ホーム > Office ライセンスのご案内 Office の買い方・選び方> 企業のお客様

Office ライセンスのご案内 Office の買い方・選び方 ビジネス利用のお客様

企業のお客様向けのライセンス形態は4種類あります。

Office 365

クラウド時代の最新の Office をご検討中の場合

Office 365おすすめは 「Office 365」

いま Officeを使用中で、そのバージョン アップを検討している場合、Office 365 がおすすめです。Office 365 は、最上位で最新版のクラウド時代に対応した Office アプリケーションである Office 365 ProPlus を含む、マイクロソフトのクラウド サービスです。

Office 365 では、クラウド ストレージにより、バックアップの手間を減らし、災害対策にも有効な特定のデバイスに依存しない環境を確保できます。

また、容量 50 GB のメール システムや、会議室の空き状況を確認しながらの容易なスケジュール管理。高品質なビデオ会議や、ファイル管理機能など高度なグループウェア利用など、利便性がより高まるプロダクティビィ機能を搭載しています。

Office 365 は、ユーザー単位での契約でユーザー一人に1ライセンス必要です。1 ライセンスで 15 のデバイスまでインストールすることができます。会社の Windows PC や Mac、自宅の PC やモバイルなど、必要なデバイスにインストールし、Office アプリケーションをご利用いただけます。

インストールはクラウドからのストリーム配信で、すばやく簡単に行えます。一度インストールを行うと月次でアップデートされるので、常に最新の機能がご利用可能です。また、旧バージョンの Office と共存し、互換性問題を最小化することができます。

支払いは、サブスクリプション形式 (毎月支払い発生するような購読型の形式) の契約となります。月額払い、年間一括払いなど費用負担の平準化が可能です。また、ユーザーの増減に応じた支払いなので、コストの最適化を図ることができます。

アプリケーション単体なら 「Office 365 ProPlus / Office 365 Business」

Office アプリケーション単体のみを検討している場合は、クラウド化に対応した Office 365 ProPlus / Office 365 Business がおすすめです。

提供する内容は、上記の Office 365 に含まれる Office 365 ProPlus と同じです。なお、Office 365 との違いは、メールやビデオ会議、ファイル共有など、プロダクティビティ サービスなどが含まれていないことです。これらを利用する場合は、Office 365 をご検討ください。

TOPへ戻るTOP へ戻る

Office ボリューム ライセンス

買い切りで特定バージョンの Office をご購入されたい場合

買い切り、つまり一度の購入で Office の購入を検討している場合、Office ボリューム ライセンスがおすすめです。 Office ライセンスは永続なので、購入したバージョンの Office を永続的に使用することができます。(※1)

提供されるアプリケーションは、最新版の Office アプリケーションである Office 365 ProPlus と同じですが、インストールやアップデート方法、ライセンス単位に違いがあります。ライセンスはデバイス単位の契約で、1 ユーザーにつき 2 デバイスまで利用できます。(※2)

クラウドからのストリーム配信でのインストールやインストール後の月次アップデート、また、旧バージョンの Office と共存などはサポートされていません。これらを利用する場合は、Office 365 か、Office 365 ProPlus をご検討ください。

※1 ただし、サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、セキュリティ リスクが高まるため、ご使用はお勧めしておりません。
※2 ただし、PC などデバイス 250 台以上を保有する企業様とのご契約 (EA/ESA) では、対象となる 1 つデバイスのみでの利用となります。

TOPへ戻るTOP へ戻る

プリインストール版(PIPC)

インストールの手間を省きすぐに Office の利用を検討中の場合

プリインストール版 (PIPC) は、PC にあらかじめ Office がインストールされている製品です。

使用の権利であるライセンスは、Office が搭載されている PC 1 台のみで、他の PC に移して利用することはできません。永続のライセンスなので、1 度購入するとずっと利用することができます (インストールされている PC の寿命に依存することになります) 。

インターネットに接続されていない PC でも Office の利用を開始することができます。また、旧バージョンの Office にダウングレードして使用することはできません。

※一部のマイクロソフトのサーバー製品 (Exchange SharePoint 等) との連携機能はサポートされていません。

TOPへ戻るTOP へ戻る

パッケージ版(FPP)

使用している PC に Office のインストールを検討中の場合

パッケージ版 (FPP) は、いま使用中の PC にインストールすることで Office が利用できる製品です。

家電量販店、マイクロソフト パートナーなどで販売されているパッケージ製品 (FPP) を購入し、インストールを行います。Office 使用の権利であるライセンスは、お客様が利用する PC やタブレット PC などの 2 つのデバイスで利用可能。永続のライセンスなので、1 度購入するとずっと利用することができます。

Office のインストールには、インターネット環境が必要です。インストールの手順に従い、ID (マイクロソフト アカウント) を取得することで、Office がご利用いただけます。また、旧バージョンの Office にダウングレードして使用することはできません。

※一部のマイクロソフトのサーバー製品 (Exchange SharePoint 等) との連携機能はサポートされていません。

TOPへ戻るTOP へ戻る

企業向けライセンス一覧

 サブスクリプション永続
 Office 365 ProPlus / Office 365 Business
(Office 単体)
Office 365 スイートボリュームライセンスPIPCFPP
対応エディションOffice 365 ProPlus / Office 365 BusinessOffice 365 Enterprise /
Office 365 Business
Office Professional
Plus / Office Standard
Office Personal /
Office Home and
Business /
Office Professional
Office Personal /
Office Home and
Business /
Office Professional
主な特長Office アプリケーション単体のみを検討している場合クラウド時代の最新の Office をご検討中の場合買い切りで特定バージョンの Office をご購入されたい場合Office がインストールされた PC を購入する場合利用中の PC にインストールする場合
フルセットの Office アプリケー
ションをインストールして使える
月次でアップデートされ常に
最新の機能を使える
クラウドからストリーム配信で
素早くインストール
Office オンデマンド
旧バージョンの Office と共存し、
互換性問題を最小化
ライセンスタイプサブスクリプションサブスクリプション永続*永続永続
ライセンス単位と利用可能数ユーザー単位
(1 ユーザー
15 デバイス -
5 PC / Mac, 5 タブレット, 5 スマートフォン)
ユーザー単位
(1 ユーザー
15 デバイス -
5 PC / Mac, 5 タブレット, 5 スマートフォン)
デバイス単位**
(2 デバイス)
ユーザー単位
(1 デバイス)
ユーザー単位
(2 デバイス)
一部のマイクロソフトサーバー製品 (Exchange、SharePoint等) との連携機能サポート***
メール、ビデオ会議、ファイル共有などのプロダクティビィサービスの利用

* 一部サブスクリプションへの対応も可能
** EA/ESA では Office が割り当てられたデバイスでの利用となり、2 台目の PC/Mac へのインストールは提供されません。
*** Office Standard と Office Professional Plus で違いがあります。

TOPへ戻るTOP へ戻る