ホーム > サポート終了の重要なお知らせ

サポート終了の
重要なお知らせ

長い間ご愛顧いただきありがとうございました。
最新バージョンへの移行をご検討ください。

日頃はマイクロソフト製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。2017 年 4 月 11 日 (日本時間) を持ちまして、Exchange Server 2007 のサポートを、2017 年 10 月 10 日 (日本時間) を持ちまして、Office 2007、Visio 2007、Project 2007、SharePoint Server 2007 のサポートを終了いたしました。

なぜサポート終了?
製品サポート ライフ サイクル ポリシーに準拠し、10 年間のサポート期間が終了となります
なぜサポート終了?
マイクロソフトでは、「製品サポート ライフサイクル ポ リシー」に準拠し、製品発売後、最低 5 年間のメインスト リーム サポートと、最低 5 年間の延長サポート (合計最低 10 年間) を提供しています。 このポリシーに準拠し、2017 年 10 月 10 日 (日本時間) をもちまして、Office 2007 のサポートを終了いたしました。

閉じる ×

終了後の影響は?
対象製品へのセキュリティ更新プログラムの提供が終了します
終了後の影響は?
製品サポート終了に伴い、対象製品へのセキュリティ更新プログラムの提供も終了しています。
またマイクロソフトの提供する延長サポートが終了し、各メーカーからの必要なサポートも提供されない可能性があるため、業務に影響するさまざまなリスクが考えられます。移行を完了されていないユーザーの皆様には直ちに移行をされることをお勧めします。

閉じる ×

今するべきことは?
安全、快適にソフトウェアをご利用いただくために
今するべきことは?
安全、快適にパソコンをご利用いただくためには、最新のデスクトップ環境への移行をおすすめします。日々進化している悪意ある攻撃に対するセキュリティの強化はもちろん、進化したユーザー エクスペリエンスで現代のビジネスにフィットします。 Microsoft では業種別にバージョンアップをご案内しています。

閉じる ×

各製品のサポート終了後のセキュリティ リスク

注意 ❶サポートが終了すると、ソフトウェアに必要な更新が受けられなくなります

知らなかった

メインストリーム サポートに加え、延長サポートも含めたすべてのサポートが終了すると、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートに加え、セキュリティの更新プログラムや、有償サポートなど、マイクロソフトが提供する重要な更新を含む、すべてのサポートが受けられなくなります。

サポート終了で受けられなくなるサポート

仕様変更、新機能のリクエスト

セキュリティ更新プログラム サポート

無償/有償サポート ライセンス、ライセンス プログラムおよび、インシデント、時間制サポートを含む

<受けられなくなるサポートの内容>

各種サポートメインストリーム
サポート
延長サポートサポート終了後オンライン セルフ
ヘルプ サポート
仕様変更、新機能のリクエスト○××マイクロソフトのオンライン上にあるリソースを利用し、マイクロソフトに直接コンタクトを取る必要がなく、すばやく問題を解決することができます
セキュリティ更新プログラム サポート○○×
セキュリティ関連以外の修正プログラム
作成の新規リクエスト
○×
無償サポート ライセンス、ライセンス
プログラムおよび、その他の無償サポートを含む
○××
有償サポート
インシデント サポート時間制サポート
○○×
サポート対象の製品カテゴリ全製品ビジネス開発
製品のみ
全製品全製品

○対象 ×対象外 +企業向けの一部のみ対象

製品発売後のメインストリーム サポートでは、最低 5 年間のすべてのサポートが提供されます。次の延長サポートでは、最低 5 年間で仕様変更や新機能のリクエストは終了しますが、セキュリティ更新プログラムと有償/無償のサポートは提供されます。延長サポートが終了すると、すべてのサポートが終了します。サポート ライフサイクルの詳細はこちら(新しいウィンドウが開きます)

注意 ❷サポートが終了したソフトウェアを使い続けることは、たいへん危険です

危険がいっぱい

マイクロソフトでは、製品の発売以降に発見されたプログラムの不具合やセキュリティ上の問題点を修正するため、セキュリティ更新プログラムを提供しています。ウイルスなどの悪質なプログラムは、こうした問題点利用するため、コンピューターを安全にお使いいただくには、セキュリティ更新プログラムを定期的に適用することが重要です。マイクロソフトの延長サポートが終了すると、このセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなり、セキュリティ上、たいへん危険な状態になります。できる限りサポート期限に余裕のある、最新のソフトウェアを使うようにしてください。

サポート終了の製品を使用し続けることによるリスク

マルウェアへの感染、未知のウイルスによる被害

フィッシング詐欺、なりすましの被害

漏えいの危険性

最新であるほど構造的に堅牢で安全

  1. 脆弱性が悪用される可能性は旧バージョンの Office の方が高い傾向にあります。
    旧バージョンは何らかの影響を受ける脆弱性が 96%
  2. 最新バージョンは旧バージョンに比べ、脆弱性の影響度が低い傾向にあり、構造的に堅牢で安全です。
    「影響されない」最新バージョンは 44% に対し旧バージョンは 4%
注)

迅速かつ安全な移行には、Microsoft の移行支援「FastTrack センター」をご利用いただけます

FastTrack センターをご利用いただくと、 Office 365 の展開を成功に導くためのリソース、ツール、エキスパートの知見により、迅速かつ確実に移行または導入することが可能になります。

安心して移行できる

  1. 50 シート以上対象となるサービスをご購入の場合 FastTrack センターによる特典を利用した支援 (環境の調査、展開準備、有効化、導入促進支援) をご利用いただけます。メール、データ移行サービスには 150 シート以上のライセンスが必要です。
  2. FastTrack センター (FTC) は、お客様にマイクロソフトのクラウド製品を利用していただくための支援を行う専門チームです。今回の EOS にともない、FTC では対象製品である Exchange Online、SharePoint Online、Office 365 ProPlus、Project Online などの移行支援サービスを提供します。対象となるサービスについてはこちらのリンク(新しいウィンドウが開きます)をご確認ください。
  3. FTC は FastTrack エンジニア (FE) と FastTrack マネージャー (FM) により、適切なガイダンスやドキュメントの提供、ツールによりお客様が対象のサービスを利用できるように設定、対象のサービスに対する導入タスク支援をリモートにて行います。
  4. ガイダンスなどは FastTrack という既定のアプローチに基づき、Office 365 を迅速に最適な状態で利用いただけるように作成されています。

困ったときはこちらへ

個人のお客様はこちら

  • マイクロソフト Answer Desk
    0120-54-2244
  • 受付時間
    平日 9:00 ~ 18:00
    土、日 10:00 ~ 17:00

法人のお客様はこちら

  • マイクロソフト カスタマー インフォメーション センター0120-41-6755
  • 受付時間
    平日9:00 ~ 17:30
    ※土日祝、弊社指定休業日を除く
  • ※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。