ホーム > 今いる場所と時間をもっと有意義に

inside New Office | 新しい Office 徹底解明
  • [特別編] 新ロゴ誕生に秘めた想いとは?
  • [その 1] 今いる場所と時間をもっと有意義に[その 1] 今いる場所と時間をもっと有意義に
  • [その 2] 指先で使いこなそう[その 2] 指先で使いこなそう
  • [その 3] クラウドで使いこなそう[その 3] クラウドで使いこなそう

特別編新ロゴ誕生に秘めた想いとは?

なぜ私たちがロゴを変えてまで新しい Office をアピールしたかったのか。なぜ Office 2003、Office 2007、Office 2010 に続く新しい Office を Office 2013 と称することをやめたのか。それは、Office がこれまでにない最大の変革を遂げたというだけではありません。Office が提供する価値はバージョンごとに異なるものではなく、常に、何かを成し遂げようと願う人々を応援し、成果を導き出き、その過程も楽しいものに、そして、あらゆる制約から人々を自由にするものであることを、みなさまに約束するためです。詳細は、「本当の自由を手に入れよう」「ひらめきにタッチしよう」「クラウドで持ち歩こう」をお読みいただければ納得いただけるでしょう。その前に、私たちが新しいロゴに秘めた想いをご紹介します。

この新しいロゴは、未来への入り口、新たなチャンスに通じる扉を表現したものです。
いつものオフィスを飛び出し、いつでもあなたの行きたい場所に通じるこの扉をくぐり抜けてみてください。そうすれば、あなたが大切にしている空間、大切にしている時間の中で、あなたが選んだ自由なスタイルで、仕事や家族、仲間との交流を楽しむことができます。

そう、新しい Office はクラウドに対応しているため、あなたが必要とする作業を、好きな時間に、好きな場所で実行することができるのです。難しいことなど何もありません。なぜなら、あなたがする作業のすべては、驚くほどシンプルになったからです。

私たちが新しい Office で提供したいのは、「イマジネーション」と「インスピレーション」。これまで必要以上に時間や労力を費やしてきた作業や、制約の多い作業空間から解放することで、自由な発想やひらめきが生まれ、その先に実現したいことへのモチベーションがより一層高まり、やがて大きな実を結ぶと考えています。

TOP へ戻るTOP へ戻る

Windows 8 のロゴに似ているのはなぜ?

Windows 8 も新しい Office も、未来を切り拓くために画期的な進化を遂げて生まれ変わりました。こられのロゴに統一感を持たせることで、マイクロソフトが向かうとしている方向が 1 つであり、揺るぎないものであることを示しています。

Office 2013 ではない、まったく新しい Office

ロゴを変えるのであれば、ブランドを構成するもう 1 つの重要な要素であるネーミングも変えなければ意味がありません。検討に検討を重ねた結果、シンプルに「Office」と呼ぶことにしました。Office はもはや進化の途上にあるバージョンではなく、確固たる意志のもと、時代を超えて存在し続ける価値そのものなのです。ですから、これまでの Office 2007、Office 2010 とは違って、新しい Office をもう Office 2013 とは呼びません。

起動アイコンもファミリ揃って模様替え!

単にファミリの一体感を表現しただけでなく、各アプリケーションの根幹をなす設計思想は新しい Office のそれと同じ。どのアプリケーションひとつをとってもマイクロソフトの想いが貫かれているからこそ、あなたの毎日はかつてないほど自由になるはずです。

評価版を入手する評価版を入手する

Office 365 くわしい情報はこちらOffice 365 くわしい情報はこちら