捨て去ることができずにいたため、その緊張を活かす方法を見つけようとしていました。結束力を引き起こして、チームが共通の使命の達成に集中するためです。

多様性の受け入れを通して教育する

ハーバード ビジネス スクールの多くのセクションでは、クラスが可能な限り多様になるように編成されています。視点が異なる学生が意見を交わすことは、特定のトピックに対する理解を深めて新しい考え方を生み出すための最良の方法と考えられています。

 

Art of Teamwork の事例全文を参照する

建設的な緊張がなかったらどうなるか

チームのダイナミクスが不健全であるときは、緊張は破壊的な力となるため、チームをバラバラにしてしまうおそれがあります。

建設的な緊張を探求する

自分のチーム内のさまざまな緊張の種類と、それぞれが存在する理由を内省 (リフレクション) します。

 

ソート スターターをダウンロードする

建設的な緊張をチームで活性化する

ここでのアクティビティは、チームの緊張の瞬間 (モーメント) とその発生元を認識し、建設的な力に変える方法を理解することを意図しています。

 

ファシリテーター ガイドをダウンロードする

建設的な緊張がチームの力となっていることを確認する

以上のアクティビティを完了したチームは、建設的な緊張のパワーを利用して、仕事を健全で生産的な方法で進められるようになるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に使用して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。

建設的な緊張を Microsoft Teams で実践

緊張が生じたときに、チームのダイナミクスが健全ならば、より大きな思考とイノベーションにつながります。Microsoft Teams はそれをサポートします。

 学習を続けるための追加のリソース

このセクションでは、このツールキットをチームと共有するとともに Microsoft Teams についてさらに学ぶためのリソースを紹介します。

 ツールキット全体を 1 か所で入手

すべてのソート スターターとファシリテーター ガイドを通して実施してみたい場合は、そのすべてを 1 回で簡単にダウンロードできます。自分とチームの時間を確保して、始めてみましょう。

 

ツールキットをダウンロードする

 

Teams 速習講座

これまでに、健全なダイナミクスの原則と、Microsoft Teams がどのように役立つかを学習してきました。共同でより良い仕事をするために Teams を役立てる方法をさらに詳しく、この速習講座で学習してください。

 

Microsoft Teams 速習講座を読む

Microsoft Teams (無料) を入手

一部の機能はマーケットにより異なります

{"sites":[{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46bGW?ver=3d7e","imageAlt":"Four people sitting around a table talking. One of them is using a Surface Pro, while two of them use permanent markers to write on sheets of paper.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":3,"name":"健全なダイナミクスを確立する","videoHref":"","content":"<p>レジリエンス (回復力) を高めて成功への足場を固めるためには、健全なダイナミクスを確立して育てる必要があります。最初のステップは、このようなダイナミクスとは何かを理解することであり、次にそのダイナミクスをチーム内で育てていく方法を学びます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"健全なチーム ダイナミクスの重要性"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46bHw?ver=4d34","imageAlt":"Two people sitting on a modern chair and couch using a Surface laptop and smiling","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":4,"name":"健全なダイナミクスを育てる","videoHref":"","content":"<p>ダイナミクスが育まれると、チームが複雑な、予期していなかった課題に取り組みやすくなります。このことは、成長を続ける会社文化、より良い意思決定、チーム メンバーの満足度向上などのポジティブな結果にもつながります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"健全なチーム ダイナミクスを育てる"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46oFe?ver=a759","imageAlt":"Close-up photograph of three people’s hands as they write with permanent marker on Purpose Statement Drafting worksheets from The Art of Teamwork Toolkit.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":5,"name":"チームを支援する","videoHref":"","content":"<p>この The Art of Teamwork ガイドは、チームのより良い成果につながる対人関係のダイナミクスを強化することを目的としています。実在するさまざまなチームの事例を基にしており、組織のトップ、受賞歴のあるジャーナリスト、オリンピック選手、鮮魚商などの体験が反映されています。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"The Art of Teamwork ガイド"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"importance-of-teamwork","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":2,"name":"チームワークの重要性","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46gTR?ver=009d","imageAlt":"Diagram representing the five core elements of The Art of Teamwork framework","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":7,"name":"フレームワークの概要","videoHref":"","content":"<p>The Art of Teamwork のフレームワークは、チーム ダイナミクスに影響を与える中核的要素を集めて構成されています。これは、チームがその多様性を活用し、信頼を築き、イノベーションを推進するのに役立ちます。このフレームワークは、現在のチームのプロセスを中断することなく、より大きな組織文化に価値を付加するものにもなるはずです。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"概要"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSG?ver=2780","imageAlt":"Diagram of The Art of Teamwork framework with only the main circle in full color and opacity and the words “team purpose” at the top of the circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":8,"name":"チームの目的","videoHref":"","content":"<p>健全なチームワークの出発点は、明確なチームの目的、つまり共有された意義です。これによってチームは焦点を維持し、方向性をそろえ、パフォーマンスを高め、メンバーの満足度を向上させます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSJ?ver=2bc2","imageAlt":"Diagram of The Art of Teamwork framework with only one of the three center circles in full color and opacity and the words “collective identity” at the center of that circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":9,"name":"集合的アイデンティティ","videoHref":"","content":"<p>集合的アイデンティティとは、団結力を高めてチームが一丸となって働くのに役立つ、共通の帰属意識です。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"集合的アイデンティティ"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSN?ver=8531","imageAlt":"Diagram of The Art of Teamwork framework with only one of the three center circles in full color and opacity and the words “awareness and inclusion” at the center of that circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":10,"name":"認識とインクルージョン","videoHref":"","content":"<p>認識とインクルージョンは、自己と他者の理解です。チームが対人関係のダイナミクスにうまく対応し、インクルージョンを促進できるようになります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョン"},{"order":0,"position":4,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"5","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSQ?ver=36ba","imageAlt":"Diagram of The Art of Teamwork framework with only one of the three center circles in full color and opacity and the words “trust and vulnerability” at the center of that circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":11,"name":"信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる)","videoHref":"","content":"<p>信頼とバルネラビリティは、チームにおける対人関係上のリスクテイキングを可能にする、感情的安全性の構成要素です。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる)"},{"order":0,"position":5,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"6","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nST?ver=c19e","imageAlt":"Diagram of The Art of Teamwork framework with only the band of lines that surround the center circles appearing in full color and opacity and the words constructive tension” at the bottom.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":12,"name":"建設的な緊張","videoHref":"","content":"<p>建設的な緊張とは、チームがその相違を活用したときに得られる生産的な力です。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"art-of-teamwork","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":6,"name":"Art of Teamwork のフレームワーク","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46gU8?ver=6033","imageAlt":"Close-up photograph of two people’s hands as they write in permanent marker on Value Chain worksheets from The Art of Teamwork toolkit","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":14,"name":"アクティビティの概要","videoHref":"","content":"<p>中核的要素のそれぞれについて、ソート スターターとファシリテーター ガイドがあります。前者は自分ですぐに始めたい方、後者はチームで実施したい方を対象としています。一連のアクティビティは、チームが共に前進していくのに必要な対人関係のダイナミクスを向上できるように作られています。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"概要"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46mad?ver=02a6","imageAlt":"Photograph of three people sitting around a conference table writing on worksheets from The Art of Teamwork toolkit","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":15,"name":"時間と活動","videoHref":"","content":"<p>アクティビティは、5 分で終わるものもあれば、1 時間半ほどかかるものもあります。開始するにあたっては、時間と活動の要件が記載されているので、どこから開始し、何が必要かを決めるための参考にしてください。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"時間と活動"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46tT8?ver=93fe","imageAlt":"Photograph of a person writing on a worksheet with permanent marker and looking at a Surface laptop screen.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":16,"name":"ソート スターター","videoHref":"","content":"<p>開始する準備はできましたか? ソート スターターのアクティビティは、一人で試してみることも、チームと一緒に取り組むこともできます。チームワーク技法 (art of teamwork) について自分自身の理解を深めるのに役立つとともに、優れたチーム作りのマインドセットと視点への入り口となります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"ソート スターター"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46tTb?ver=c4a9","imageAlt":"Photograph of four people discussing team purpose. One holds a paper on the wall that says “Our team purpose is to inspire cohesion by facilitating community engagement.” Another holds a one that says, “We help teams succeed.”","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":17,"name":"ファシリテーター ガイド","videoHref":"","content":"<p>さらに深く進む準備はできましたか? ファシリテーター ガイドは、チームのディスカッションの進行役をサポートするものであり、新しい行動やパターンをチーム全体で取り入れるのに役立ちます。ソート スターターと同じアクティビティも多数含まれていますが、ファシリテーター ガイドはさらに一歩、チーム全体で前進することを意図しています。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"ファシリテーター ガイド"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"activities","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":13,"name":"アクティビティ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4mMJf?ver=6a64","imageAlt":"Three people working together in front of a whiteboard. Two of them are gesturing as they speak.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":19,"name":"開始する","videoHref":"","content":"<p>生産的なチームワークの重要性を理解できたので、中核的要素のそれぞれに取り掛かることができます。このオンライン ガイドは、おすすめする順序で最初から実施することも、関心のあるトピックを選んでそこから開始することもできます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの準備はできましたか? 始めましょう! "}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"lets-begin","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":18,"name":"始めましょう!","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"introduction","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44vHb?ver=2558","imageAlt":"Photograph of three people standing and talking in front of a paper calendar on the wall. One of them is pointing to a sticky note on the calendar.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":1,"name":"はじめに","videoHref":"","content":"<p>チームワークは、今日の世界が直面している課題を解決するために不可欠ですが、チームワークそのものが課題となることがあります。多様な視点はチームが前に進むために欠かせませんが、チームのダイナミクスが健全でないときは、相違が誤解につながりやすくなります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":"複雑な課題には生産的なチームワークが必要です"},{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46oGA?ver=2f35","imageAlt":"Illustration of a solid circle, three overlapping circles and a shape made of banded lines, with arrows leading from one to the other, left to right.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":22,"name":"チームの目的とは","videoHref":"","content":"<p>明確なチームの目的は、生産的なチームの土台であり、チームが最初の取り組みで焦点を合わせるべき部分でもあります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的とは"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46md1?ver=9abc","imageAlt":"Photograph of a person holding a tablet and presenting to a room full of people in an informal setting. One person near the front of the room is working on a laptop.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":23,"name":"強い願望","videoHref":"","content":"<p>望ましくない: 「これは、私たちが KPI と最終的な業績に与えることのできる影響です。」</p><p>望ましい: 「これは、私たちが世界に与えたい影響です。」</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"数値指標ではなく、強い願望"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46mdg?ver=ac39","imageAlt":"People seated and talking in a casual area of a large building","imageHeight":729,"imageWidth":1338,"itemIndex":24,"name":"集団演習","videoHref":"","content":"<p>望ましい: 「私たちは何者でしょうか? これはなぜ重要なのでしょうか? 私たちがチームとして与えたい影響について、みんなで繰り返し考えてみましょう。」</p><p>望ましくない: リーダー: 「皆さん、これが私たちの新しい目的です。」</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"会社命令ではなく、集団演習"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"what-it-is","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":21,"name":"概要","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4a0mQ?ver=fef5","imageAlt":"Illustration of a large circle with eight spokes capped with a small circle at the end of each spoke. At the center of the large circle are the words “Team Purpose.” Underneath the bottom spoke are the words “Shared goals.”","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":26,"name":"共通のゴール","videoHref":"","content":"<p>共通のゴールとは、具体的で達成可能なマイルストーンです。チームはその目的に達するまで、はしごを上るようにゴールを一つずつ達成していきます。たとえば、成長目標を達成するための共通のゴールとして、新たに 500 軒の小売店と取引を開始するというものが考えられます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"共通のゴール"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"key-components","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":25,"name":"主な構成要素","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46rlb?ver=22c8","imageAlt":"Photograph of five people collaborating on a large whiteboard, four of them writing something as one looks on.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":28,"name":"方向性を明確にして一致させる","videoHref":"","content":"<p>チームの目的が明確で、全員が合意し、心の底から感じていれば、チームメイトそれぞれが自律性とエージェンシー (行為主体性) の感覚を持って自ら意思決定を下し、行動するようになります。チーム全体の方向性が一致していることを知っているからです。これにより、チームの焦点を維持し、パフォーマンスを高め、メンバーの満足度を向上させることができます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的によって方向性が明確になり、一致する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":29,"name":"集団としての活動を推進する","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4L6OH","content":"<p>Jen Flanz さんは、米国のテレビ番組 The Daily Show with Trevor Noah のエグゼクティブ プロデューサーです。多様な才能を持つ放送作家のチームを管理していますが、そのチームの目的は、可能な限り最高の番組を毎晩届けることです。そのため、せっかく書き上げた台本もボツになってしまうことがあります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的が集団としての活動を推進する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4oBYR?ver=0d52","imageAlt":"Photograph of a fishmonger at Pike Place Fish Market","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":30,"name":"仕事のやりがいをもたらす","videoHref":"","content":"<p>Taho さんは、米国ワシントン州シアトルにあるパイク プレイス フィッシュ マーケットの鮮魚商です。訪れる人を楽しませる売り子たちは、新鮮な海産物と同じくここの名物です。チームの正式な仕事は魚を売ることですが、メンバーが朝早く起床するのには別の理由があります。「自分自身より大きいことに貢献するとき、たとえば他の人を幸せにしようとするときにやる気が出るのは、大きな目的のためだからです」と Taho さんは語ります。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2110618\" aria-label=\"Art of Teamwork の事例全文はこちらからご覧ください。\">Art of Teamwork の事例全文を参照する</a></p><p>&nbsp;</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"パイク プレイス フィッシュ マーケットのチームの目的"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46jzL?ver=7fed","imageAlt":"Photograph of a person working on a laptop and wearing large headphones around their neck.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":31,"name":"これがなかったらどうなるか","videoHref":"","content":"<p>明確なチームの目的が欠如している場合は、自分たちが集団として何を前進させようとしているかをはっきりと述べることは難しくなります。このことは、長期的および短期的なゴールを達成する能力に影響します。チーム メンバーの足並みは乱れ、焦点が定まらず、バラバラになってしまいます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的がなかったらどうなるか"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"why-it-is-important","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":27,"name":"なぜ重要か","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46mdQ?ver=8ef7","imageAlt":"Photograph of a person working on a laptop in a large, modern workspace. Two more laptops are open on the table along with scattered papers, mugs, and disposable coffee cups.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":33,"name":"ソート スターター","videoHref":"","content":"<p>このソート スターターでは、どのようなものがチームの目的となるかを考え、チームを触発して全員で作り上げることができます。所要時間は約 20 分です。次に、これらのコンセプトをチームに取り入れて方向性の一致を推進することができます。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110802\" aria-label=\"ソート スターターをダウンロードする\">ソート スターターをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的を探求する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46tW4?ver=0302","imageAlt":"Photograph of three people seated at a conference table each writing with a permanent marker on a sheet of paper.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":34,"name":"ファシリテーター ガイド","videoHref":"","content":"<p>このアクティビティは、チームが共通の目的を特定し、言葉で表現し、確実に守るのに役立てることを意図しています。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110528\" aria-label=\"ファシリテーター ガイドをダウンロードする\">ファシリテーター ガイドをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的をチームで活性化する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46mes?ver=a21d","imageAlt":"Photograph of five people talking while seated around a conference table","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":35,"name":"チームの目的を日常に取り入れる","videoHref":"","content":"<p>以上のアクティビティを完了したチームは、共通のゴールに焦点を向け、パフォーマンスを高め、満足度を高めることができるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的がチームの力となっていることを確認する"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"activities","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":32,"name":"アクティビティ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":37,"name":"チームの目的を Teams で","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE42Fhh","content":"<p>高いパフォーマンスを示すチームには、明確な目的があります。Microsoft Teams は、チームが常に足並みをそろえるのに役立ちます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームの目的を Microsoft Teams で実践"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"in-microsoft-teams","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":36,"name":"Microsoft Teams で","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"team-purpose","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE487pF?ver=6f6e","imageAlt":"3D image of a round shape with ripples radiating out from the center","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":20,"name":"チームの目的","videoHref":"","content":"<p>このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいてチーム目的が果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームが共通の目的を特定して明確に表現し、確実に守るようにするのに役立ちます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":"チームの目的へようこそ"},{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46meQ?ver=cc27","imageAlt":"Illustration of a solid circle, three overlapping circles and a shape made of banded lines. Arrows lead from one to the other, left to right. Above one of the overlapping circles are the words “collective identity.”","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":40,"name":"集合的アイデンティティとは","videoHref":"","content":"<p>集合的アイデンティティとは、団結力を高めてチームが一丸となって働くのに役立つ、共通の帰属意識です。これは、チームが建設的な緊張をうまく利用する能力の向上にもつながります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"集合的アイデンティティとは"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46BDZ?ver=2350","imageAlt":"Person seated at desk engaged in a Teams meeting with four people that are displayed on a monitor","imageHeight":729,"imageWidth":1338,"itemIndex":41,"name":"価値と合意事項","videoHref":"","content":"<p>集合的アイデンティティについて大切なことは、チームの共通の価値と合意事項が反映された経験を作り出すことです。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"価値と合意事項"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46z2L?ver=3f4a","imageAlt":"Photograph of four people working together around a table looking a photos","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":42,"name":"方向性をそろえる","videoHref":"","content":"<p>望ましい: チームが支えたいと願う、共有の価値が定義されている。<br />\n望ましくない: 特定の行動を義務付ける。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"従わせるのではなく、方向性を一致させる"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46BE6?ver=4f2a","imageAlt":"Photograph of four people seated around a table at a restaurant talking","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":43,"name":"習慣","videoHref":"","content":"<p>望ましい: 「週例ミーティングの後で、週末にあった楽しいことを一人一つずつ発表しましょう。」<br />\n望ましくない: 「週例ミーティングの後で、マーケティング チームと同じようなミーティングを開いてより具体的な最新情報を確認しましょう。」</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"ミーティングではなく、習慣"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"what-it-is","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":39,"name":"概要","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46EfV?ver=c1be","imageAlt":"Diagram showing the progression from abstract to tangible, from left to right: shared values, agreements, rituals","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":45,"name":"集合的アイデンティティ","videoHref":"","content":"<p>チームが集合的アイデンティティを形成するには、共通の価値を中心として方向性を一致させ、合意事項を作成して継続的に再考し、共通の体験を通じて絆を深め、チーム独自の習慣を実践します。強い集合的アイデンティティの感覚を持つチームには、共通の帰属意識があります。それが結束力を構築し、チームがひとつになって働く後押しをします。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"主な構成要素"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46GQG?ver=32da","imageAlt":"In the diagram showing the progression from abstract to tangible, the circle for shared values is in full color and everything else is dimmed.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":46,"name":"共通の価値","videoHref":"","content":"<p>共通の価値とは、チームが成功のために必要だと定義する信念や姿勢です。チームの共通の価値の例としては、\"あいまいさを受け入れる\"、\"他の人の成功を後押しする\" などがあります。チームが表明する共通の価値は、毎日の行動を通じて命を吹き込まれます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"共通の価値"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46M3q?ver=599b","imageAlt":"In the diagram showing the progression from abstract to tangible, the circle for agreements is in full color and everything else is dimmed.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":47,"name":"合意事項","videoHref":"","content":"<p>合意事項とは、チームの価値を具体的に言葉で表し、チームの同意を得たものです。合意事項は、たとえば毎日の始業時間と終業時間にチームで再確認することや、フィードバックの手段として合意されたものが考えられます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"合意事項"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46JrV?ver=ae0d","imageAlt":"In the diagram showing the progression from abstract to tangible, the circle for rituals is in full color and everything else is dimmed.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":48,"name":"習慣","videoHref":"","content":"<p>習慣とは繰り返される行動や活動であり、公式と非公式の両方の合意事項を強化します。習慣は、複雑なものとは限りません。毎週月曜日にチームで食事に行く、チームのスローガンを唱和する、毎朝クリエイティブなエクササイズを行うなどが考えられます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"習慣"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"key-components","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":44,"name":"主な構成要素","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4mPy5?ver=83d9","imageAlt":"Four people having a meeting in person in a conference room with many others in attendance via Microsoft Teams, visible on a large monitor mounted on the wall.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":50,"name":"結束力を構築する","videoHref":"","content":"<p>強い集合的アイデンティティの感覚を持つチームには、共通の帰属意識があります。それが結束力を構築し、チームがひとつになって働く後押しをします。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームが一丸となって働けるように結束力を構築する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":51,"name":"集団としての活動を推進する","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4L6O2","content":"<p>Caryl Stern さんは、米国ユニセフ協会の会長兼 CEO です。そのチームが合意した一連の価値は、ロードマップの役割を果たしており、チーム メンバーは互いに対して、そしてそれぞれの重要な仕事について説明責任を明確にしています。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"価値に基づくロードマップ"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46z4z?ver=d054","imageAlt":"Photograph of two people dressed in astronaut suits walking in the desert in Utah.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":52,"name":"合意事項と説明責任","videoHref":"","content":"<p>Kellie Gerardi さんが率いる宇宙飛行士チームは、米国ユタ州の砂漠にある、火星の地表を再現したような場所に送られる前に、何時間にもわたるビデオ会議通話を行いました。それは、この宇宙シミュレーションの期間中、チームが守るべき重要な事項について合意するためです。これは、チームが強い集合的アイデンティティの感覚を形成した方法のうちのひとつにすぎませんが、そのミッションの達成に役立ちました。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110803\" aria-label=\"Art of Teamwork の事例全文はこちらからご覧ください。\">Art of Teamwork の事例全文を参照する</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"火星での生活への合意事項"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46EhH?ver=e4ef","imageAlt":"Photograph of two people working alone at separate tables with a wall between them.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":53,"name":"これがなかったらどうなるか","videoHref":"","content":"<p>集合的アイデンティティが欠如しているときは、チーム メンバーを一つにするのに役立つチーム意識が存在しないことになります。その結果、チーム メンバー間に距離が生まれることがあり、全力で参加する意欲が失われます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"集合的アイデンティティがなかったらどうなるか"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"why-it-is-important","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":49,"name":"なぜ重要か","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46z4S?ver=edab","imageAlt":"Photograph of a person sitting alone writing on a sheet of paper with a permanent marker.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":55,"name":"ソート スターター","videoHref":"","content":"<p>自分がどのような強みや独自の視点をチームにもたらすことができるかを探求します。これによってチームが触発されて、全員で集合的アイデンティティを作ることにつながる可能性があります。少し時間を取って、内省 (リフレクション) してみましょう。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110627\" aria-label=\"ソート スターターをダウンロードする\">ソート スターターをダウンロードする </a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"集合的アイデンティティを探求する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46RhC?ver=9c45","imageAlt":"Photograph of three people collaborating using sticky notes on a glass wall. One of them is writing on a sticky note.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":56,"name":"ファシリテーター ガイド","videoHref":"","content":"<p>ここでのアクティビティは、チームが共通の価値を中心として方向性を一致させ、合意事項を作成して継続的に再考し、共通の体験を通じて絆を深め、チーム独自の習慣を実践するのをサポートすることを目的としています。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110529\" aria-label=\"ファシリテーター ガイドをダウンロードする\">ファシリテーター ガイドをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"集合的アイデンティティをチームで活性化する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46Ri1?ver=a83a","imageAlt":"People talking and using laptops sit or stand in a conference room with large windows","imageHeight":729,"imageWidth":1338,"itemIndex":57,"name":"集合的アイデンティティを日常に取り入れる","videoHref":"","content":"<p>集合的アイデンティティのアクティビティを完了したチームは、役割と責任を明確に認識し、絆で結ばれ、共通の価値を確実に守るようになるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"集合的アイデンティティがチームの力となっていることを確認する"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"activities","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":54,"name":"アクティビティ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"collective-identity","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE487qF?ver=f3a2","imageAlt":"Illustration of a human figure comprising different geometric shapes, which represents collective identity in The Art of Teamwork framework.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":38,"name":"集合的アイデンティティ","videoHref":"","content":"<p>このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて集合的アイデンティティが果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームが共通の価値を中心として方向性を一致させ、合意事項を作成して継続的に再考し、共通の体験を通じて絆を深め、チーム独自の習慣を実践するのをサポートすることを目的としています。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":"集合的アイデンティティへようこそ"},{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46z5s?ver=f22c","imageAlt":"Illustration of a solid circle, three overlapping circles and a shape made of banded lines. Arrows lead from one to the other, left to right. Below one of the overlapping circles are the words “awareness and inclusion.”","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":60,"name":"認識とインクルージョンとは","videoHref":"","content":"<p>認識とインクルージョンによって、自己と他者の理解が可能になり、チームが対人ダイナミクスの中を歩んでいくことができるようになります。認識とインクルージョンはまた、チームが建設的な緊張をうまく利用する能力の向上にもつながります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョンとは"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4oBYU?ver=ecfb","imageAlt":"Photograph of two people working together while having lunch at a restaurant. An open laptop, a journal, a binder and some papers are on the table.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":61,"name":"相違を尊重する","videoHref":"","content":"<p>望ましい: さまざまなニーズや好みを認識する。</p><p>望ましくない: 特定の働き方を義務付ける。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"相違をなくすのではなく、尊重する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4a5KM?ver=ef25","imageAlt":"Photograph of two people talking in an open office. One of them sits in a chair, and the other sits on a metal stool.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":62,"name":"自分自身に必要なものを理解する","videoHref":"","content":"<p>望ましい: 「このような条件のときに、私はチームに貢献できます。」<br />\n望ましくない: 「私と仕事をするときは、こうしてもらう必要があります。」</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"自分自身に必要なものを理解する"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"what-they-are","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":59,"name":"概要","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE49PXG?ver=3e1c","imageAlt":"Illustration of three concentric circles. The innermost circle is labeled self-awareness. The next circle outward is labeled co awareness. The outermost circle is labeled situational awareness","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":64,"name":"認識とインクルージョン","videoHref":"","content":"<p>認識には 3 つのレベルがあります。チームの認識の感覚が高くなると、インクルーシブな文化が醸成され、チーム メンバーが対人関係のダイナミクスの中を歩むことが容易になります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"主な構成要素"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4a0mV?ver=155b","imageAlt":"Illustration of three concentric circles. The innermost circle is the only one in full color and is labeled self-awareness.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":65,"name":"自己認識","videoHref":"","content":"<p>自己認識は、自分の感情を認識するとともに、そのような感情に至っている理由を理解する能力です。自分の気持ちがどこから来ているのかを認識すればするほど、生産的な反応ができるようになり、自分が何を必要としているかを言えるようになります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"自己認識"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE49KLG?ver=2387","imageAlt":"Illustration of three concentric circles. The second circle outward is the only one in full color and is labeled co awareness.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":66,"name":"相互認識","videoHref":"","content":"<p>相互認識は、他者の感情を汲み、自分の行動が他者に与える影響を認識する能力です。これは、共感できるようになるための最初のステップです。たとえば、大音量で音楽がかかっているときに集中できないチーム メンバーがいることがわかっていれば、相互認識の実践として自分は常にヘッドホンを装着します。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"相互認識"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE49Szq?ver=3dd5","imageAlt":"Illustration of three concentric circles. The outermost circle is the only one in full color and is labeled situational awareness.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":67,"name":"状況認識","videoHref":"","content":"<p>状況認識とは、自分自身とチームメイトだけでなく、現在自分が置かれている状況も考慮することです。たとえば、あるチームメイトとパフォーマンスの問題について会話する必要がある場合は、2 人だけで行うのがおそらく最善です。そうすれば、他のメンバーを脱線させることはありません。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"状況認識"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"key-components","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":63,"name":"主な構成要素","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4mMLL?ver=f319","imageAlt":"Three people having a casual meeting seated on a couch and arm chair, Two of them are holding laptops.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":69,"name":"ダイナミクスの中を歩む手助けをする","videoHref":"","content":"<p>チームの認識の感覚が高くなると、インクルーシブな文化が醸成され、チーム メンバーが対人関係のダイナミクスの中を歩むことが容易になります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チームが対人関係のダイナミクスの中を歩む手助けをする"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":70,"name":"適応力とエンゲージメントを高める","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4L6Oq","content":"<p>Shane Snow さんは『Dream Teams』の著者です。これまで参加したなかで最高といえるチームには、認識の感覚の深さという共通点がありました。そのようなチームでは、インクルーシブな文化によってチーム メンバーが各自の能力をフルに発揮することができ、適応力もありました。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"最高のチームにあるのは適応力とエンゲージメント"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46TUq?ver=1acb","imageAlt":"Photograph of three people outdoors in nature looking at maps and papers laid out over a large rock and held in place by smaller rocks.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":71,"name":"コミュニケーションを向上させる","videoHref":"","content":"<p>Alex Grishave さんが捜索救難の訓練中に、疲労のためチームを率いていくことができなくなったとき、感情認識のトレーニングで学んだことを思い出して、耐え抜く代わりに仲間の一人に声をかけて引き継いでもらいました。自分がどのように感じているのかを認識し、チームに伝えることができたので、全員の安全を保つことができました。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110803\" aria-label=\"Art of Teamwork の事例全文はこちらからご覧ください。\">Art of Teamwork の事例全文を参照する</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"大自然のなかで感情について語る"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE474jm?ver=de68","imageAlt":"Two people in a meeting look attentively at a third person whose back is to the camera","imageHeight":729,"imageWidth":1338,"itemIndex":72,"name":"これがなかったらどうなるか","videoHref":"","content":"<p>認識とインクルージョンの感覚が欠如しているチームでは、メンバーが心を閉ざし、共感もなく、対人関係の摩擦をうまく乗り越えることができないことがあります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョンがなかったらどうなるか"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"why-theyre-important","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":68,"name":"なぜ重要か","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE46Zb6?ver=edd7","imageAlt":"Close-up photograph of a person’s hands as they fill out the Profile of Me worksheet from The Art of Teamwork toolkit.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":74,"name":"ソート スターター","videoHref":"","content":"<p>どのような条件のときに仕事で成果を出せるかを内省 (リフレクション) します。これをチームに伝えると、各チーム メンバーが触発されて互いのニーズや好みを知るようになり、他のメンバーを最大限にサポートする方法を考えるようになる可能性があります。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110530\" aria-label=\"ソート スターターをダウンロードする\">ソート スターターをダウンロードする </a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョンを探求する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47cco?ver=bcb7","imageAlt":"Photograph of four people using cards to guide their discussion.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":75,"name":"ファシリテーター ガイド","videoHref":"","content":"<p>ここでのアクティビティは、チーム メンバーが互いのニーズを理解して尊重するのに役立つことを意図しています。また、メンバーどうしが連携して新しい視点を獲得する機会を積極的に見つけ出すことにも役立ちます。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110628\" aria-label=\"ファシリテーター ガイドをダウンロードする\">ファシリテーター ガイドをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョンをチームで活性化する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4mRDo?ver=ca53","imageAlt":"Five people of visibly diverse backgrounds working in an open workspace on desks with many large desktop monitors.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":76,"name":"認識とインクルージョンを日常に取り入れる","videoHref":"","content":"<p>以上のアクティビティを完了したチームは、メンバーそれぞれが成功のために必要としている要望、好み、働き方について認識と感謝の感覚が深まっているでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョンがチームの力となっていることを確認する"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"activities","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":73,"name":"アクティビティ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":78,"name":"認識とインクルージョンを Teams で","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4L55r","content":"<p>健全なダイナミクスのチームにいるメンバーは、自己と他者を認識しています。Microsoft Teams は、全員の声を確実に聞き取るのに役立ちます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"認識とインクルージョンを Microsoft Teams で実践"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"in-microsoft-teams","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":77,"name":"Microsoft Teams で","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"awareness-inclusion","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4orxd?ver=62e3","imageAlt":"Illustration of overlapping rings within a circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":58,"name":"認識とインクルージョン","videoHref":"","content":"<p>このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて認識とインクルージョンが果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームの認識の感覚を高め、インクルーシブな文化を醸成してチーム メンバーが対人関係のダイナミクスの中を歩むのを容易にするのに役立ちます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":"認識とインクルージョンへようこそ"},{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47mt1?ver=c25a","imageAlt":"Illustration of a solid circle, three overlapping circles and a shape made of banded lines. Arrows lead from one to the other, left to right. Below one of the overlapping circles are the words “trust and vulnerability.”","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":81,"name":"信頼とバルネラビリティとは","videoHref":"","content":"<p>信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) は、チームにおける対人関係上のリスクテイキングを可能にする、感情的安全性の構成要素です。これらは、チームが建設的な緊張をうまく利用する能力の向上にもつながります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼とバルネラビリティとは"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47jRG?ver=1344","imageAlt":"Photograph of two people seated at a desk talking with an open laptop on the desk.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":82,"name":"信頼は獲得するもの","videoHref":"","content":"<p>望ましい: チーム メンバーを集めて関係を構築する。<br />\n望ましくない: 初日に困難な状況に陥る。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼は時間をかけて獲得するもの"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47wSv?ver=547b","imageAlt":"Photograph of two people talking and looking at a smartphone screen in the hallway of a modern office.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":83,"name":"バルネラビリティとは心を開くこと","videoHref":"","content":"<p>望ましい: 安心して共有できるものを共有する。<br />\n望ましくない: 人生のあらゆる出来事を共有する。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"バルネラビリティとは、感情の露出ではなく、心を開くこと"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"what-they-are","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":80,"name":"概要","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47rFL?ver=5c4b","imageAlt":"Illustration showing the relationship between trust, vulnerability, and psychological safety.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":85,"name":"信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる)","videoHref":"","content":"<p>信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) の好循環によって、チームの心理的安全性が確立されます。安全を感じているチーム メンバーは、対人関係のリスクを取りやすくなります。その結果、自分自身の能力をフルに仕事で発揮できるようになり、革新的なアイデアが花開くための舞台が整います。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"主な構成要素"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47ztp?ver=bbf8","imageAlt":"Illustration that shows the relationship between trust, vulnerability, and psychological safety. Only the trust element is in full color.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":86,"name":"信頼","videoHref":"","content":"<p>信頼とは、自分の弱さを他者に見せても、拒まれることも傷つくこともないと知っていることです。たとえば、個人的なトラウマで苦しんでいるチーム メンバーに対してチーム全員が揺るぎない支持を示していれば、そのメンバーのチームへの信頼が深まります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47hor?ver=67c4","imageAlt":"Illustration that shows the relationship between trust, vulnerability, and psychological safety. Only the vulnerability element is in full color.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":87,"name":"バルネラビリティ (弱さを見せる)","videoHref":"","content":"<p>弱さを見せる状況には、リスクと感情の発露が伴います。たとえば、チーム メンバーが個人的なトラウマで苦しんでいることをチームに打ち明けるのは、弱さを見せることの一例です。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"バルネラビリティ (弱さを見せる)"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47wSz?ver=e261","imageAlt":"Illustration that shows the relationship between trust, vulnerability, and psychological safety. Only the psychological safety element is in full color at the center of the illustration.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":88,"name":"心理的安全性","videoHref":"","content":"<p>心理的安全性とは、個人が自分の意見や考えを述べても非難、批判、敵意を恐れる必要がない、勇敢な状態のことです。心理的安全性は、信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) の好循環を通じて形成されます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"心理的安全性"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"key-components","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":84,"name":"主な構成要素","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47uh7?ver=cce3","imageAlt":"Photograph of two people in a meeting. One of them is speaking and gesturing with their hands.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":90,"name":"信頼と安全","videoHref":"","content":"<p>チームが相互に信頼を築き、弱さを見せることができるようになると、全員がこのチームで仕事するときに安全であると感じ、安心してリスクを冒すことができるようになります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼を築くとチーム メンバーは安心してリスクを取れる"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":91,"name":"自己表現","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4LcvC","content":"<p>Fernando Garcia さんは Oscar de la Renta の共同クリエイティブ ディレクターです。そのチームが最高の作品を生み出せるのは、デザイナーがどんなに自由奔放で突飛なアイデアを出しても大丈夫だと感じているときです。これが可能になるのは、強い心理的安全性を感じているときであり、これを確立するにはバルネラビリティ (弱さを見せる) と信頼のサイクルを続ける必要があります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"チーム メンバーに自分を表現することを許可する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47ztC?ver=e323","imageAlt":"Photograph taken through a glass wall of five medical professionals standing together and talking.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":92,"name":"学習と参加を可能にする","videoHref":"","content":"<p>INOVA 医療シミュレーション センターでは、レジデント研修医が生死を分ける危機的状況への対応の訓練を受けています。このプログラムの指導者 Maybelle Kou さんは、研修医が失敗の悪影響を恐れることなく失敗できる環境で学ぶことが重要であると考えています。一番良い学習の方法は恐れないことという信念があるからです。また、ベテランの医者が研修医に自分の失敗経験を包み隠さず話す機会も設けています。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110618\" aria-label=\"Art of Teamwork の事例全文はこちらからご覧ください。\">Art of Teamwork の事例全文を参照する</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"安心して失敗できる場所"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47wT7?ver=b13c","imageAlt":"Photograph of three people sitting around a low table talking. One of them holds a book open on the table.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":93,"name":"これがなかったらどうなるか","videoHref":"","content":"<p>信頼とバルネラビリティの継続的なサイクルが欠如しているチームでは、チーム メンバーの潜在能力をフルに活かすことができません。チーム メンバーが批判や敵意を恐れて自分の意見を言えずにいるときは、全力で参加するのを自制しているため、チーム全体の仕事の質に負の影響を与えてしまいます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼とバルネラビリティがなかったらどうなるか"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"why-theyre-important","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":89,"name":"なぜ重要か","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4bGpT?ver=8ed8","imageAlt":"Close-up photograph of a person’s hands as they write on a recognize/reward worksheet from The Art of Teamwork Toolkit.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":95,"name":"ソート スターター","videoHref":"","content":"<p>どのような条件のときに自分は仕事に関して信頼を築き、弱さを見せやすくなるかを内省 (リフレクション) します。完了したら、そのことをチーム メンバーに公開すると、感情的安全性を築くのに役立ち、対人関係でのリスクを取れるようになります。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110629\" aria-label=\"ソート スターターをダウンロードする\">ソート スターターをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼とバルネラビリティを探求する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47hoL?ver=b0a9","imageAlt":"Photograph of five people working having a conversation. The wall behind them, out of focus, is covered in printed photographs.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":96,"name":"ファシリテーター ガイド","videoHref":"","content":"<p>ここでのアクティビティは、チームが信頼を築くことによって感情的安全性を確立し、バルネラビリティの瞬間 (モーメント) を持てるようにすることを意図しています。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110720\" aria-label=\"ファシリテーター ガイドをダウンロードする\">ファシリテーター ガイドをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼とバルネラビリティをチームで活性化する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47hoP?ver=f050","imageAlt":"Photograph of two people working together with textiles on a large table, while another person works in the background.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":97,"name":"信頼とバルネラビリティを日常に取り入れる","videoHref":"","content":"<p>以上のアクティビティを完了したチームは、強い心理的安全性の感覚を確立して、メンバーが対人関係の大きなリスクを取れるようになるとともに、自分の能力をフルに仕事で発揮できるようになるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に実施して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"信頼とバルネラビリティがチームの力となっていることを確認する"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"activities","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":94,"name":"アクティビティ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"trust-vulnerability","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47ZyX?ver=e8c5","imageAlt":"Illustration of a heart comprised of dots which represents trust and vulnerability in The Art of Teamwork framework.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":79,"name":"信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる)","videoHref":"","content":"<p>このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて信頼とバルネラビリティが果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、チームが心理的安全性に対する強い感覚を確立するのに役立ちます。安全を感じているチーム メンバーは、対人関係のリスクを取りやすくなります。その結果、自分自身の能力をフルに仕事で発揮できるようになり、革新的なアイデアが花開くための舞台が整います。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":"信頼とバルネラビリティ (弱さを見せる) へようこそ"},{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47rGh?ver=09a1","imageAlt":"Illustration of a solid circle, three overlapping circles and a shape made of banded lines, with arrows leading from one to the other, left to right. Below the shape made of banded lines are the “constructive tension.”","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":100,"name":"建設的な緊張とは","videoHref":"","content":"<p>建設的な緊張とは、チームがその相違を活用したときに生まれる生産的な力です。これが生まれるのは、他の主要なチーム ダイナミクス、つまりチームの目的、集合的アイデンティティ、認識とインクルージョン、信頼とバルネラビリティが育まれ、バランスが保たれているときです。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張とは"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47wTb?ver=c787","imageAlt":"Photograph of eight culinary professionals in action in a commercial kitchen.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":101,"name":"生産的な力","videoHref":"","content":"<p>緊張とは、張り詰めた状態です。しかし、緊張が生産的な形でチームの思考を推進し、視点を広げることもあります。有能なチームは、緊張を利用して、それをチーム全体で生産的な力に変える方法を知っています。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"生産的な力としての緊張"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4mHJw?ver=b40e","imageAlt":"Three people looking at a laptop screen and having a discussion in a casual setting, seated on a couch and armchair. One of them holds a pen and tablet.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":102,"name":"考え方の相違","videoHref":"","content":"<p>望ましい: あるトピックについて、チームメイトとは異なる意見を、敬意を失うことなく述べる。<br />\n望ましくない: 一方的に自分の意見を押し付ける。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"意見の相違ではなく、考え方の相違"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47jS5?ver=69b9","imageAlt":"Photograph of four people wearing hard hats and having a conversation in an industrial setting.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":103,"name":"緩和","videoHref":"","content":"<p>望ましい: 緊張の瞬間 (モーメント) を認識し、ツールを使用して解決する。<br />\n望ましくない: 緊張の瞬間 (モーメント) への反応として、怒りや敵意を見せる。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"混乱ではなく緩和"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"what-it-is","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":99,"name":"概要","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47uhf?ver=a6e9","imageAlt":"Illustration of the relationship between diverse perspectives, teamship elements, and constructive and destructive tension.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":105,"name":"建設的な緊張","videoHref":"","content":"<p>視点が異なるときに、緊張が生じます。この緊張は、不健全なダイナミクスのチームでは破壊的な力となります。しかし、緊張をうまく活用するために健全なチーム ダイナミクスを育てていけば、建設的な力となり、革新的なアイデアを生むことができます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"主な構成要素"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47rGp?ver=0de8","imageAlt":"Illustration of the relationship between diverse perspectives, teamship elements, and constructive and destructive tension. Only the diverse perspectives piece of the illustration is in full color.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":106,"name":"多様な視点","videoHref":"","content":"<p>多様な視点を適切に活用することは、イノベーションを起こすためにきわめて重要です。このような視点は、考え方、経歴、人種、気性、役割、ジェンダー、性別などの多様性から得られます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"多様な視点"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47uhi?ver=338d","imageAlt":"Illustration of the relationship between diverse perspectives, teamship elements, and constructive and destructive tension. Only the constructive tension piece is in full color.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":107,"name":"健全な状況","videoHref":"","content":"<p>建設的な緊張とは、健全な状況で多様な視点が花開くことを許されているときに生まれる、生産的な力です。その反対が、破壊的な緊張です。不健全な状況で多様性が衝突したときに生まれる、ネガティブな力です。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"健全な状況"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"key-components","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":104,"name":"主な構成要素","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47hoT?ver=a881","imageAlt":"Photograph of two people talking in a busy, open-layout office while other people work seated at their computers in the background.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":109,"name":"イノベーションと進歩","videoHref":"","content":"<p>建設的な緊張は、生産的な力となります。チーム メンバーが安心して、ためらうことなく、その多様な視点と能力で貢献しているときは、チームは制約された単一の考え方では不可能な形で、イノベーションと進歩を遂げることができます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"イノベーションと進歩を可能にする"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":110,"name":"結束力を引き起こす","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4LcvV","content":"<p>ベテランの戦場記者 Farnaz Fassihi さんが率いる多様な宗派の記者チームは、イラク戦争による感情の乱れをオフィスの入り口で捨て去ることができずにいたため、その緊張を活かす方法を見つけようとしていました。結束力を引き起こして、チームが共通の使命の達成に集中するためです。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"緊張を活かして結束力を引き起こす"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47uhl?ver=7802","imageAlt":"Photograph of students in an auditorium-style classroom. One student is raising a hand and the instructor is calling on them.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":111,"name":"多様性を受け入れる","videoHref":"","content":"<p>ハーバード ビジネス スクールの多くのセクションでは、クラスが可能な限り多様になるように編成されています。視点が異なる学生が意見を交わすことは、特定のトピックに対する理解を深めて新しい考え方を生み出すための最良の方法と考えられています。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110618\" aria-label=\" Art of Teamwork の事例全文はこちらからご覧ください。\">Art of Teamwork の事例全文を参照する</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"多様性の受け入れを通して教育する"},{"order":0,"position":3,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"4","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47mto?ver=d9bd","imageAlt":"Photograph of three medical professionals standing together having a conversation.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":112,"name":"これがなかったらどうなるか","videoHref":"","content":"<p>チームのダイナミクスが不健全であるときは、緊張は破壊的な力となるため、チームをバラバラにしてしまうおそれがあります。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張がなかったらどうなるか"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"why-it-is-important","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":108,"name":"なぜ重要か","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE4bDOD?ver=da46","imageAlt":"Close-up photograph of a person’s hands as they write on a harness/diffuse worksheet from The Art of Teamwork Toolkit.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":114,"name":"ソート スターター","videoHref":"","content":"<p>自分のチーム内のさまざまな緊張の種類と、それぞれが存在する理由を内省 (リフレクション) します。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110532\" aria-label=\"ソート スターターをダウンロードする\">ソート スターターをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張を探求する"},{"order":0,"position":1,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"2","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47mtr?ver=43fb","imageAlt":"Photograph of a group of people having a meeting seated casually in a circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":115,"name":"ファシリテーター ガイド","videoHref":"","content":"<p>ここでのアクティビティは、チームの緊張の瞬間 (モーメント) とその発生元を認識し、建設的な力に変える方法を理解することを意図しています。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110721\" aria-label=\"ファシリテーター ガイドをダウンロードする\">ファシリテーター ガイドをダウンロードする</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張をチームで活性化する"},{"order":0,"position":2,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"3","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47ztI?ver=42af","imageAlt":"Photograph of eight people in a meeting, most of them are looking at a laptop screen.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":116,"name":"建設的な緊張を日常に取り入れる","videoHref":"","content":"<p>以上のアクティビティを完了したチームは、建設的な緊張のパワーを利用して、仕事を健全で生産的な方法で進められるようになるでしょう。これらのアクティビティを今後も継続的に使用して、ポジティブな行動を強化するとともに、チームが繰り返し行うルーティンにしてください。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張がチームの力となっていることを確認する"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"activities","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":113,"name":"アクティビティ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":118,"name":"建設的な緊張を Teams で","videoHref":"https://www.microsoft.com/en-us/videoplayer/embed/RE4KWxQ","content":"<p>緊張が生じたときに、チームのダイナミクスが健全ならば、より大きな思考とイノベーションにつながります。Microsoft Teams はそれをサポートします。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"建設的な緊張を Microsoft Teams で実践"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"microsoft-teams","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":117,"name":"Microsoft Teams","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"constructive-tension","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE482eV?ver=2f7b","imageAlt":"Illustration of a geometric shape outline comprising three lines inside a circle.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":98,"name":"建設的な緊張","videoHref":"","content":"<p>このセクションでは、最大の成功を収めるチームにおいて建設的な緊張が果たす重要な役割を学びます。ここでのアクティビティは、これまでのセクションで確立した健全なチーム ダイナミクスを活用して緊張を建設的な力にするのに役立ちます。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":"建設的な緊張へようこそ"},{"pages":[{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47hp6?ver=cf53","imageAlt":"Photograph of five people in a meeting, one of them stands at the front of the room to write on the whiteboard.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":121,"name":"ツールキット全体をダウンロード","videoHref":"","content":"<p>すべてのソート スターターとファシリテーター ガイドを通して実施してみたい場合は、そのすべてを 1 回で簡単にダウンロードできます。自分とチームの時間を確保して、始めてみましょう。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110548\" aria-label=\"すべてのツールキットをダウンロードする\">ツールキットをダウンロードする</a></p><p>&nbsp;</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":" ツールキット全体を 1 か所で入手"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"full-toolkit-download","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":120,"name":"ツールキット全体をダウンロード","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null},{"order":0,"position":0,"slides":[{"order":0,"position":0,"tiles":[],"arialabel":"次へ","id":"1","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE47rGL?ver=cfa5","imageAlt":"Photograph of a person attending a Teams meeting with four other people who appear on the screen of her desktop monitor.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":123,"name":"  Microsoft Teams 速習講座","videoHref":"","content":"<p>これまでに、健全なダイナミクスの原則と、Microsoft Teams がどのように役立つかを学習してきました。共同でより良い仕事をするために Teams を役立てる方法をさらに詳しく、この速習講座で学習してください。</p><p>&nbsp;</p><p><a class=\"c-hyperlink\" href=\"https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2110107\" aria-label=\"Teams 速習講座を読む\">Microsoft Teams 速習講座を読む</a></p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":"Teams 速習講座"}],"tiles":[],"arialabel":null,"id":"getting-started-with-teams","isImage2x":false,"imageHref":"","imageAlt":"","imageHeight":0,"imageWidth":0,"itemIndex":122,"name":"Microsoft Teams の使用を開始する ","videoHref":"","content":null,"isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"","logoAlt":"","logoHeight":0,"logoWidth":0,"title":null}],"arialabel":null,"id":"keep-learning","isImage2x":false,"imageHref":"http://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE45bgx?ver=5ff8","imageAlt":"Photograph of three people working together and looking at the screen of a Surface laptop.","imageHeight":600,"imageWidth":1100,"itemIndex":119,"name":"学習を続ける","videoHref":"","content":"<p>このセクションでは、このツールキットをチームと共有するとともに Microsoft Teams についてさらに学ぶためのリソースを紹介します。</p>","isLogo2x":false,"links":null,"logoHref":"https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RE44nSD?ver=8234","logoAlt":"[noalt]","logoHeight":30,"logoWidth":30,"title":" 学習を続けるための追加のリソース"}],"itemsCount":123}